「あれ?毛が濃くなってない?私・・・」毛深くなる危険なNG食べ物 とは

ムダ毛処理は、女性にとって大切です!
でも、手入れをしてもなかなか無くならないって人、いませんか?
それ・・・もしかしたら「食べ物」が原因かもしれません。

view5099

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • “ムダ毛が濃くなる”原因

  • ムダ毛が濃くなる原因として多いのが、ホルモンバランスの乱れです。女性ホルモンであるエストロゲンがムダ毛を薄くするのに対し、男性ホルモンであるテストステロンの分泌量が増えることで、ムダ毛が濃くなってしまうのです。驚くべきことに、このテストステロンは私達女性の体にも分泌されているのです
    出典 :ショック!知らない間に「毛深くなっちゃう」恐るべきNG食べ物 | 美レンジャー
     

    女性でも男性ホルモン、増えたりするんですね~勘弁して欲しいです・・・。

  • テストステロン(男性ホルモン)は、「男性専用」ホルモンではありません。

     

    女性におけるテストステロンの役割

    男性ほどでなくても、女性も骨格や筋肉は発達しますし、男性的な思考をしたり、性衝動に駆られることがあると思います。これらのメカニズムは複雑で一概に言えませんが、一因としてテストステロンが関係していると思われます。

    引用)http://www.daito-p.co.jp/reference/testosterone_of_female.htm

  • なるほど・・・確かにそうですよね~ある程度、筋肉がつかないと困りますし。でも・・・テストステロンって女性に必要なものなの?

  • テストステロンが減少するとどうなる?

     

    テストステロンが減少すると、

    ■内臓脂肪の増加(肥満)
    ■高血糖、高血圧の症状が現れ、心筋梗塞や脳卒中の原因となる
    ■更年期障害
    ■やる気の減退
    ■体調不良

    などを引き起こす原因となります。

    引用)http://zapkun.net/768.html

  • 減り過ぎるのも、問題なんですね~・・・やっぱり結局は女性ホルモンとの“バランス”が大切ってことです。

  • テストステロンを増やしてしまう「食べ物」たち

  • 牛肉、豚肉の赤身

     





    テストステロンを促進させるのが、動物性たんぱく質です。なかでも牛肉や豚肉の赤身には、豊富な動物性たんぱく質と亜鉛が含まれており、テストステロンの生成を促します。

    引用)http://www.biranger.jp/archives/83097

  • たんぱく質を充分取る

    ベジタリアンのような食事法では男性ホルモンの分泌を促進しません。食物繊維質が多くたんぱく質が不足した食事内容では、ホルモンの分泌を抑制するとすら言われています。大事なのは不必要な脂肪を取らずして赤身の肉を食べる事です。牛肉等の赤身肉は男性ホルモンの分泌を促進します。
    出典 :男性ホルモンを分泌させる方法
     

    モリモリ男性ホルモン出すために“大切”な赤身のお肉・・・女性はちょっと控えましょう!?

  • ブロッコリー、カリフラワー、キャベツ

     



    ”健康や美容によい”とされる野菜ですが、実はこれらの食材は体毛を薄くする働きのあるエストロゲン(女性ホルモン)を減らし、テストステロン生成へのマイナス要素を抑える働きがあります。

    引用)http://www.biranger.jp/archives/83097

  • 牡蠣

     


    テストステロンの生成・分泌に欠かせないのが亜鉛です。実は牡蠣に含まれる亜鉛の量は、あらゆる食材のなかでもトップクラス。

    引用)http://www.biranger.jp/archives/83097

  • 長ねぎ・ニンニク・ニラ

     

    長ねぎやニンニク、ニラに含まれるアリシンには、体内のテストステロンの働きを強める効果があります。

    引用)http://www.biranger.jp/archives/83097

  • とはいえ、普段の食事から抜いてしまうのは難しいですよね!
    結局は“バランス”ですので、
    きちんと考えた食事を心掛けましょう♪