突然激しい頭痛に襲われる!くも膜下出血予防方法            

 突然激しい頭痛に襲われる!怖いくも膜下出血予防方法を教えて!
                                                                           

view290

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • くも膜下出血とは?

  • どんな病気か

     

    脳は図のように外側から硬膜こうまく、くも膜、軟膜なんまくの3枚の膜でおおわれています。くも膜の下(内側)には脳脊髄液のうせきずいえきという液体がありますが、この部分に出血するのがくも膜下出血です。働き盛りの人に起こり、死亡率も高い病気です。

  • 簡単に説明すると脳内で血管が破れ血が出ることで、発症すると約半分の確率で死亡するといわれる恐ろしい病気です。
    出典 :くも膜下出血前兆紹介
  • 原因は?

  •  

    脳への血液は心臓から2本の内頚動脈、2本の椎骨動脈を通って供給されます。それら4本の動脈は脳の底部で分岐、合流します。脳動脈瘤はその血管が分岐するところに発生します。そこはちょうど脳脊髄液の流れる部分でもあるため、脳動脈瘤が破裂した場合に「脳脊髄液中への出血」=「くも膜下出血」となるのです。

  • 能動脈瘤とは

     

    血管と血管の分岐部にできたコブ(瘤)のようなものです。破れた瘤が破裂脳動脈瘤であり、破れていない瘤(破れる前にみつかったもの)が未破裂脳動脈瘤です(図1)

  • 前兆はあるの?

  • クモ膜下出血の症状

     

    ■代表的な症状:頭痛
    頭痛の程度はさまざまですが、多くの場合、今までに感じた事がないくらい激しい痛みを訴えます。この頭痛は破裂をした瞬間におこり、場合によっては突然死の 原因となることがあります。約半数の方が意識を失いますが、なかには意識を失わずに頭痛の症状だけを感じる場合もあります。
    ■まれにみる症状:首の後ろの痛み・瞼の違和感
    ときには首の後ろの痛みを訴え、首が曲げられないという症状で病院に来られる方もいます。

  • 突然くる激しい頭痛に要注意

     

    くも膜下出血の場合、発作を起こした患者さんの約半数の人が、なんらかの前ぶれ症状を経験しています。もっとも多い症状が激しい頭痛で、発作の1~3週間前に起こるという特徴があります。
    小さな出血が起こると、今までに経験したことのないような激しい頭痛が起こります。この出血は「警告出血」と呼ばれています。
    突然激しい頭痛が起こって、吐き気を伴うような場合には、急いで病院で診察を受けるようにしなければなりません。たとえ頭痛が治っても安心はできません。

  • なりやすいのは?

  • くも膜下出血になりやすいといわれる人は、高血圧や高脂血症、糖尿病、肥満といった生活習慣病のある人、喫煙習慣のある人だといわれます。さらにそのような人が動脈瘤を持っているとその発症の確率は高いといっていいでしょう。
    出典 :くも膜下出血前兆紹介
  • 予防方法は?

  • 食事で予防

     

    動脈硬化・高血圧は肥満や運動不足などによって起こることが多いものですが、食事の内容にも大きく左右されます。
    動脈硬化の原因となるコレステロールの摂り過ぎや高血圧のリスクを高める塩分の摂り過ぎというように、食事が発症に直接的な影響を及ぼしているのです。

  • とくに気をつけたいのが「塩分」です。塩分過多だと血圧を上げます。血圧が高いと脳の血管を傷める原因になります。
    塩分の量を減らすよう、1日10グラム以下に抑えることです。普段から「濃い味の食事は避ける」のが賢明です。
    出典 :あした元気になぁ~れ。:くも膜下出血 - livedoor Blog(ブログ)
  • たんぱく質も十分摂ることが大事です。たんぱく質は、血圧を下げて血管を強くする働きがあります。
    肉や魚、卵、乳製品、大豆製品を十分摂るようにします。野菜・海草・果物・小魚もたくさん食べましょう。カリウムやカルシウムが、ナトリウムを排出して血圧を下げてくれます。
     
    出典 :あした元気になぁ~れ。:くも膜下出血 - livedoor Blog(ブログ)
  • 食物繊維のおすすめ
    ・ごぼう・大根・大豆・タマネギ など
    いずれも気軽に食べられる野菜ばかりです。日ごろから汁物は、薄味にし、おかわりをしたくても、がまんする、心がけたい食事療法です。
    出典 :あした元気になぁ~れ。:くも膜下出血 - livedoor Blog(ブログ)
  • 運動でくも膜下出血を予防する!

     

    運動は毎日続けることで血圧の低下や血流改善に役立ち、高血圧や動脈硬化の予防・改善に効果的です。また、脳血管障害のみならず心筋梗塞や狭心症などの心臓疾患の予防も期待できるので健康を維持する為にも習慣化しておきたいところです。

  • 適度な運動も大事です。きついトレーニングは必要ありません。簡単なもので十分です。ウォーキングなど、またはお散歩でも良いでしょう。サイクリングなどで、ちょっと遠出してみるのも良いかもしれません。ストレスがたまらないことも、くも膜下出血予防になりますから、運動をして、上手に気分転換をしたいものです。
    出典 :くも膜下出血を予防しよう :民間療法、医者いらず。
  • 禁煙すればクモ膜下出血の発症が下がります

     

    脳卒中のクモ膜下出血に喫煙が関係しています。喫煙はクモ膜下出血のリスクを高めますが、逆に禁煙すれば危険性はかなり抑えることができます。
    調査すると、一日の本数が増えると発症が増える傾向にあります。一方、「吸わない」と「やめた」の発症はあまり差がありません。つまり、禁煙により発症が下がる疾患と言うことになります。

  • 禁煙補助薬という強い味方!

     

    禁煙するのが難しい理由は、喫煙には、より正確にはニコチンが脳細胞に作用するために依存性があるからです。ここに注目した新しい禁煙補助薬がチャンピックス錠です。脳神経に対してニコチンと似た作用が弱いながらがあるので、偽薬(プラシボ)と較べて明らかに禁煙成功率が高くなることが報告されています。これまで、禁煙に成功しなかった方も試してみましょう。