初乳は黄色っぽい☆ここに免疫がつく成分が含まれています!

初乳がなぜ大事といえば赤ちゃんを丈夫にする力が含まれていることと、初めに母乳を吸わせることで母乳がで易くなりママの子宮の収縮が促され元の体型に素早く戻す役割があるからです。母乳が出るようになるまでは痛いけれど良い事がいっぱいの初乳をぜひ飲ませてあげて!

view259

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 初乳(しょにゅう)って?

  • 分娩後数日間に分泌される乳汁。
    出典 :初乳 - Wikipedia
     

    だいたい出産から5日目頃までの母乳で色が濃いんですよ~

  • 初乳は黄色っぽくて濃厚です!日が経つにつれだんだんとミルク色に

     

    最初は母乳も少ししか出ませんがとっても大事な役目があるんです。
    でも(T~T;。)イターッ!!

  • 初乳には、赤ちゃんを病気から守ってくれる成分(免疫抗体やラクトフェリンなど)が多く含まれています。また、胎便(赤ちゃんの始めてのうんち)の排出を促す作用もあります。
    出典 :母乳育児のすすめ ~初乳を赤ちゃんに飲ませよう
     

    免疫がつくんですね☆

  • 免疫って胎盤を通して胎内でママからもらっているのでは?

  • 免疫グロブリンA(IgA)や免疫グロブリンM(IgM)は分子量が大きいため胎盤通過ができず、新生児は感染症に罹ると重症になりやすいといえます。IgAや好中球は初乳に多く含まれていますから、初乳を哺乳することで供給されます。
    出典 :新生児の免疫系 | 新生児の生理的特徴
     

    胎盤を通せなかった免疫が初乳には含まれているんですね!

  • 赤ちゃんが小さく生まれて保育器に入ったり、すぐ 初乳 を与えられないときなどでも、搾乳をして5ccでも10ccでも赤ちゃんに届けてあげてください。
    出典 :初乳とは [母乳育児・授乳] All About
     

    それだけの意味があるんですね!

  • 母乳って簡単には出ないと聞くけれど母乳を出やすくするには?

  • 妊娠中のお手入れと、産後すぐ吸わせることが初乳分泌の秘訣
    出典 :初乳とは [母乳育児・授乳] All About
  • 出産後直ぐにおっぱい!

     

    分娩後、直ぐに吸わせてくれる病院もあります☆

  • おっぱいを出すコツは、赤ちゃんが産まれたらできるだけ早くおっぱいを吸わせる、かつ何回も吸わせることが大切です。
    出典 :相談室・母乳育児・おっぱい・ミルク・赤ちゃん
     

    出ないからと諦めずに吸わせるとほとんどの人が数日で出て来るようです。

  • 乳首を丈夫にするためにブラジャーをはずして、直接シャツを着るなどしてください。
    出典 :相談室・母乳育児・おっぱい・ミルク・赤ちゃん
     

    締め付けない!ユラユラさせると分泌が促されるみたい☆

  • 母乳をあげるメリットはママにもあります!

  • ・ 赤ちゃんにおっぱいを吸ってもらうことで、子宮の収縮が促進される。
    ・ ママの産後の体のシェイプアップにつながる(母乳を飲ませていると太らない)。
    出典 :母乳育児のすすめ ~初乳を赤ちゃんに飲ませよう
     

    実際にお乳をあげると子宮がキューと痛くなって戻っていくのが分かるんですよ。痛いけれどそこを乗り切れば母体の戻りもいいんです!

  • みん~な繋がっているんですね。