野菜の皮は捨てないで!!美肌の元沢山詰まってる!!皮料理で綺麗になろう!!

野菜の皮には美肌も元が沢山詰まってるって知ってましたか???
気にな情報や美味しいレシピについてまとめてみました!!

view237

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 野菜の皮には美肌の元が沢山詰まっています!!

  • 野菜の3つの新常識とは???

  • 1)皮、種、ヘタこそ食べる!

  • 野菜は部分によって役割が違い、役割に合わせた栄養成分が凝縮されている。上記で説明した皮、種、ヘタ、根以外でも、日を浴びる葉っぱには紫外線から守る成分、土中の実の皮には土の雑菌から身を守る成分など、様々なフィトケミカルが含まれている。どれか1種類ではなく、色々な種類を食べることも大切なので日々野菜の切れ端を溜めてベジブロスでいただこう。
    出典 :野菜の皮や種を食べる! 美肌になれると話題の”ベジブロス”とは? | ニュースウォーカー
  • 2)アクは悪者ではない!

  • ごぼうのアクをとるために水にさらすなど、今までの常識ではアクは取り除くものだった。だが、実はこのアクこそ、抗酸化成分のフィトケミカル。むやみに捨てるのではなく、旨味に変化させる料理方法で上手に活用することで、野菜の栄養を無駄なく食べることができる。
    出典 :野菜の皮や種を食べる! 美肌になれると話題の”ベジブロス”とは? | ニュースウォーカー
  • 3)細胞壁を壊す!

  • 実はフィトケミカルは細胞壁にしっかり守られているので、ただ食べただけでは体内で吸収されずに、排出されてしまうことも多い。野菜ジュースなどですり潰す場合も、ミキサーの機能によっては、細胞壁がなかなか壊れないものもあるのだそう。その細胞壁をしっかり壊すことができるのが、煮込むという調理方法なのだ。フィトケミカルは熱に強い成分が多いので、ベジブロスは理想の調理方法といえる。
    出典 :野菜の皮や種を食べる! 美肌になれると話題の”ベジブロス”とは? | ニュースウォーカー
  • べジブロスとは??

  • シミ・シワの進行を防ぐ!毎日の料理に使える万能スープ!!

  • ベジブロスには「フィトケミカル」という栄養素が豊富に含まれている。フィトケミカルとは皮と身の間に多く含まれ、抗酸化作用によって、シミやシワなどの進行を防いでくれるアンチエイジング効果がある。よく耳にするベータカロチン、ポリフェノール、イソフラボンなどは、すべてフィトケミカルの仲間。普通の料理で体に取り入れてもなかなか消化しにくいが、煮出すことで吸収しやすくなるのだとか!

    料理は和洋中なんでも合うので、味噌汁の出汁代わりにしたり、カレーやパスタも水の代わりに使うことができる。

    「個人的にオススメなのはミネストローネ。ベジブロスを使うことでコクや深みが出ます。さらに、ベジブロスを使ったミネストローネをコップ一杯飲んだ1時間後に血液中の抗酸化物質をチェックする実験をしたところ、抗酸化物質量が25%もアップした女性がいました。わたし自身も、目に見える効果に驚きましたね」

    料理教室の生徒さんから「健康になってきた」というコメントをもらうことも多いそう。
    出典 :野菜の切れ端で美味しい! 美容にもいいと話題のスープ「ベジブロス」が知りたい - Woman type [ウーマンタイプ]
  • べジブロスのレシピとは????