女性ホルモンをあげるレシピ

女性の心と体は女性ホルモンによってコントロールされています。いつまでもきれいで若々しく、健康で魅力あふれる女性でいるためには、どうすればよいのでしょう?

view1429

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • そもそもホルモンとは何でしょうか?

  • ホルモンとは

  • 私達人間のからだは、たくさんのホルモンによってコントロールされています。ホルモンとは、血液中に分泌される化学物質のこと。血液がからだ中を循環することによって、全身に運ばれ指令を伝えています。
    ホルモンは主に、脳の視床下部や下垂体、甲状腺、副甲状腺、副腎、すい臓、卵巣などで作られ、分泌されます。人間の体の中では100種類以上のホルモンが分泌されているといわれています。それぞれのホルモンは血液によって運ばれ、新陳代謝を促したり調節をするなど、からだの状態を一定に保つ重要な役割を担っているのです。
    出典 :女性ホルモンとは
  • 女性ホルモンとは

  • 体内の多くのホルモンのなかで、女性に最も大きな影響を与えているのが、女性ホルモンです。女性ホルモンとは、卵巣から分泌される卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の2種類のホルモンのことをいいます。女性が女性らしい丸みをおびたやさしい体型をつくり、子宮や膣、乳房の発育や機能に影響します。もちろん妊娠や出産ができるのもこの2種類のホルモンのおかげです。



    エストロゲンとプレゲステロンは、思春期頃にさしかかると分泌がはじまります。この二つのホルモンは、年齢や月齢の周期で分泌される量が変化します。その分泌の変化で、女性の体をコントロールしています。ですのでこのホルモンの分泌が乱れてしまうと、女性のからだはもちろん、心にまで不調を引き起こしてしまいます。
    女性が美しく健康で過ごすためには、女性ホルモンの分泌がきちんと保たれていることが不可欠なのです。
    出典 :女性ホルモンとは
  • エストロゲンとプロゲステロンとは?

  • エストロゲンとプロゲステロンの働き

  • 卵胞ホルモン(エストロゲン)・・・女性らしさを作るホルモン。丸みをおびた女性らしい体型を作ります。エストロゲンにはコラーゲンの生成を助ける働きがあり、髪や肌のハリや潤いを保ってくれます。骨密度を保つ、記憶力の低下を防ぐ、代謝の促進、コレステロールを調節して動脈硬化を防ぐ、皮下脂肪の再生を防ぐ、感情を安定させるなど、女性のからだのあちこちに作用しています。女性の美しさ若々しさを保ち、健康をキープするために大切なホルモンです。



    黄体ホルモン(プレゲステロン)・・・妊娠に備えるためのホルモン。受精卵が子宮内膜に着床しやすいように、子宮内膜の状態を整える働きがあります。そのため体内の水分を保ったり、食欲を旺盛にします。プロゲステロンが多く分泌されている時期には、むくみやすくなったり、過食になったり、眠くなったりすることがあります。
    精神的に不安定になったり、イライラしたり、自己嫌悪に陥るのもこのホルモンの影響を受けていることも少なくありません。
    出典 :女性ホルモンとは
  • この女性ホルモンはどこから出るのでしょう。

  • 女性ホルモンはどこから出るの?

  • 女性ホルモンは卵巣で作られています。ですが卵巣が自ら判断して女性ホルモンを作っているわけではありません。卵巣に女性ホルモンを出すように指令を出しているのは、脳の視床下部というところです。視床下部は下垂体に指令を出します。すると下垂体は性腺刺激ホルモンを分泌します。この性腺刺激ホルモンは、黄体体化ホルモンと卵胞刺激ホルモンという二つのホルモンがあります。これらが卵巣に働きかけ、エストロゲンとプロゲステロンの二つの女性ホルモンを分泌させるのです。
    出典 :女性ホルモンはどこで作られるのか
  • 女性ホルモンを出す判断

  • 女性ホルモンの分泌を指令する視床下部は、どのように指令を下す判断をしているのでしょう。実はそのサインを出しているのは血液。脳は血液中のホルモン状況を読み取り、視床下部はその情報に基づいて命令をだしているのです。
    月経が終わるころには、血液の中のエストロゲンは少なくなっています。この情報は血液の循環で視床下部に伝わります。視床下部から下垂体、卵巣の順に情報が伝達され、卵巣がエストロゲンを作りはじめるのです。
    このホルモンのサイクルには、フィードバック機能があります。視床下部から一方的に分泌の命令を出すだけではなく、卵巣からも脳に情報が伝達され、ホルモンの調節をおこなっているのです。
    出典 :女性ホルモンはどこで作られるのか
  • では女性ホルモンを増やすためには何が必要なのでしょうか。

  • 女性ホルモンを増やす食生活

  • 女性ホルモンを増やすとしてイソフラボンが注目されています。

  • イソフラボンと女性ホルモン

  • 女性ホルモンは内科や婦人科で処方される「女性ホルモン剤」にのみ含まれています。病院に行き、女性ホルモン剤を処方してもらわなければ手に入れることはできません。これを食べれば女性ホルモンが増える、という食べ物やサプリメントはありません。
    そこで注目したいのは大豆イソフラボンです。大豆イソフラボンには、女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをする成分が含まれています。イソフラボンを摂取することで、月経前症候群の症状を緩和したり、骨粗鬆症を予防したり、乳がんなどの女性特有の病気を予防することができます。さらにイソフラボンには活性酵素を撃退する優れた抗酸化作用があり、体の老化の進行を防いでくれる作用があります。
    出典 :女性ホルモンを増やす食生活
  • ここでいくつかイソフラボンを含む女性ホルモンを増やすレシピを紹介します。

  • 簡単☆豆腐とアボカドチーズ焼きの和風味

  • イソフラボンを含む豆腐を使ったメニューです。

  • 女性に人気のアボカドも入っています。

  • 材料(4人分)
    木綿豆腐1丁
    アボカド1個
    わさび(チューブ)適量
    チーズ適量
    醤油適量
    出典 :簡単☆豆腐とアボカドチーズ焼きの和風味 by ごくもり [クックパッド] 簡単おいしいみんなのレシピが154万品

  • 木綿豆腐は水を切っておく。食べやすい大きさに切る。


    2



    アボカドは半分に切り種を取りスライスする。


    3



    耐熱皿に1と2を交互に並べて上にチーズをお好みの量をのせてオーブンで焼く。


    4



    仕上げにわさびをトッピングし、醤油をうえから掛ける。
    出典 :簡単☆豆腐とアボカドチーズ焼きの和風味 by ごくもり [クックパッド] 簡単おいしいみんなのレシピが154万品
  • ヘルシー☆セロリ&豆のダシダスープ

  • イソフラボンとともに食物繊維も摂取できます。


  • 材料 (3人分~)




    セロリ

    1本


    大根(又は蕪)

    5㎝位(1~2株)


    玉ねぎ

    1/2個


    豆の水煮

    100ℊ


    にんにく(すりおろし)

    小1




    600㏄~


    牛肉ダシダ

    大1~


    塩胡椒

    適量


    オリーブ油

    大1+大1
    出典 :ヘルシー☆セロリ&豆のダシダスープ by ミマト [クックパッド] 簡単おいしいみんなのレシピが154万品

  • 1



    セロリ(葉も使います)玉ねぎ、大根は薄くスライスに切ります。


    2


    鍋にオリーブ油をひいてセロリ以外の野菜とニンニクを炒める。豆と水を加えてダシダを入れて柔らかくなるまで煮る。


    3



    最後にセロリを入れて塩胡椒で味を調えてひと煮立ちしたら仕上げにオリーブ油をたらして完成です。


    4


    セロリの香り&お豆も入って栄養ばっちりしかもヘルシー♪
    胡椒多めが好きです。



    5



    こちらの牛肉ダシダを使ってます。お肉を入れなくても牛肉の深みのある旨みダシが出ます。
    出典 :ヘルシー☆セロリ&豆のダシダスープ by ミマト [クックパッド] 簡単おいしいみんなのレシピが154万品
  • ぜひ作ってみてください!