えっ!?寝不足って病気なの?睡眠不足症候群とは

ちゃんと睡眠をとってるのに、なんだかいつも寝不足…実は「睡眠不足症候群」にかかっているかもしれません。
単なる寝不足と思っていたら大間違い。生活に様々な悪影響を与える「睡眠不足症候群」とは一体どのような病気なのでしょう?

  • piyo 更新日:2014/02/13

view156

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • そもそも「睡眠不足症候群」って?

  • 睡眠不足症候群というのは、慢性的に睡眠が不足しているのに、
    そのことに本人が気づかず、およそ3か月以上も深刻な眠気に
    悩んでいる状態。
    出典 :睡眠不足に本人が気付かない! 睡眠不足症候群 [不眠・睡眠障害] All About
     

    慢性的な寝不足状態が「睡眠不足症候群」。3か月以上も続いているようなら立派な「病気」なのです。
    単なる寝不足で片づけてはいけません。

  • 睡眠不足症候群は3つのタイプに分けられる

     

    睡眠不足症候群にかかりやすい人は一般的に「多忙タイプ」、「夜更かしタイプ」、「ロングスリーパータイプ」の3つのタイプに分けられます。
    それぞれ、どんなタイプなのか見ていきましょう。

  • 「多忙タイプ」はこんな人

  • 主に受験生や働き盛りの社会人に見受けられます。このタイプの人の
    性格の特徴として、完璧主義や神経質といった側面が挙げられます。
    自分に任せられている仕事を仕上げるために連日連夜遅くまで仕事を
    続けていたり、夜を徹して睡眠時間を削って勉強しているなど、睡眠時間が
    短いことが習慣になっている場合が多いです。
    出典 :睡眠不足症候群を理解しよう!睡眠不足症候群のタイプ、症状、解消方法 | iGotit
     

    頑張る気持ちが裏目に出てしまうのがこのタイプ。もちろん、仕事でやむを得ず徹夜をしてしまう、
    ということはよくあることですが、それが慢性的なものとなってしまっている場合は赤信号。
    体を壊してしまっては元も子もありません!

  • 「夜更かしタイプ」はこんな人

  • 眠る時間があるのに、夜更かしをして眠ろうとしない人達です。
    このタイプの人は大体深夜までテレビやインターネット、ゲームなどを
    興じる人が多いです。目を酷使しますので、眼精疲労の症状も伴います。
    出典 :睡眠不足症候群の症状について
     

    ついつい面白くて没頭しちゃって、気が付いたら真夜中だった…なんて経験、ありませんか?
    最近ではオンラインゲームやスマホのゲームアプリなどに夢中になっている人をよく見かけますが、
    睡眠時間を削ってまで夢中になってしまうのは×。

  • 「ロングスリーパータイプ」はこんな人

  • ロングスリーパーの人は、睡眠時間を9時間、10時間と取らないと、
    満足な睡眠をとることができません。つまり、自分ではちゃんと
    7時間くらい寝ていると思っていても、ロングスリーパーの場合は、
    睡眠不足になってしまうのです。
    出典 :睡眠不足症候群の原因と、改善する方法は・・・ | 不眠症対策のファイナルアンサー
     

    上2つのタイプとは少し毛色が違い、このタイプの人は普通の人よりも長時間の睡眠を必要とする
    「体質」の持ち主です。
    平日はちゃんと寝ているのにいつも寝不足だけど、休日はいつもよりゆっくり睡眠時間を取れるから
    寝不足感を感じない、という方はもしかしたら「ロングスリーパー」かもしれません。

  • 睡眠不足症候群の症状について

     

    では、実際に睡眠不足症候群にかかるとどのような症状が現れるのでしょうか。
    ちょっと寝不足かな、なんて悠長なことは言っていられません。睡眠不足症候群によって重大な事故を引き起こしてしまうこともあるのです!

  • 日中の眠気だけではなく、随伴症状として、集中力の低下、注意散漫、
    活力の減退、いらいら感などが出現しやすいため、ケアレスミスや事故を
    引き起こす危険性が高くなります。
    出典 :過眠症ランド - 眠くなる病気 - 睡眠不足症候群
     

    確かに、寝不足だと頭がボーっとして集中できない、注意力が散漫になってしまうというのは
    覚えがありますよね。
    しかし、それが勉強や仕事に影響を及ぼすほどのものであれば、睡眠不足症候群を疑ったほうが
    いいかもしれません。

  • 食欲がなくなり胃腸に障害をきたしてしまうことも少なくありません。
    更にこの状態が長期間続くと、最悪の場合、うつ病を発症してしまう
    ケースもあるのです。
    出典 :睡眠不足症候群(原因・症状・治療など) | 睡眠を妨げる病気を知る【眠りの改善サイト- ぐっすりライフ-】
     

    寝不足からうつ病にかかりやすくなってしまうという研究結果があります。
    さらに、うつ病になってしまったことで寝不足になり、体調を崩すという悪循環に陥ってしまうのです。

  • 17時間の連続覚醒がアルコール血中濃度0.05%水準相当
    (酒気帯び運転の基準は0.03%〜)にまで認知機能を悪化させることを
    考えれば、睡眠不足が積み重なった状態で、認知機能が低下していることを
    自覚しないまま車を運転することは、高い危険性を孕んでいるといえる。
    出典 :睡眠障害と交通安全
     

    そう、最も恐ろしいのが睡眠不足状態での車の運転です。この資料では、自分が寝不足だと
    感じているほどに運転でのケアレスミスが増えるとの結果も出ています。
    事実、睡眠不足症候群や同じ睡眠障害の睡眠時無呼吸症候群による寝不足が原因と考えられる
    交通事故は少なくありません。

  • 睡眠時無呼吸症候群かも…でもどこに相談すればいいの?

  • 大学病院、総合病院などには、睡眠障害専門の外来を設けているところも
    あります。この他には、精神科、精神神経科、心療内科なども良いでしょう。
    出典 :睡眠障害は何科にかかるのか? : 睡眠不足を解消するには? 1から分かる快眠方法
     

    内科や耳鼻科などとは違い専門医が少なく、睡眠障害はどの科にかかればいいか分かり辛いのも、
    この病気の理解が進まない一つの原因かもしれません。
    睡眠不足の原因がストレスなどの精神的なものに起因している場合はメンタルクリニックや
    心療内科が良いとのこと。
    精神的なものか肉体的なものか、何に起因しているかわからない場合はかかりつけの医師に
    相談してみてください。

  • 寝不足はお肌の大敵、とはよく言いますが、寝不足は肌だけではなく身体や精神面にまで影響を与えます。
    また、パソコンやゲーム、スマホの普及によって睡眠不足症候群にかかる子供も増えてきているそうです。
    これからますます罹患する人が増えてきそうなこの病気。もはや現代病の一つと言えるでしょう。