覚えておきたい!?【服薬補助ゼリー】その使い方とは?

服薬補助にオブラートを使用している人も少なくはないですが
ゼリーもあるようです
その使い方とはどのようなものなのか
まとめてみました

view539

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 服薬補助ゼリーって?

  • 子どものために作られた服薬補助目的のゼリーが「おくすり飲めたね」です。もともとは、嚥下(えんげ)障害を持つ高齢者のために、嚥下補助ゼリーとして開発されたもので、寒天を主にして作られたゼリータイプのオブラートで薬を包むようにして使用します。医薬品に影響を与える成分や合成保存料・着色料は含まれていません。また、飲みやすくするために一般食品のゼリーとは違った特徴を持っています。
    出典 :知っておきたい、薬の正しい飲み方と服薬補助ゼリー [知っておきたい常備薬] All About
     

    一例ですが

  •  

    ゼリーの粒の大きさと固さが、のどをスムーズに通過し、詰まりにくくなるように作られています。「おくすり飲めたね」は持ち運びにも便利なスティックタイプと経済的なチアパックがありますが、いずれのタイプも、のどに詰まらない大きさと固さでゼリーが出せるよう、スティックの切り口やパック内のストローの穴の大きさなど、隠れた箇所に工夫が施されています。

  • 『お薬じょうず服用ゼリー りんご』は、お薬を飲むのを嫌がり、粉薬・錠剤・カプセルをじょうずに飲み込めないお子さま向けに、お薬をゼリーで包みこんで、飲みやすくするものです。
    出典 :服薬補助ゼリー『お薬じょうず服用ゼリー りんご』リニューアル発売|離乳食、粉ミルク、ベビーフードの和光堂
     

    便利ですよね

  • こんな人におすすめ

  • ●加齢により、嚥下に関係する筋肉群がおとろえ、ものを飲み
      込む力が低下。嚥下への注意力、集中力が散漫になる。

    ●嚥下筋の筋力の低下や咽頭の下降、脳血管障害(潜在的
      仮性球麻痺等)などにより、飲み込むことが困難。
    出典 :服薬支援 ゼリー状のオブラート ラクラク服用ゼリー
     

    子供じゃなくてもOK

  • ●子供が薬を飲むのをいやがる場合、むせたりせき込んだり
      誤嚥をまねくおそれもある。

    ●1度に数種類のカプセルを飲むのは困難。口の中でひろが
      る粉薬は苦手。医薬品の服用に不便を感じている。
    出典 :服薬支援 ゼリー状のオブラート ラクラク服用ゼリー
     

    今では沢山の種類が発売されています

  • 大人向けもあるという事

  • 嚥下補助ゼリーは「薬は簡単に飲める」と思っている大人の方にもおすすめです。錠剤やカプセル薬を、水を使わずに唾液だけで飲んでしまう方がいますが、実はうまく飲み下せずにのどに付着しているケースも多くあります。水と一緒に飲んだ場合でも、胃に落ちていかずにのどに付着することがありますが、そうなると薬物成分が溶けだして思わぬ副作用をもたらすこともあり得ます。下の写真にあるように、水とゼリーを使ってカプセル薬を飲み比べる実験では、水のほうが倍以上も時間がかかるという結果も出ています。
    出典 :知っておきたい、薬の正しい飲み方と服薬補助ゼリー [知っておきたい常備薬] All About
  • 使い方はこんな感じ

  • ゼリーをスプーンへ

     

    入れすぎないように注意してくださいね

  • 上に薬をのせる

     

    ゼリーの上にのるようにおくと良いかも

  • くすりの上にゼリーをのせる

     

    はみ出ないように注意してね

  • 出来上がり

     

    こんな感じになると思います
    これで服薬しましょう

  • ・本品は嚥下障害補助を目的としていますので、必要に応じ
      て水を補ってください。一般的に医薬品が体内で吸収され
      るためには、コップ1杯程度の水分が必要とされています。
    ・飲用される方の体質や体調により、お腹がゆるくなることが
      ありますので、飲みすぎにご注意ください。
    ・ゼリーの性質上、多少の水分が出てきます。開栓後、最初
      に出てくる水分は捨ててからご使用ください。
    出典 :服薬支援 ゼリー状のオブラート ラクラク服用ゼリー
     

    このあたりは注意してつかってくださいね~