『塗るボトックス』 とボトックス注射の違いとは?注目の美容成分アルジルリン!

塗るボトックスはボトックスじゃないらしい??正しくはアルジルリンという成分、副作用も少なくく、ボトックスが禁止のスペインや、米国での新トレンドとなっている美容成分らしい!!

view491

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 塗るボトックス、って聞いたことあります??

  • 塗るボトックスはボトックスじゃない??

     

    化粧品の宣伝広告や雑誌、コラムの美容特集で「塗るボトックス」という言葉を目にしたことはありませんか?シワの改善・予防効果がある治療「ボトックス注射」は有名なアンチエイジング治療の一つかと思いますが、「塗るボトックス」はこれと異なる成分です。

  • そもそもボトックスって??

  • ボトックスとは?

     

    ボトックスとは、ボツリヌス毒素という非常に毒性の強い毒素から抽出される成分のことを言います。
    毒素!?と心配になってしまう人もいると思いますが、人体に使われる時は完全に無毒化されたボツリヌス毒素から作られているもの。

    この成分、筋肉の動きを抑制させるという効果があるんです。その効果を利用して、顔のシワなどの、表情筋によっておこってしまうものに注射することでシワを目立たなくさせる効果があるとして美容医療でも利用されるようになり注目を集めています。

  • スペインでは禁止されていたボトックス。

     



    代わりに登場したのが「塗るボトックス」です。

  • 代わりに誕生した「塗るボトックス」

  • 塗るボトックスとは、元々は美容先進国スペインで「ボトックス注射」が禁止されていたことから代用できる成分として開発された「アルジルリン」という美容成分のことです。
    出典 :美容先進国スペイン発、「塗るボトックス」とは!? - ネタりか
  • しかし「塗るボトックス」・アルジルリンにはボトックスのような即効性はなく、継続的に使い続けることでその効果を発揮する成分なのです。アルジルリンの効果を感じる期間は人によって異なりますが、平均して30日前後。そのため、日常的にスキンケアとして「塗るボトックス」・アルジルリンを取り入れることが、この美容成分の効果を有効に活用する最適な方法だと言えるでしょう。

    また、現在では他のエイジングケア成分と一緒にアルジルリンが配合された美容液や保湿クリーム・ジェルなどのアンチエイジング化粧品が多く販売されています。シワのない美しい美肌を未来に残したい方はぜひ、「塗るボトックス」・アルジルリンという美容成分が含まれた製品を選んでみてはいかがでしょうか
    出典 :美容先進国スペイン発、「塗るボトックス」とは!? - ネタりか
  • みんなの声♪

  • アルジルリン、化粧品に原材料として記載される際の正式名称アセチルヘキサペプチド-3(ないしは8)は、シワを改善する植物由来の合成ペプチドです。
    筋肉を収縮させる伝達物質の働きを抑える上、ボトックス注射による「表情がなくなる」といった副作用もありません。 #美容
  • 化粧水が切れたのでメイキング。混ぜるだけ!楽チン♪お手製なので色々入れます。グリセリンと尿素の美容液をベースに高濃度プラセンタ&アルジルリン&アスタキサンチン&DMAE入り。お肌ー!ぷるぷるになれー! http://t.co/4KpuErBEAG
  • 米国でアルジルリンを検索すると、アルジレリンについての効果説明ページがかなりだだだーっと表示されます。今話題のCOQ10の人気もすごいものですが、アルジルリンの評判もかなり高いようです。さすがアンチエイジング化粧品対策に非常に力を入れている国だけあってそれはそれは大変なものです。
  • 塗るボトックス「アルジルリン」の商品いろいろ

  • <まとめ>ぬりぬーりー

     



    ボトックス、注射は怖いけど 日々のスキンケアで少量ずつのアルジルリンなら、気軽に挑戦できそうですね!!

    筆者も使ってみたいかも。。。!!!