美白化粧品は正しく使おう♡白斑にならないようにご注意を♪

美白化粧品の美白成分で「白斑」が発症すると
いった問題がありましたよね・・・
美白化粧品は本当に安全なのか正しい情報を
ご紹介したいと思います。

view300

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 美白化粧品は本当に大丈夫なのか

  •  

    美白化粧品は、紫外線や加齢などで肌にできるシミやくすみを予防したり、改善したりする成分が入った化粧品。肌の色を構成しているのは、皮膚の中にあるメラニン。メラニンはシミやくすみの原因になり、生成が少ないと色白の肌になる。このため、美白成分の多くはメラニンの生成を抑制する作用がある。

  • 今回白斑症状の原因になったといわれているのは、カネボウ化粧品が独自開発し、
    「メラニン生成を抑え、しみ、そばかすを防ぐ効果を有する」医薬部外品有効成分として厚生労働省から認可
    を得た「“ロドデノール” 4-(4-ヒドロキシフェニル)-2-ブタノール」という成分。
    ロドデノールはメラニンを生成するときに最も重要な役割を果たすチロシナーゼという酵素の働き
    を抑制・阻害することで、メラニン生成を抑制するのに高い効果を示すとされていました。
    出典 :あの「白斑」問題から学ぶ、美白化粧品との正しいつき合い方| Life & Beauty Report(LBR)
  • 白斑の症状とはどのようなものなのか

  • 半数の方はかゆみや赤みが出ていますが、半数の方はかゆみや赤みがなく白斑になっています。
    化粧品の使用を続けると、これら白斑や炎症症状は少しずつ悪くなっていく方もいらっしゃるようです。

    また、一部はロドデノール含有化粧品を使用後に痒みや赤みなどの
    かぶれの症状だけで白斑にならない場合や、痒みや赤みが出たあと、
    白斑にならずに色が黒くなった方もいらっしゃいます。
    出典 :あの「白斑」問題から学ぶ、美白化粧品との正しいつき合い方| Life & Beauty Report(LBR)
  • 白斑になったら対処する事

  • ステロイド外用薬やタクロリムス軟膏、皮膚科光線療法が有効的とされていますが、
    それぞれ使用するタイミングなどの見極めが必要ですから皮膚科専門医相談しながら治療を受けましょう。
    美白化粧品が危険というお話ではありません。肌に少しでも異常を感じたら、
    白くなりたいからと無理に使い続けないで様子を見る、皮膚科に相談するという
    基本的なことを大事にしながら、美白ケアしていきましょう。
    出典 :あの「白斑」問題から学ぶ、美白化粧品との正しいつき合い方| Life & Beauty Report(LBR)
  • 症状が出た人では、使用開始後2か月から3年で、まず皮膚の色が薄くなり、進行すると、
    まだらに白斑が表れています。顔や首、手、腕などが出やすい部位です。使用を中止すると
    自然に回復する例が多くみられ、中止後6か月以上の人の58%で回復傾向がみられたとしています。
    治療は、免疫反応による炎症を抑える塗り薬や、汎発型で広範囲に症状が表れている場合には、
    ナローバンドUVBという紫外線療法が行われることがあります。
    出典 :白斑…美白化粧品の成分が原因に?
  • 結果美肌化粧品は使わない方が良いの?

  • 必ずしも悪いわけではないのだとか。キチンと有効な成分を使わなければ効果がないとも言える。
    でも、安全とは言い切れないのが確かなとこなんだって。
    個人個人、肌に合う合わないがあり、飲み薬だと飲み合わせとかがあり、医師の診断のもので、
    薬を飲むようになってきたけど。化粧品は個人まかせ、自己判断で組み合わせて
    使っている場合がほとんど(わたし自身もそう)
    出典 :【美白化粧品は安全か?】カネボウの件でNHKあさイチが紹介してしました。
  •  

    カネボウ化粧品にかかわらず美白化粧品への不安を、
    今回の一見で、正直感じるようにもなり、食べものや
    飲みものや生活やいろいろ考えてみるのも1つだね。

  • 正しい使い方をすれば問題ない

  • 紫外線の影響で成分が変化することがあるそうです。
    これはわたしもそう思います。わたしが使っていた美白化粧品は
    日中の使用はNGの成分があったので、不安で夜しか使ってこなかった。
    強い成分と意識してつかってたから、できるだけ部分使いにしてた。
    出典 :【美白化粧品は安全か?】カネボウの件でNHKあさイチが紹介してしました。
  • 化粧品を酸化させない

    フタを開けっ放しにしたり、直射日光にあたった管理は、化粧品の成分が変わる。
    保管の方法や使用量を守ることが大事。
    あと個人的に思うのは、使用期限、開封後どれくらいなのか、
    しっかり覚えておかないと。過ぎてるこもがけっこうあります。

    出典 :【美白化粧品は安全か?】カネボウの件でNHKあさイチが紹介してしました。
  • 自分の肌を注意深く観察すること

    おかしいなと思ったら、すぐ使うのを中止する。
    これが一番大事だね。
    出典 :【美白化粧品は安全か?】カネボウの件でNHKあさイチが紹介してしました。
     

    どの化粧品にも言える事ですね♪

  • ただ、化粧品や医薬部外品の中には医薬品と同じような
    高い効果・効能を持つ成分が含まれているものもある。
    出典 :「美白」化粧品…使い続けて大丈夫? 白斑はトラブル品だけ (4/4ページ) - SankeiBiz(サンケイビズ)
     

    この辺はチェックしておきたいですね♪