早めに知っておくべき!?”白内障”まとめ

あなたもいつかかるか分からない目の病気”白内障”についてまとめてみました。

  • ATGC 更新日:2013/08/29

view335

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 白内障とは?

  • どんな病気?

     

    基本的な情報について。

  • 白内障(はくないしょう、英: cataract)は、目の疾患の一つ。

    水晶体が灰白色や茶褐色ににごり、物がかすんだりぼやけて見えたりするようになる。以前は「白底翳」(しろそこひ)と呼ばれていた。
    出典 :白内障 - Wikipedia
  • 目の中のレンズが濁ることにより、視力が低下して以下のような症状がでます。

    霞んで見える。
    明るいところへ出ると眩しく見にくい。
    どんなに調整しても眼鏡があわない。
    ぼやけて二重・三重に見える。
    (*濁りの程度や性状により、症状には個人差があります )

    白内障だけでは痛みや異物感・充血などがでることはありません。
    出典 :白内障とは?【白内障と眼内レンズ手術】白内障の症状・原因・予防・治療・手術・費用
     

    白内障の症状について。

  • 水晶体を構成する蛋白質であるクリスタリンが会合することで変性し、黄白色または白色に濁ることにより発症するが、根本的な原因は解明されておらず、水晶体の細胞同士の接着力が弱まったり、水分の通りが悪くなったりして起こるのではないかといわれている。
    出典 :白内障 - Wikipedia
     

    白内障の原因について。

  • 発症は45歳以上の中年に多く、年齢を重ねるにつれて割合が増加する。また、80歳以上の高齢者はほとんどが何らかの形で白内障の症状を引き起こしているといわれるが、進行の速さには個人差があり、目が見えづらくなるといった症状に至るとは限らない。このため、水晶体の白濁そのものは、病気ではなく、皮膚のシミや皺などと同じく老化の一環であるという考え方もある。
    出典 :白内障 - Wikipedia
     

    白内障の原因について。

  • 先天性
    代謝性:糖尿病、ガラクトース血症
    胎内感染:風疹、トキソプラズマ、サイトメガロウイルス
    外傷性、電撃外傷
    硝子体手術後、SF6等ガス挿入後、有水晶体眼内レンズ挿入眼
    有害光線(紫外線や赤外線[要出典]、日焼けマシン(人工日焼け)によるもの
    原爆やレントゲンなどによる放射線被曝
    眼内炎やぶどう膜炎などの炎症、網膜剥離など目の病気の合併症
    薬物性:ステロイド、クロルプロマジン、塩酸ピロカルピン(縮瞳薬)
    アトピー性皮膚炎の合併症
    全身性疾患:ダウン症候群、Alport症候群、Werner症候群、筋緊張性ジストロフィー
    栄養不足:蛋白質などの栄養素の不足
    出典 :白内障 - Wikipedia
     

    白内障の老化以外の原因について。

  • 白内障への対処

  • 白内障になってしまったら?

     

    どのようにしたらいいのでしょうか。

  • ごく初期の白内障は点眼薬で進行を遅らせることができる場合もありますが、濁った水晶体をもとに戻すことはできません。進行した白内障に対しては、濁った水晶体を手術で取り除き、眼内レンズを挿入する方法が一般的に行われます。
    出典 :日本眼科学会:目の病気 白内障
     

    白内障の治療について。

  • いったん白内障が進行して水晶体が混濁すると薬などで元の透明性を回復することはできません。
    したがって、白内障が進行した場合は手術以外に視力を回復する手段はありません。

    白内障が軽度で、あまり視力に影響のない場合は点眼薬や内服薬による進行予防をおこないます。
    現在までに開発された「抗白内障薬」では完全に進行を阻止することは不可能で、進行を遅らせるといった効果しか期待できません。しかしながら、(女性が肌のお手入れをするのと同じように)若々しさを保つためには「何もしない」よりは「点眼薬を続ける」などの努力で少しでも進行を遅らせることはできるはずです。医師からお薬を処方された場合は続けるようにしてください。

    白内障の治療に関しては素人の自己判断は危険です。白内障が進行すると、緑内障やブドウ膜炎などの他の恐ろしい疾患を併発してくることもあります。定期的に専門医の診察を受けて適切なアドバイスを受けるようにしてください。
    出典 :白内障とは?【白内障と眼内レンズ手術】白内障の症状・原因・予防・治療・手術・費用
     

    白内障の治療方法について。

  • 白内障手術は水晶体の濁りを取り除き、人工の水晶体(眼内レンズ)を移植する手術を行います。
    網膜や視神経、角膜などの他の部分に問題がなければ、視力低下の回復が期待できます。
    出典 :白内障とは?【白内障と眼内レンズ手術】白内障の症状・原因・予防・治療・手術・費用
  • 近年、超音波水晶体乳化吸引装置と折りたたみ眼内レンズによる創口が3mm以下の小切開手術の登場により、従来の方法に比べて格段に回復が早くなりました。手術は局所麻酔で、通常の場合は手術時間は10~15分程度です。
    出典 :白内障とは?【白内障と眼内レンズ手術】白内障の症状・原因・予防・治療・手術・費用
  • 手術は局所麻酔で顕微鏡を使って行われますが、顕微鏡の光の眩しさと緊張感が相まって血圧が少し上がる方がほとんどです。手術では痛みに応じた適切な局所麻酔の方法が選択されますので、手術中の痛みはほとんどありません。最近の手術は約3mmの創(きず)から超音波で振動する吸引管を挿入し、灌流しながら水晶体を吸い出し(超音波水晶体摘出術)、残した薄い膜(水晶体嚢)の中に眼内レンズを挿入する方法が主に行われていますが(図2、3)、進行した白内障は手術が難しくほかの手術方法が選択される場合もあります。
    出典 :日本眼科学会:目の病気 白内障
     

    白内障の手術について。

  • 関連リンク

  • より詳しく知りたい方はこちら