粉ふき肌は困っちゃう。。潤いのある肌になる秘訣!

乾燥する季節。。化粧をしようとしたら粉をふいて大変なんてことありますよね。
どうして粉ふき肌になるのでしょうか?
その原因と潤いのある肌になる方法をご紹介します。

view354

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 粉ふき肌って?

  • 鼻の周りや口の周りの皮膚が細かく剥けて、フケが出ているようになっている人のことを「顔の粉拭き」状態をいいます。
    出典 :顔の粉吹き対策をして改善しよう!
     

    せっかくメイクしても粉がふいちゃうとどうしようもないのですよね。。

  •  




    こんな感じですよね~。。。

  • 粉がふいちゃう原因とは

  • 顔の粉拭きの原因は、何といっても乾燥です。

    肌が乾燥することによって、角質が溜まっても上手に剥れなくなっているのです。


    加齢によって肌の保湿成分が減少したり、無理なダイエットによって栄養不足になったりすると、乾燥肌になることがあります。

    ストレスが大敵なのも、間違いありません。最近の洗顔料は、洗浄力が強いものが多いです。
    出典 :顔の粉吹き対策をして改善しよう!
     

    自分の肌を乾燥肌にしてしまってはどうしようもありません。

  • 皮脂膜が重要!

  • 健康なお肌は、皮脂膜というバリアが正常に働き、乾燥した空気などから肌を守ってくれています。



    しかし、なんらかの原因でこの皮脂膜の働きが低下してしまうと、角質層の水分量が低下して乾燥肌になってしまいます。
    出典 :乾燥肌を治す方法
     

    皮脂膜の働き!!重要です。。

  •  



    肌の一番外側で守ってくれているのですね~

  • 皮脂膜は天然のクリーム

  • 皮脂膜 = 汗(水分) + 皮脂(油分)

    皮脂腺から皮脂  汗腺から汗 を分泌し
    それが皮膚表面で混じり合い 皮脂膜となります。

    この皮脂膜は
    皮膚にうるおいと滑らかさを与える事と
    皮膚の水分の蒸発を防ぎ、外界からの
    有害物質の侵入を防ぐ働きがあります。

    天然のクリームという事になりますね。
    出典 :美肌ゴールデンルール…本来の力を取り戻すスキンケア|ベビーマッサージ教室福岡♡「手あて」で家族をしあわせに。
     

    皮脂膜すごーい!!!

  • 過剰に肌に何かつけてしまうと・・・・

  • 過剰にオイルやクリームを
    つけることで、
    「油分は充分足りているんだ」と肌は勘違いし

    身体から出る皮脂を抑えてしまうのです。
     

    皮脂が抑えられると、本来の皮脂膜が
    なくなり、なおさら 乾燥が進んでしまいます。
    出典 :美肌ゴールデンルール…本来の力を取り戻すスキンケア|ベビーマッサージ教室福岡♡「手あて」で家族をしあわせに。
     

    肌自体が勘違いしないように気をつけなければなりません!!

  •  

    たくさんありすぎても・・・?

  • その逆も???

  • 油分が多いからと、とりすぎると、
    今度は「油分が足りてない」と思い
    皮脂をますます分泌するようになります。

    出典 :美肌ゴールデンルール…本来の力を取り戻すスキンケア|ベビーマッサージ教室福岡♡「手あて」で家族をしあわせに。
     

    肌と会話ができればいいのに・・・・

  • 自分の肌質を知る方法

  • まずは、いつも通り洗顔をします。
    そして洗顔後、化粧水などをなにもつけずに10分間放置して下さい。
    そして肌がつっぱってくる人、つっぱってこない人に分かれてもらいます。

    自分の肌の状態をチェックしてみて下さい。
    まず肌がつっぱった人の中で、部分的にテカっている人は混合肌です。
    乾燥肌と油性肌が混在しているタイプですね。
    また皮脂によるテカりがほとんどない人は乾燥肌になります。
    水分量・皮脂の分泌量が少なめな人です。
    次に肌がつっぱらなかった人で、全体的にテカリが出た人は油性肌。
    皮脂の分泌が多いタイプです。
    それほどテカらない人は普通肌で、水分量・皮脂の分泌量ともに理想的です。
    出典 :自分の肌質を知る。
     

    あなたは何肌ですか?

  •  



    肌質を知ればケアする方法もわかってきます

  • 潤い肌は貯水肌!

  • 「洗顔、化粧水、乳液の基本3ステップが、貯水肌を育むカギ。でも意外に勘違いケアをしている方が多いようです。
    洗顔はたっぷりの泡でなでるように汚れを落とし、すすぎは必ず人肌くらいの温度で。
    タオルはゴシゴシこすらず、そっと押し当てるように水分をふきとります。
    化粧水はコットンが透けるくらいたっぷり使って、足りなければ重ねづけが鉄則。
    乳液は目のキワなど、肌のすみずみまできちんとつけて」
    出典 :うるおい肌お手入れ方法 -@cosme(アットコスメ)
     

    貯水肌が粉ふきを撃退してくれる!!

  •  

    保湿よりももっと上!!
    貯水することを目標にしてみましょう!