アナタは大丈夫?女性なら知っておきたい『子宮の病気』とは?

『子宮の病気』について詳しく考えた事がありますか?女性なら知っておきたいコワイ子宮の病気・その予防方法とは?!

view502

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 女性なら知っておきたい子宮の病気とは?

  • ■女性なら必ず知っておきたい事

     

    女性なら必ず知っておきたい事ですよね。
    子宮の病気とその種類とは?

  • 月経やおりものの異常、不正出血、腰痛など、日頃、悩まされているさまざまな症状。じつは、こうした症状が子宮の病気のせいだったという場合も少なくありません。
    出典 :【こんな症状ありませんか?】 花王 ロリエ
     

    自分は大丈夫かどうか?心配になりますね。

  • 子宮の病気があっても自覚症状がない場合もあります。
    出典 :【こんな症状ありませんか?】 花王 ロリエ
     

    自覚症状が無いとなかなか病院などには行かないですよね・・・。怖いですね。

  • 子宮が痛い。
    なぜだろー。
    でも、まーくんが
    カップラーメンと
    おにぎり買って
    きてくれるってー♪
     

    子宮に痛みがある時は、遠慮せずに病院で見て貰う事が大事です。

  • 子宮のガンかもね私...。゚(゚´Д`゚)゚。
    あーぁ。月曜日病院だ...
     

    女性であれば異変を感じたら『ひとごと』では無いので、病院にいきましょう。

  • 子宮筋腫は30歳代の4人に1人はみられる病気で、稀に悪性のがんに進行する場合もあるので、年に一回は婦人科で検診を受けることが大切である。
     

    年に一回は婦人科で健診を受ける事は大切な事ですね。

  • 以外に『子宮』に悩みを感じている方や『違和感』を感じている女性の方はとても多いですね。
    年一回の『婦人科』の検診を受ける事をオススメします。

  • 最も多くの発症が上げられる子宮の病気とは?

  • 1【子宮がん】
    子宮や子宮のまわりの臓器を摘出しなければならなくなることがあります。たとえ妊娠や出産を望まない女性であっても、後遺症が残り仕事や生活に影響するなど失うものは多大です。また、がんがもっと進行した場合、生命そのものに対して重大な影響を及ぼすおそれがあります。
    出典 :しきゅうのお知らせ 子宮頸がん基礎知識|子宮頸がんとは? -allwomen.jp 子宮頸がん情報サイト-
     

    女性で一番発症率が多くみられるのは『子宮がん』でした。

  • 2【子宮筋腫:しきゅうきんしゅ】
    婦人科の病気のなかでももっとも一般的な疾患の1つです。35歳以上の女性の15~30%に子宮筋腫があるといわれています。子宮は、大部分が平滑筋(へいかつきん)という筋肉でできていますが、その筋肉から発生したおでき(腫瘍(しゅよう))のうち、良性のものを筋腫(きんしゅ)といいます。悪性のものは肉腫(にくしゅ)(がんとはの「悪性腫瘍のいろいろ」の肉腫)といって、筋腫とは区別しています。
    出典 :子宮筋腫 とは - コトバンク
     

    良性と悪性があるんですね・・・。

  • 3【子宮内膜症:しきゅうないまくしょう】
    子宮内膜症は、本来は子宮の内側にしか存在しないはずの子宮内膜が、子宮以外の場所(卵巣、腹膜など)で増殖、剥離(はくり)を繰り返す病気です。
    出典 :子宮内膜症ってどんな病気?|子宮内膜症
     

    怖い病気ですね。

  • 『子宮がん』『子宮筋腫』『子宮内膜症』の3つが割と多くの発症率があるみたいですね。

  • 子宮の病気の予防方法とは?

  • ■子宮筋腫の予防には『ザクロ』が良い

     

    子宮筋腫の予防には『食事の1つ』として
    『ザクロ』が良いとされているみたいですね!

    普段はあまり口にしない方が多いと思いますが、
    食べてみましょう。

  • ■子宮がんの予防には『避妊用具』が大事!

     

    子宮がんを予防するには、性行為の際に
    しっかりと『避妊用具の使用』が大切になります。

    子宮がんにかかってしまってからでは、
    遅いのでしっかり『避妊用具』の使用を心がけましょう。

    ・その他には、免疫力を高める事も予防方法の1つです。

  • ■子宮内膜症には『バランス』の摂れた食事が大切!

     

    子宮内膜症の予防には
    『バランスの良い食事』を取る事が
    とても大切という事がわかっています。

    そして『十分な睡眠』と『適度な運動』も
    予防方法の1つなので、普段の生活習慣が
    予防にも繋がると考えられています!

  • ■予防方法としては『難しいモノ』ではありません。
    これらの『子宮のコワイ病気』を防ぐためにも、『自分のカラダ』を守るためにも
    しっかりと普段出来る事から『予防』をしていく事が大切です。