エラ張りって解消して小顔になろう!

鏡を覗きこむ度に気になる顔のエラ張り、綺麗に解消して小顔になる方法教えます!

view907

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • あなたのエラ張り診断

  • まずは、本当にエラ張りなのかをチェックしましょう。

  •  

    1)まず、背筋を伸ばした状態で、鏡の正面に立ちます。(座ります。)

    2)(最初に)「人差し指」を垂直に立ててみます。

    3)それを、「エラの角」に当ててみましょう。
    これが本来のエラの大きさです。
    そうすると、その位置がエラの骨の幅と開きを示してくれます。

    4)「エラの角」は、そうとう開いた状態の人以外は、正面から見えないのです。

    5)正面から、エラ張りに見えている人差し指の外側に見える「エラ」のように見えるのは、実は「顔肉」なのです。
    出典:http://www.mukumino.com/counseling/3era.htm

  • 横からチェック

  •  

    1)エラの骨の大きさは、耳たぶの下から、エラの角までどのくらいあるかで調べます。

    2)通常、理想的な大きさは、耳たぶから下に1センチくらいまでですから、エラの角までがどのくらいかを調べてみましょう。

    3)その長さが長いと実際にエラ肉があっても無くても、エラ張りが大きく見えるのです。
    出典:http://www.mukumino.com/counseling/3era.htm

  • 「本当のエラの骨」から外側の部分が「顔肉」であることが判明した場合、
    顔肉は、「むくみ」、「顔脂肪」そして「たるみ」の3つで、できている
    出典 :エラ張り・顎の確かめ方:小顔カウンセリング
     

    顔肉の場合、エラ張り対策を行っても効果が薄いです。きちんと自分の状態を確認しましょう。

  • エラ張り解消マニュアル

  • 小顔やエラが気になる人は顎下(首の前側)の筋肉が弱くなっていることが多いです。
    この筋肉は口を開ける動作や顎を引く時に使いますが、この反対の動きである噛む動きや顎を上げる動きを常に行っていることによって、首の前側の筋肉が弱ってしまいます。

    ●噛み癖や歯ぎしりなど、知らず知らずのうちに歯を食いしばって緊張しているような状態

    ●猫背

    ●ストレートネックのような姿勢

    これらが続くことによって、顎下の筋肉が使われずに弱ってしまうので、エラのラインの引っ張りが無くなり、エラが張って見えるようになってしまうのです。
    出典 :エラ女子さんに試してほしい!1日たった30秒のエラ解消トレーニング| Life & Beauty Report(LBR)
     

    エラの多くは、筋肉をほぐしたり、鍛えたりすることによって解消できることが多いのです。

  • 顎下を鍛えるトレーニング

  • 仰向けに寝て、顎を引いて頭を2~3センチ浮かせ、この状態を20~30秒キープする
    出典 :エラ張り・顎の確かめ方:小顔カウンセリング
     

    これなら、ちょっとした時間にできますよね。

  • “必ず顎を引いてから行うこと”です。顎の引きが弱く首が反った状態で頭を上げると首を傷める可能性があるので注意しましょう。また、この運動と共に、普段から顎を引いた良い姿勢を意識する事がとても重要です。
    出典 :エラ女子さんに試してほしい!1日たった30秒のエラ解消トレーニング| Life & Beauty Report(LBR)
     

    姿勢を整えて行いましょう。

  • エラ張り解消マッサージ

  • マッサージを始める前に、あごから首筋のストレッチを行います。鎖骨の辺りを両手で軽く押さえ、あごを天井に向け突き出す。約5秒キープ。この状態で舌を出して更に5秒キープすれば、より効果的で
    出典 :手軽に5分!即効小顔マッサージ術 [小顔] All About
     

    前もってストレッチしておくと、より顔の筋肉がほぐれやすくなります。

  • 1. ほお骨とあごの骨が交わる顎関節に指をあてる。耳のほうに向って円を描くように、押しながらマッサージ。20回程度繰り返す。
    2. 顎関節に指を置いたまま、口を大きく開けて「アエイウエオアオ」を3回と大きな声を出す。
    3. 顎関節に手の平をあて、密着させたまま耳の後ろまでさすりあげる。10回繰り返す。
    出典 :手軽に5分!即効小顔マッサージ術 [小顔] All About
     

    筋肉をほぐして、エラ張りを解消しましょう。

  • エラ張り解消のためにできることは、マッサージやエクササイズなどいろいろとあります。諦めてしまわず、コツコツ努力をしましょう。