【気になる赤ちゃんのアレコレ】乳児湿疹

カサカサ、プツプツ…赤ちゃんの肌に表れてきたら、乳児湿疹かも。
一般的にどんなケアをしているのか、調べてみました。

view209

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 乳児湿疹ってどんなもの?

  • 赤ちゃんの顔や体にできる湿疹はすべて乳児湿疹と呼びます。カサカサするものも、ベタベタするものも、ジュクジュクするものもぜ~んぶ乳児湿疹。乳児湿疹というのは、文字どおり「赤ちゃんにできる湿疹」のことなのです。   このうち低月齢のころ、脂分の分泌が多い場所に見られるものには、脂漏性湿疹という名前がつきます。生後2~3カ月ごろになると、乾燥による湿疹もふえてきます。また、ガーゼなどでふきすぎると口の周りがカサついて赤くなることもあります。低月齢のころのこうした湿疹が、アトピー性皮膚炎かどうかは、少し様子を見ないと判断できないこともあります。
    出典 :赤ちゃんによくあるお肌のトラブル図鑑【乳児湿疹/新生児ニキビ/脂漏性湿疹】 - gooベビー
  • 乳児湿疹で気を付けること

  • 赤ちゃんの湿疹で気をつけることは、

    食物アレルギーなのか、
    アトピー性皮膚炎なのか、
    接触性の湿疹なのか、
    細菌性の湿疹なのか、
    脂漏性湿疹なのか、
    それとも、それ以外の湿疹なのか
    をまず診断することです。

    自分でわからない場合は、
    医師に診断してもらう必要があります。

    単に湿疹といってもその原因はさまざまです。
    そして疾患名もことなります。

    単なる湿疹(あまり深刻でなく、ほっておけばなおる湿疹)
    であればよいのですが、そうでない場合もあります。

    その場合、放置しておいても赤ちゃんの湿疹が治らない
    場合があります。

    そうなると、不安になるわけですが、
    自分で判断できない場合は早めに診断してもらうと
    安心ですね。
    出典 :赤ちゃんの湿疹で気をつけること
  • 新生児の赤ちゃんがもしも、乳児湿疹を疑う症状があらわれた場合に一番気をつける事は、お母さんの卵の摂取を止めることをお勧めしたいと思います。というのは、乳児の顔頭に湿疹が出来る場合、卵の影響が大きく乳児がアレルギー体質であるということに気づかず、お母さんが食べた卵や牛乳で母乳から乳児が飲んだときに乳児湿疹になることがあるからです。
    なので、出来たら授乳期間は卵や牛乳の摂取は控えましょう。
    出典 :乳児湿疹の普段の生活の注意点 / 乳児乾燥肌の治し方・乳児湿疹と乾燥肌ケア対策com
  • 母乳でないミルクの場合は、ミルクの中に入っている牛乳たんぱく質がアトピーの傾向を強めてしまいます。
    ですから、乳児湿疹が出来始めた段階で医療機関で医師と相談をしましょう。
    湿疹の程度によってアレルギー用のミルクに変更していきます、少しずつ根気良く治療をしましょう。
    そして、お母さんもストレスのないようにして、長い目で赤ちゃんをみてあげましょう。

    もしも、医療機関で診察をして、乳児湿疹とのことでしたら、普段から乳児湿疹を少しでも良くなるためにも、又予防のためにも乳児の清潔に気を配り、ケアを心がけてみましょうね。
    出典 :乳児湿疹の普段の生活の注意点 / 乳児乾燥肌の治し方・乳児湿疹と乾燥肌ケア対策com
  • ●赤ちゃんの肌はとても敏感肌です。ミルクを飲んだあとの口や頬の周りについたミルクや汚れはかぶれやすいので直ぐに拭き取ってあげてください。
    出典 :乳児湿疹の普段の生活の注意点 / 乳児乾燥肌の治し方・乳児湿疹と乾燥肌ケア対策com
  • ●夏場でなくても赤ちゃんはよく汗をかきます。汗も拭き取り肌が汚れている場合には衣服も小まめに取り替えて、常に清潔でいることがとても重要です。
    出典 :乳児湿疹の普段の生活の注意点 / 乳児乾燥肌の治し方・乳児湿疹と乾燥肌ケア対策com
  • ●赤ちゃんのベッドのシーツをいつも清潔であることと、シーツの質があまりざらざらしてようなものではなく、顔や頬がシーツに触っても柔らかい素材を選びましょう。
    出典 :乳児湿疹の普段の生活の注意点 / 乳児乾燥肌の治し方・乳児湿疹と乾燥肌ケア対策com
  • ●洗剤を界面活性剤とか漂白剤の少ないものを選びます。乳児湿疹のケアに欠かせないことは乳児の下着は柔らかい素材のものにして常に清潔を心がけます。
    出典 :乳児湿疹の普段の生活の注意点 / 乳児乾燥肌の治し方・乳児湿疹と乾燥肌ケア対策com
  • さらさ

     

    P&Gの洗濯洗剤の『さらさ』は、蛍光剤・漂白剤・着色料が無添加。

  • arau

     

    アレルギーのもととなる添加物は一切不使用。

  • 赤ちゃん用の洗濯洗剤は色々あります。赤ちゃんのアレルギーなど気を付けて、肌に刺激のない成分のものを選ぶことが大切ですね。

  • ●乳児湿疹のケアに毎日入浴は欠かせないですよ。
    湿疹が強く出ている場合は特に気を遣い、刺激の少ないベビー石鹸を選び、お母さんの手の平で泡立てて泡を乗せるように静かに洗いましょう。すすぎをよくしないと石鹸が残ってしまい、逆に湿疹を悪くすることになりかねません。
    保湿してあげるのも忘れないように、入浴後は、低刺激のベビー用ローションやクリームを塗ってあげましょう。
    出典 :乳児湿疹の普段の生活の注意点 / 乳児乾燥肌の治し方・乳児湿疹と乾燥肌ケア対策com
  • 湿疹時のケアについて

  • 1) せっけんの泡でやさしく洗う

    赤ちゃんはとても汗っかきで、とくに低月齢のころは皮脂の分泌も多いもの。おふろでは必ずせっけんを使って洗いましょう。ゴシゴシこするのではなく、せっけんの泡で汚れを包み込むような感じで。

    出典 :赤ちゃんによくあるお肌のトラブル図鑑【乳児湿疹/新生児ニキビ/脂漏性湿疹】 - gooベビー
  • 2) 汗はこまめにふきとって

    ふだんでも汗をかいたなと思ったら、ガーゼやタオルなどでふきとってあげましょう。病気でおふろに入れないときは、ぬれたガーゼなどで顔をふきふき。湿疹がひどいときは朝起きたときもふいてあげましょう。
    出典 :赤ちゃんによくあるお肌のトラブル図鑑【乳児湿疹/新生児ニキビ/脂漏性湿疹】 - gooベビー
  • 3) 清潔にしたあとは必ず保湿を

    せっけんで洗ったあとは、低刺激のベビー用ローションやクリームで保湿してあげるのを忘れないで。洗いっぱなしだと、肌がカサカサに。その乾燥が原因で肌トラブルを招くこともあるので、気をつけて。
    出典 :赤ちゃんによくあるお肌のトラブル図鑑【乳児湿疹/新生児ニキビ/脂漏性湿疹】 - gooベビー
  • 4) つめを切って、かきこわし防止

    湿疹にかゆみがあると、赤ちゃんが自分でひっかいて肌を傷つけてしまいます。そこに菌が感染して、化膿したりするとタイヘン!つめは短く、まるく切ってととのえておきましょう。
    出典 :赤ちゃんによくあるお肌のトラブル図鑑【乳児湿疹/新生児ニキビ/脂漏性湿疹】 - gooベビー
  • 脂漏性湿疹のケア

  • 赤ちゃんの髪の毛の生える所、つまり頭皮にできる、かさぶた状の湿疹のことを、脂漏性湿疹と言います。だいたい、生後3ヶ月くらいまでの赤ちゃんにできることが多いようです。頭皮にできることが多いので、髪の毛に覆われて、気づきにくいですが、頭皮をよくみてみると、かなり広範囲にかさぶた状のものができている場合があります。かゆみを伴うこともあるそうです。
    出典 :乳児湿疹を治そう!
  • 脂漏性皮膚炎の対処方法として、ベビーオイルをガーゼにしみこませてかさぶた部分に塗り、ふやけてくるのをまちます。そしてふやけたところを綿棒でこすりとります。1日でとろうとせずに、何日かかけて少しずつ拭きとっていけばよいと思います。広範囲にかさぶたができていたら、1日で行うのは無理です。
    出典 :乳児湿疹を治そう!
  • 入浴時には、しっかりとシャンプーなどで頭を洗うことで予防できます。入浴の際、かさぶた部分に多少力を入れて洗ってもかまいませんが、つめを立てたり、無理に剥がすのは禁物です。皮膚を傷つけてしまう危険性があります。症状がひどいと完治までに時間がかかりますが、毎日の入浴や外用剤などでていねいに根気よくケアすれば、5~6ヶ月で治ります。初期の湿疹なら家庭でのケアでよくなりますが、かさぶたがこびりついてひどくなったり、かゆみがある、症状が良くわからない場合は、小児科や皮膚科を受診してください。
    出典 :乳児湿疹を治そう!
  • 言葉をしゃべれない赤ちゃんにとっては、異変をお母さんに気づいてもらうことが大切。
    夏は汗をかき、冬は大人と同じように乾燥で肌がカサカサになります。
    湿疹は一見して重大なものか、一時的なものかわからないものもあります。
    ケアをしても改善しない場合は、小児科を受診してみましょう!