【僕のいた時間】三浦春馬が患う筋萎縮性側索硬化症(ALS)って?

筋萎縮性側索硬化症(ALS)の症状、治療法とは?筋萎縮性側索硬化症(ALS)に関する疑問をまとめてみました。

view723

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ネットでも話題に

  • 録画してた僕のいた時間見てるー。

    筋萎縮性側索硬化症/ALS
    怖いなぁ。
  • ALS (筋萎縮性側索硬化症)というのは五感は正常のままで体の自由が効かなくなっていく病気。これは残酷過ぎる。ドラマやけど、かなり感情移入してしまってる。
  • 筋萎縮性側索硬化症(ALS)ってどんな病気?

  • ALS

     

    人間の手や足、顔など、自分の思いどおりにからだを動かすときに必要な筋肉を随意筋といい、随意筋を支配する神経を運動ニューロンといいます。「ニューロン」というのは「神経細胞」のことです。
    運動ニューロンは、歩いたり、物を持ち上げたり、飲み込んだりするなど、いろいろな動作をするときに、脳の命令を筋肉に伝える役目をしています。
    この運動ニューロンが侵されると、筋肉を動かそうとする信号が伝わらなくなり、筋肉を動かしにくくなったり、筋肉がやせ細ってきます。ALSはこの運動ニューロンが侵される病気です。
    出典:http://www.als.gr.jp/public/als_about/about_01.html

  • 筋萎縮性側索硬化症(ALS)とは、手足・のど・舌の筋肉や呼吸に必要な筋肉がだんだんやせて力がなくなっていく病気です。しかし、筋肉そのものの病気ではなく、筋肉を動かし、かつ運動をつかさどる神経(運動ニューロン)だけが障害をうけ、脳から「手足を動かせ」という命令が伝わらなくなることにより、力が弱くなり、筋肉がやせていきます。その一方で、体の感覚や知能、視力や聴力、内臓機能などはすべて保たれることが普通です。
    出典 :難病情報センター | 筋萎縮性側索硬化症(公費対象)
  • 一般に40~60歳代を中心に、10万人に1~2人の割合で発症し、90%以上が孤発性(遺伝とは無関係)の病気です。日本国内には平成20年度末の数字で約8,300人の患者がいます。
    出典 :日本ALS協会 - ALSと診断されたら
  • 初期症状

  • ALSの初発症状は発症部位から4型に分類されます。

    球麻痺型:飲み込みが悪くなる、言葉が話しにくくなるなど
    上肢型:字が書きにくい、箸がうまく使えない、腕が上げにくいなど
    下肢型:歩きにくい、階段が昇りにくい、スリッパが脱げやすい、こむら返りなど
    呼吸筋麻痺型:手足の筋力低下よりも呼吸困難が先に現れる
    出典 :日本ALS協会 - ALSの症状と生活の変化
  • 原因は?

  • 残念ながらこの病気は原因不明で、今のところ病気の進行を止めるまでの効果の認められる治療法(手術や薬など)は見つかっていません。しかしながら医療や介護技術や機器等の進歩により、致命的な症状である呼吸筋の麻痺を人工呼吸器の装着によってカバーし、療養生活のための適切なサポートがあれば、寿命一杯生きていくことも可能になってきております。現在、国際的に様々な分野での研究が行われており、一日も早い原因究明と治療法の確立が待たれています。
    出典 :日本ALS協会 - ALSと診断されたら
  • しかし…!!

  • 東大がメカニズム解明!?