不妊症に懸命に立ち向かっている人の声を聞いてみましょう

不妊治療では、残念ながらすべての人が治療で妊娠できるというわけではありません。成功率は各医療機関によって多少ばらつきがありますが、一般的には、一般治療の段階で妊娠にこぎつけることができるのは2年で約4割、そして残りの人の多くが高度医療の段階に進み、数回以上の治療で妊娠できるのがまた4割です。つまり、

  • pocca 更新日:2013/12/31

view414

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • エドはるみさんがブログで不妊治療を再開するということを発表。

  • 子どもが欲しい、そんな当たり前とも思えることがなかなか難しいのが不妊症。でも、あきらめないで頑張っていることに勇気をもらえます

  •  

    治療自体は、2年前から続けているそうですが、テレビ番組の企画のオファーがあって一時中断していたそうです。

    ですが、子供を作りたい!という夢のために子作りに専念するんだとか。
    お医者様からも49歳という年齢ではあるけれど、「妊娠の可能性がわずかでもある」というように言われて、背中を押されたようです。

  • ジャガー横田さんの不妊治療

  • 夫に対しては厳しい?ジャガー横田さんですが、息子さんにはとても優しいママです。

  •  

    ジャガー横田さんの場合、実際には、自然妊娠だったのですが、子宮筋腫の手術を受けてから体外受精を試みて失敗していたのに、本人にとってもまさかの自然妊娠だったでしょうね。

    不妊治療中は、かなり辛いこともあったということで、旦那さんの木下さんの支えというものは、大きな力になったはず。

    その後、大維志君というお子さんに兄弟を作ってあげたいということで、再び不妊治療挑戦されたそうですが、結果的に効果を実感できず治療を中断したそうです。

  • 不妊症は、卵子に問題あり?

  • 最新不妊治療!卵子の老化を改善するミネラルES-46カプセルの有効性

  •  

    健康なのに、妊娠の可能性が低いと告げられるのだ。
    原因は「卵子の老化」。

  • 老化した卵子を若返らせるのが生殖細胞ミトコンドリア治療

  • ミトコンドリア、卵子自体が正しい機能を果たすために必要なエネルギーを生成する器官ですが、これが正常に働かないと老化を加速させてしまう。そんな重要な役割を持つミトコンドリアに微弱な電子を与え、若返らせる「ミネラルES46」と「生殖細胞ミトコンドリア治療

  • 生殖細胞ミトコンドリア治療とは

  • 『生殖細胞ミトコンドリア治療』は、老化により弱まった“卵子のミトコンドリア”と精子の活動率を左右する“精子のミトコンドリア”に対し、細胞機能の根本的な改善を図ります。 卵子や精子といった生殖細胞内の“ミトコンドリア”に、活動源となる微小電子を補給し細胞機能を改善、同時に老化した卵子を甦らせます。

  • その結果、卵子・精子、そして母胎が本来もっていたはずの活発な細胞機能を回復せしめ、健全な受精・着床環境を整え妊娠率を高めます。 また、健全な母胎の細胞環境も取り戻し、流産の危険性低下を目指します。

  • その治療法は?

  • 実際には、『ミネラルES46』を配合したカプセルを飲用しておこないます。