【肺がん細胞】っていったいなに?

小細胞性肺がんは肺の組織内に悪性(がん)細胞が認められる病気で、2種類あります。
喫煙は小細胞性肺がんの発生する主なリスク因子です。
疑う症状としては、咳、胸部痛、および息切れなどがあります。

view496

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • そもそも肺がんって?

  • 肺癌(はいがん、Lung cancer)とは肺に発生する、上皮細胞由来の悪性腫瘍。90%以上が気管支原性癌 (bronchogenic carcinoma) 、つまり気管支、細気管支あるいは末梢肺由来の癌である。国際肺癌学会によれば、肺癌は世界的に最も致死的ながんであるが、その理由の1つは、多くの場合発見が遅すぎて効果的な治療を行うことができないことであり、早期に発見された場合は手術か放射線治療でその多くを治癒することができる[1]。
    出典 :肺癌 - Wikipedia
     

    肺がんは世界的には致命的な病だそうです。

  • 肺がん

     

    タバコの吸い過ぎはやめましょう

  • 組織

  • 肺癌は治療の方向性から、大きく「小細胞肺癌:SCLC = small cell lung cancer」と「非小細胞肺癌:NSCLC = non-small cell lung cancer」に大別されて扱われる。

    出典 :肺癌 - Wikipedia
  • 小細胞肺癌

  • 小細胞肺癌は肺癌の20%程度を占める。喫煙との関連性が大きいとされ、中枢側の気管支から生ずることが多い。悪性度が高く、急速に増大・進展し、またリンパ行性にも血行性にも早いうちから脳などの他臓器に転移しやすいため、発見時すでに進行がんである事が多い。化学療法、放射線療法が行われることが多い。放射線療法、化学療法に対して比較的感受性があるものの、多くは再発するため予後はあまり良くない。しばしばランバート・イートン症候群(Lambert-Eaton syndrome; LEMS)などの傍腫瘍症候群を合併する。
    出典 :肺癌 - Wikipedia
  • 非小細胞肺癌

  • 非小細胞肺癌[編集]以下の3組織亜型があり、治療上の観点から一括して総称される。

    肺扁平上皮癌
    肺扁平上皮癌(はいへんぺいじょうひがん、Squamous cell carcinoma)は、気管支の扁平上皮(英語版)(厳密には扁平上皮化生した細胞。生理的には、扁平上皮は気道においては口腔や声帯など上気道の一部の細胞であり、正常な下気道のどこにも扁平上皮は存在しない)から発生する癌。喫煙との関係が大きく、中枢側の気管支から生ずることが多い。

    肺腺癌(はいせんがん、Adenocarcinoma)は、肺の腺細胞(気管支の線毛円柱上皮、肺胞上皮、気管支の外分泌腺など)から発生する癌。発生部位は肺末梢側に多い。

    細気管支肺胞上皮癌
    細気管支肺胞上皮癌(さいきかんしはいほうじょうひがん、Bronchioloalveolar carcinoma; BAC)は肺腺癌の亜型で、形態学的に細気管支上皮・肺胞上皮に類似した高分化腺癌である。全肺癌の3-4%を占める[9]。他の非小細胞肺癌と比較すると若年者、女性に多く、進行は比較的緩徐で喫煙との関連が薄い[10][11]。

    肺大細胞癌
    肺大細胞癌(はいだいさいぼうがん、Large cell carcinoma)は、扁平上皮癌にも腺癌にも分化が証明されない、未分化な非小細胞肺癌のことである。発育が早く、多くは末梢気道から発生する。
    出典 :肺癌 - Wikipedia
  • 肺がんの要因は?

  • 喫煙

  • 最大の原因は喫煙である[4]。喫煙を開始する年齢が低ければ罹患する可能性が増し、また自分が喫煙しなくとも周りの人が喫煙すれば肺がんになる可能性が20-30%高くなると言われる[4]。
    出典 :肺癌 - Wikipedia
  • ラドン
    ラドンは多くの国で喫煙に次ぐ第2位の肺がんの原因であり、全ての肺がんの3~14%がラドンに起因すると推測されている。ラドンの肺がんリスクは、ラドンの濃度が高いほど大きい。しかし、多数の人々が家庭内で低濃度の屋内ラドンにさらされているため、実際にラドンによって誘発される肺がんは、高濃度のラドンではなく、むしろ低~中濃度のラドンによるものの方が多いとされる。[6]

    出典 :肺癌 - Wikipedia
  • 予防

  • 抗酸化作用のある食べものを摂る!

     

    抗酸化作用の高い食品には、皮付きのりんご、ダークチョコレート、赤ワイン、クランベリー、ブルーベリーなどです。健康効果のある食品であっても、食べすぎ飲みすぎはいけません。チョコレートを食べ過ぎやワインの飲み過ぎに注意しましょう。

  • カロテノイドも摂る!

     

    カロテノイドが豊富に含まれる食品は、人参、ほうれん草、パパイヤ、マンゴ、トマト、赤ピーマンなどです。カロテノイドを多く含む食品にはあまり脂肪が含まれず、脂質を含む食品と一緒に取りましょう。栄養素を効果的に吸収できます。

  • 水分をたっぷり摂ろう
    水分は体の大部分を構成する成分で、ヒトの健康において重要な役割を果たします。水は体の代謝に必要な物質を細胞に届けたりします。また、水分は栄養素の消化、吸収、排出にも欠かせません。栄養バランスを気にしている人でも、水分のことを忘れがちな人もいるので注意しましょう。水分は、炭酸飲料や甘い清涼飲料水ではなく、水やお茶などでしっかり補給したいものです。
    出典 :肺がんを予防する!4つの栄養対策 [食と健康] All About
  • 大豆製品も摂ろう!

     

    大豆に含まれるフィトエストロゲンに予防効果があると示唆している調査もありました。

  • 症状

  • ■肺がん(肺癌)に共通する症状
    全ての肺がん(肺癌)に共通の症状として例えば、咳が続いたり、痰(血痰も)、喘鳴(ぜいめい:ゼーゼー、ヒューヒュー)、嗄声(させい:声が嗄れること)、息切れなどを起こすことがあります。さらに胸壁や胸膜に浸潤した場合には胸椎が溜まってきたり(胸水貯留)、胸部痛や呼吸困難が見られることがあります。
    大静脈に浸潤した場合は顔や首などがむくんだり、息切れや頭痛、めまいなどを自覚するようになることもあります。
    時には、神経が侵されることにより腕の痛みやしびれ、胸や肩の痛み、顔面や上肢の浮腫などが見られることもあります。

    出典 :肺がん(肺癌)の初期症状と末期症状 【がん相談無料-鈴木医院】
  • 小細胞肺癌

  • 小細胞肺がん(小細胞肺癌)は肺門型がんが多いため、ある程度進行すると咳や血痰などの症状が現れるようになります。
    小細胞肺がん(小細胞肺癌)は極めて転移しやすいがんであるため、自覚症状が出たときには既に全身に転移していることも珍しくありません。

    出典 :肺がん(肺癌)の初期症状と末期症状 【がん相談無料-鈴木医院】
  • 肺腺癌

  • 肺腺がん(肺腺癌)は肺野型(末梢肺野に発生する)がんが多く、初期症状に乏しいがんです。しかし、肺腺がんも癌が進行してくると様々な症状が見られるようになります。
    肺腺がん(肺腺癌)は転移しやすいがんであるため、自覚症状が出たときには進行していることも珍しくありません。

    出典 :肺がん(肺癌)の初期症状と末期症状 【がん相談無料-鈴木医院】
  • 肺扁平上皮癌

  • 肺扁平上皮がん(肺扁平上皮癌)は肺門型がんが多いため、咳や血痰などの症状が比較的初期の段階でも現れることがあります。
    扁平上皮がんは他の肺がんに比較すると進行していない時期でも自覚症状が出ることがあります。喫煙が深く関わる癌ですからヘビースモーカーの方で自覚症状を感じた場合にはできるだけ早い時期に医療機関を受診することをお勧めします。

    出典 :肺がん(肺癌)の初期症状と末期症状 【がん相談無料-鈴木医院】
  • 大細胞肺癌

  • 大細胞肺がん(大細胞肺癌)は肺野型(末梢肺野に発生する)がんが多く、初期段階ではなかなか症状は出ません。しかし、癌が進行してくると様々な症状が見られるようになります。
    大細胞肺がん(大細胞肺癌)は転移しやすいがんであるため、自覚症状が出たときには進行していることも珍しくありません。

    出典 :肺がん(肺癌)の初期症状と末期症状 【がん相談無料-鈴木医院】
  • 進行肺がんの症状

  • 進行肺がん(進行肺癌)では様々な自覚症状が現れてきます
    肺がん(肺癌)は進行すると骨転移や肺転移、肝臓転移、そして脳転移などの遠隔転移を起こします。

    肺がん(肺癌)が骨に転移した場合には肩や背中、腰の骨などに痛みを感じるようになってきます。
    肺がん(肺癌)が副腎に転移した場合にはホルモン分泌に異常が生じるため顔が丸くなったり、骨粗鬆症や多毛になることがあります。また、悪心や嘔吐、低血圧などになることもあります。
    肺がん(肺癌)が肝臓に転移した場合には背中や腰、お腹が張って痛みを感じたり、食欲が落ちてきたり、終始ダルさを感じるようになったり、時には黄疸がでることもあります。腹水がたまり妊婦さんのようになることもあります。
    肺がん(肺癌)が脳に転移した場合には、目がかすんだり、ふらふらしたり、味覚が変わったり、ロレツが回らなくなってきたり、と様々な症状が出ることがあります。
    他にも肺がん(肺癌)が進行すると食欲不振や手足の指先が太くなるばち状指、手足の関節の腫れや痛みなどの症状を自覚することもあります。

    出典 :肺がん(肺癌)の初期症状と末期症状 【がん相談無料-鈴木医院】
  • 治療

  • 肺癌の中でも小細胞肺癌は他の組織型と生物学的な性格が大きく異なるため、小細胞肺癌とそれ以外の組織型を併せた非小細胞肺癌の二つに大別して治療方法が選択される。

    出典 :肺癌 - Wikipedia
  • 小細胞肺癌(SCLC)[編集]小細胞肺癌は、基本的に発育が早いため、ほとんど発見時には進行性である場合が多い。また、CTなどの画像検査上限局しているように見えても検出できない程度の微少転移が既に存在していることがほとんどである。そのため手術や放射線療法などの局所治療の効果は極めて限定的であり、化学療法が治療の中心となる。 治療法の違いにより病期は2つに分類される。

    限局型 (Limited disease: LD)
    Stage Ia期(リンパ節、周囲臓器への浸潤及び転移が認められない)に限っては手術療法が検討されるが、その時期で発見される場合は少ない。その他の場合は化学療法+胸部放射線療法を同時併用する。奏功例に対しては脳転移再発予防のため予防的放射線全脳照射(prophylactic cranial irradiation; PCI)が行われる。
    進展型 (Extended disease: ED)
    放射線治療の適応は無く全身化学療法(以下が主なレジメン)が主な治療となる。
    PE療法:CDDP(シスプラチン)+VP-16(エトポシド)
    PI療法:CDDP(シスプラチン)+CPT-11(イリノテカン)
    AMR療法:アムルビシン
    出典 :肺癌 - Wikipedia
  • 非小細胞肺癌(NSCLC)[編集]非小細胞肺癌では、stageIII期までは手術療法が検討される。一方、stage IV以上の臨床病期では手術の適応となることは乏しく、化学療法、放射線療法が治療の主体となる。

    化学療法
    進行非小細胞肺癌の初回治療では白金製剤を含む2剤併用化学療法が推奨されている。
    放射線療法
    高齢、内科的合併症などにより手術不能非小細胞肺癌に対しては、放射線治療が標準治療として行われてきた。
    カテーテル治療(血管内治療)
    手術・放射線・抗癌剤治療などの標準治療を終了したが、それ以上の効果が見込めず疼痛コントロールなどの対症療法しか残されていない肺癌患者に対し、一部の施設でカテーテル治療が実施されている。
    出典 :肺癌 - Wikipedia