大人の風疹が、恐ろしい・・・気になるその諸々

「風疹」と聞いて子供の病気のイメージがあるという方、結構多いと思うのです。ところが大人も罹ります。患者の8割以上を占めるのが20代〜40代の成人男性だそうです。

view413

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 改めて、風疹とは?

  • 風疹はウイルス感染症の一種、風疹ウイルスによる急性熱性発疹性疾患です。一般には「三日はしか」とも呼ばれます。ちなみに英語ではGerman measles;ドイツはしかと呼んでいます。

  • 風疹の啓発活動をマンガに(8月20日 9時47分)

    13年前、先天性風疹症候群だった娘を亡くし今回の風疹の流行で予防接種の重要性を訴えている岐阜市の女性の活動がマンガで雑誌に掲載されることになり、19日、漫画家らがこの女性の自宅を訪れました。
    出典 :NHK NEWS WEB 風疹関連ニュース
  • 万が一大人が罹ると、大変やっかいな病気です。子供より重症化してしまいます。また妊婦の方の場合、胎児に影響を与える恐れがあります。

  • 子供の頃に風疹に罹った人は、免疫があるので二度とかからないといわれています。しかし経年によって免疫低下している場合や、がん治療等で免疫力が落ちてしまった人の場合、ごくまれに再発することがあるようです。

  • かつては1976年、1982年、1987年、1992年というように、5〜9年毎に大流行があり、幼児が定期接種の対象となって以降は大きな流行は発生していませんでした。

    しかし・・・

  • 2013年は、風疹が流行りそう?

  • 風しんの発生状況(東京都 2013年)

    更新日 2013年8月22日

     2011年以降は少ない患者報告数で推移していましたが、2012年6月から大きく増加し、東京都内の流行は、2004年以来となっています。
    出典 :東京都感染症情報センター » 風しんの発生状況(東京都 2013年)
  • 風疹の原因。

  • 今回流行の始まりは2011年にさかのぼります。ベトナム等の東南アジアで流行が起きました。現地で感染した人が日本国内にウイルスを持ち込んだとみられます。しかもやっかいなのは、過去のものとは全く異質なウィルスだという事です。

  • 感染者の鼻汁に含まれる風疹ウイルスが飛沫し感染、または直接接触感染によります。
    伝染期間は発症前1週間~発疹出現後4日間とされています。

  • ワクチンで予防 しかし30代後半の男性は…

     風疹の予防政策は、先天性風疹症候群を防ぐことに重点が置かれたため、1977年から女子中学生を対象にワクチン接種を行っていました。男子全員に接種するようになったのは1995年です。
    出典 :風疹に備えていますか?
  • 【ストップ風疹】確実な予防方法はワクチン接種 - YouTube

  • 過去の風疹の予防ワクチン接種は1977年から行われていたのですが、それは女子中学生対象でした。男子に予防接種をするようになったのが、1995年からと遅れを取っています。その為に30代後半以上の男性は予防接種を受けていない可能性があり、免疫抗体を持っていない人が多いと考えられるのです。大人の風疹は、30代男性が極端に多いようです。

    予防接種が年代によって異なっていたという史実にも、原因の一旦があると考えられています。

  • 今まで風疹ワクチンの接種制度が何度も変わり、接種が行われなかったり接種率が下がった世代があります。特に20代〜40代の世代が該当してしまうとの事、むしろ現在は1歳と小学校入学前の2回、ワクチンを接種することになっていて、子どものほうが免疫を持っていて感染が少ないのだそうです。

  • 大人が風疹になると?

  • 大人が風疹に感染すると、脳炎や髄膜炎などの合併症を起こしやすく、重症化する可能性もあります。他にも血小板が減少して内出血する血小板減少性紫斑病、肝機能障害も併発する事があるようです。

  • 風疹の予防方法。

  • 自分は子どものころに風疹にかかった、あるいはワクチン接種を受けた記憶があるから・・・と、うる覚えな方?実際はどうなんでしょうか?

  • 1回の予防接種だけでは抗体が体中で作られないことがあり確実ではないようです。確かに過去一度は予防接種を受けたという方も、時間の経過とともに抗体が減少していて感染する可能性があります。

  • 最も効果的な方法は、やはりワクチンの予防接種を受ける事です。特に30代以上の男性、妊婦の方は最優先で受診されたほうが良いでしょう。

  • その他、こんな予防法も考えられます。

  • 【記事を斬る】風疹大流行。ワクチンに頼るな。風疹に打ち勝つ方法 - YouTube

  • やはり基本的な健康管理こそ最大の防御策です。流行っていて困ったな・・・と、余計に悩むより、先ずは自分なりな行動をしない限り無防備です。手洗い、うがいは冬場だけやればいいと勘違いされている方は、さっそく毎日の習慣として考え直してみて下さい。自身が免疫力を高める工夫は大切な事のようです。