健康診断の種類とその期間

会社に所属していると定期健康診断が行われますが、健康診断にも色々な種類が法律で定められています。
その健康診断の種類とその法定期間をまとめてみました。

view307

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 健康診断とは

  • 現在のあなたの健康状態を客観的に診断し、病気の兆候が隠れていないかどうかを調べるものです。特に生活習慣病は自覚症状がないことが多く、自分では健康と思っている場合がほとんどです。本当の自分の健康状態を知るために、年に1度、健康診断を受けることを推奨します。

    ※なお健康診断の結果は現在(受診した時期)の健康状態であり、将来の健康の保証ではありません。健康診断の結果が「異常なし」であったとしても、日頃の健康管理に努めることを忘れないでください。
    出典 :健康診断とは|健康診断|労働衛生協会
  • 事業者の義務

  • 健康診断を事業者が費用を負担して、被雇用者に行うことは法律で義務付けられています。

    健康診断に関する事業者の義務は、「労働安全衛生法」の第 66 条に、下記のように明記されています。

    「事業者は、労働者に対し、厚生労働省令で定めるところにより、医師による健康診断を行なわなければならない。」
    出典 :法定健診 (法律で決められている健康診断) | 健康診断・人間ドック | 医療法人社団 崎陽会 日の出ヶ丘病院
  • 被雇用者の義務

  • 被雇用者にも健康診断の受診義務があり、同じく「労働安全衛生法」の第 66 条に、下記のように明記されています。

    「労働者は、前各項の規定により事業者が行なう健康診断を受けなければならない。ただし、事業者の指定した医師又は歯科医師が行なう健康診断を受けることを希望しない場合において、他の医師又は歯科医師の行なうこれらの規定による健康診断に相当する健康診断を受け、その結果を証明する書面を事業者に提出したときは、この限りでない。」
    出典 :法定健診 (法律で決められている健康診断) | 健康診断・人間ドック | 医療法人社団 崎陽会 日の出ヶ丘病院
     


    被雇用者の受診義務があるとは知りませんでした。健康診断は「権利」だと思っていました。

    今、この国では「権利」ばかり声高に叫ばれる傾向が強いのですが、「権利」には必ず「義務」生じるという事を忘れてはなりませんね。

  • 定期健康診断

  • 1年以内ごとに1回、定期的に次の項目の健康診断を行わなければなりません。
    出典 :定期健康診断|業務のご案内|労働衛生協会
  • ・既往歴および業務歴の調査
    ・自覚症状および他覚症状の有無の検査
    ・身長、体重、視力および聴力の検査、腹囲の測定
    ・胸部エックス線検査およびかくたん検査
    ・血圧の測定
    ・尿検査(尿中の糖および蛋白の有無の検査)
    ・貧血検査(赤血球数、血色素量)
    ・肝機能検査(GOT、GPT、γ-GTP)
    ・血中脂質検査(LDLコレステロール、HDLコレステロール、トリグリセライド)
    ・血糖検査
    ・心電図検査

    ※ 聴力検査は、1000Hzの30dBおよび4000Hzの40dBで純音を用いて、オージオメーターで検査します。ただし、45歳未満(35歳、40歳を除く)の者の聴力検査は、医師の判断により他の方法を用いてもよいことになっています。
    ※ 心電図検査は安静時標準12誘導心電図を記録します。
    ※ 医師が必要でないと認める場合に省略できる健康診断項目
    ※ 産業医又は健診担当医師が、個々の受診者について、健康診断を実施する時点の健康状態、日常の生活状況、作業態様、過去の健診結果等を総合して、省略しても問題ないと判断した場合のみ省略することができます。
    ・身長:20歳以上の場合
    ・かくたん検査:胸部エックス線検査で所見のない場合
    ・貧血検査、肝機能検査、血中脂質検査、血糖検査、心電図検査:40歳未満(35歳を除く)の場合
    ・尿中の糖の有無の検査:血糖検査実施時
    出典 :定期健康診断|業務のご案内|労働衛生協会
  • 雇入時の健康診断

  • 労働者を雇入れた際は、次の項目の健康診断を行わなければなりません。健康診断項目の省略はできません。
    出典 :雇入時の健康診断|業務のご案内|労働衛生協会
  • ・既往歴および業務歴の調査
    ・自覚症状および他覚症状の有無の検査
    ・身長、体重、視力および聴力の検査、腹囲の測定
    ・胸部エックス線検査
    ・血圧の測定
    ・尿検査(尿中の糖および蛋白の有無の検査)
    ・貧血検査(赤血球数、血色素量)
    ・肝機能検査(GOT、GPT、γ-GTP)
    ・血中脂質検査(LDLコレステロール、HDLコレステロール、トリグリセライド)
    ・血糖検査
    ・心電図検査

    ※ 聴力検査は、1,000Hz及び4,000Hzの30dBで純音を用いて、オージオメーターで検査します。
    ※ 心電図検査は安静時標準12誘導心電図を記録します。
    ※ 血糖検査(以下、定期健康診断、特定業務従事者の健康診断、海外派遣労働者の健康診断についても同様です。)については、一般的な血中グルコースの量の検査によるほか、ヘモグロビンA1c(HbA1c)の検査によることも差し支えありません。
    出典 :雇入時の健康診断|業務のご案内|労働衛生協会
  • じん肺健康診断

  • じん肺法施行規則に定められた25種類の粉じん作業のいずれかに常時従事し、又は従事したことのある労働者に対しては、就業時・定期・定期外・離職時に、じん肺健康診断を受けなければなりません。
    じん肺法施行規則が改正され、「原発性肺がん」がじん肺の合併症として追加されたことに伴い、じん肺健康診断における合併症の検査のひとつとして、年1回、「肺がんに関する検査」を行うことが事業者に義務づけられました。
    出典 :特殊健康診断|業務のご案内|労働衛生協会
     

    期間:就業時、定期、定期外、離職時
    ※肺がんに関する検査は年1回

  • 有機溶剤健康診断

  • 法令で定められた有機溶剤業務に従事する労働者に対しては、雇入れ際、当該業務への配置替えの際及びその6月以内ごとに1回定期に、実施しなければなりません。
    出典 :特殊健康診断|業務のご案内|労働衛生協会
     

    期間:6月以内ごと、雇入れ時、配置替えの際

  • 鉛健康診断

  • 法令で定められた鉛業務に従事する労働者に対して、雇入れの際、当該業務への配置替えの際及びその後6月以内ごとに1回定期に、実施しなければなりません。
    出典 :特殊健康診断|業務のご案内|労働衛生協会
     

    期間:6月以内ごと、雇入れ時、配置替えの際

  • 電離放射線健康診断

  • 放射線業務に従事し管理区域に立ち入る労働者に対しては、雇入れの際、当該業務への配置替えの際及びその後6月以内ごとに1回定期に、実施しなければなりません。
    出典 :特殊健康診断|業務のご案内|労働衛生協会
     

    期間:6月以内ごと、雇入れ時、配置替えの際

  • 特定化学物質健康診断

  • 特定化学物質を取り扱う労働者に対しては、雇入れの際、当該業務への配置替えの際及びその後6月以内ごとに(ベリリウム及びニッケルカルボニルを取り扱う労働者に対する胸部X線直接撮影による検査は1年以内ごと)に1回定期に、実施しなければなりません。
    また、特定化学物質を取り扱う業務(労働安全衛生法施行令第22条第2項の業務に限る。)に、常時従事したことのある労働者で、現に雇用している者に対しても6月以内ごとに同様の健康診断を実施しなければなりません。
    出典 :特殊健康診断|業務のご案内|労働衛生協会
     

    期間:6月以内ごと、雇入れ時、配置替えの際
    ※雇用期間中は常時従事労働者にも6月以内ごと

  • 高気圧業務健康診断

  • 高圧室内業務又は潜水業務に従事する労働者に対しては、雇入れ時の際、当該業務への配置替えの際及びその後6月以内ごとに1回定期に、実施しなければなりません。
    出典 :特殊健康診断|業務のご案内|労働衛生協会
     

    期間:6月以内ごと、雇入れ時、配置替えの際

  • 四アルキル鉛健康診断

  • 四アルキル鉛等業務に従事する労働者に対しては、雇入れ時の際、当該業務への配置替えの際及びその後3月以内ごとに1回定期に、実施しなければなりません。
    出典 :特殊健康診断|業務のご案内|労働衛生協会
     

    期間:3月以内ごと、雇入れ時、配置替えの際

  • 歯科健康診断

  • 次の物質のガス、蒸気又は粉じんを発散する場所における業務に従事する労働者に対しては、雇入れ時の際、当該業務への配置替えの際及びその後6月以内ごとに1回定期に、歯科医師による健康診断を実施しなければなりません。
    出典 :特殊健康診断|業務のご案内|労働衛生協会
     

    期間:6月以内ごと、雇入れ時、配置替えの際