もうすぐ大量飛散!花粉症による肌荒れ対策

2月に入ると飛び始めるスギ花粉。
今年もとうとう花粉症の時機到来です!
今や「国民病」ともいわれるこの症状ですが、肌荒れに悩む人が多いのも事実。
そこで、花粉症による肌荒れ対策についてまとめました。

  • mippi 更新日:2014/01/26

view223

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • もうすぐやってくる花粉の季節

     

    鼻水やくしゃみだけではなく、肌荒れに悩む人も急増するんです。

  • 花粉は肌にとっての刺激物

  • 花粉症の季節は紫外線が強く、空気も乾燥しています。
    顔に花粉が付着することで、花粉の刺激などから顔のかゆみ、部分的な肌荒れが起こります。
    出典 :花粉症と肌のトラブル
  • 「だからこそきちんとした対策が必要になります」

     

    花粉症による肌荒れ対策についてまとめました。

  • 肌荒れが起こるのは、バリア機能が低下しているから

  • 健康的な肌は刺激に強いもの。
    ところが、アレルギー反応や乾燥などで荒れたお肌は、外部からの刺激を受けやすいのです。

  • 対策1 スキンケアをしっかりと行う

  • これらのような人は、肌が敏感になっており、刺激を受けやすい人です。

  • ・肌がいつも乾燥している人
    ・洗顔後にいろいろつけていないと肌がつっぱって困る人
    ・化粧水をあまりつけていない普通肌、乾燥肌、混合肌の人
    ・洗顔時間が長い人
    ・お湯の温度が熱すぎる人(30℃~32℃以上で洗っている)
    ・長期間石鹸洗顔を続けている人
    ・拭き取りクレンジングを毎日使っている人
    ・オイルクレンジングで軽いメイクも毎日落としている人
    ・ファンデーションが密着度の高いものを使っている人
    出典 :花粉症スキンケア
  • スキンケアで気を付けるべき点とは

  • ■油性ベースのファンデーションをできるだけ使わない工夫をします
    →油分は花粉を吸い付けやすくなります。

    ■家に帰ったらすぐにメイク落としをします。
    →花粉が長く顔に付いた状態だと痒みが増します。 
    出典 :花粉症とスキンケア
  •  ・お手入れの時に横滑りしたつけ方、すり込むつけ方はやめましょう。
       →皮膚が余計にめくれて治りが遅くなります。
    出典 :花粉症スキンケア
  • アロマオイルの使用もおすすめ

     

    刺激からお肌を守り、炎症を抑えてくれる「スーズオイル」などは、花粉症時期の救世主となってくれます。

  • 対策2 鼻のかみ方に気を付ける

  • 花粉症による肌トラブルを抑えるには、手やティッシュでこすったりする摩擦刺激に十分注意し、毎日のスキンケアを正しく行うことです。
    出典 :花粉症と肌のトラブル
  • 鼻のケアも大切

  • ワセリンには保湿や、粘膜の保護に効果があります。ですので鼻の粘膜が常に荒れている人(鼻血がよく出る人や、鼻をかむとティッシュに鼻血が付く人)は、花粉シーズンに限らず普段から塗っておくと良いと思います。
    出典 :脱・花粉症ウェブ: 花粉を水際でブロック
  • 美しいお肌で春を迎えるために…

     

    花粉症の時期のスキンケア方法を見直して、肌をしっかり守ってあげてくださいね。