子供のしつけ・・・悩んでいませんか?

子供のしつけ、親としては敏感になりますよね
一生懸命になるかもしれません
それだけ大切な事なのです
しかし厳しすぎてはいけません

view261

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • しつけは必要?

  • 適度に必要なものだと考えられます。

    しかし、しつけが厳しすぎると子供はそのうち爆発して
    ・非行
    ・登校拒否
    に走ってしまうかもしれません。

  •  

    しかし、しつけを全くしなくては良い
    とはならないのです。

    生活習慣や人を思いやる気持ちを
    身に着ける事は
    『子供にとってとても大切な事』
    なのです。

  • 教え込むのではだめ

  • どれだけ道徳心を掲げて教え込んだ所で
    親が態度や行動が伴っていないと
    全く意味を成しません。

    日頃の自分の行動はどうですか?

  •  

    お母さん自身が子供に望む事を普段から見せておきましょう。
    子供は大人が考えている以上に観察力に優れています。
    子供は大人のマネをし、身に着けていくのです。

  • これは良くない事

  • 育児をしている時に
    ~しなさい
    ~は駄目
    というような事ばかり言っているのではありませんか?

  •  

    これも効果はあまりありません。
    母親が実際に悲しんでいること
    喜んでいる事など

    『言葉にだし多く使っていくこと』

    これが大切なのです

    悲しい思いをさせたくないと考えるのは当然ですよね?

  • 子供は母親が喜ぶ姿が見たい

  • しっかりと子供の心に伝わる言葉をかけてあげてください

    しつけしないといい子に育たないのではと
    力が入りすぎてはいませんか?
    もっと気楽に考えてください。

  •  

    もし、子供がうまくできていないのは
    親の自分のせいだと考えている人がいるなら
    それも間違いです。

    お母さん自身が自然な姿を見せてあげる事によって
    子供は自ら学んでいくものなのですよ

  • 参考資料

  • ここではたくさんの悩み解決を行っています。
    出典 :子供のしつけについて:子育ての悩み.net
  • しつけは意気込んで行うものではありません。
    自然な生活で子供は学んでいくのです。
    そして、失敗は子供が考えて学ぶこともあります。
    全てが親の言うとおり、思い通りになる事ではないのです。
    道具ではありません。人なのです。考えます。行動します。
    力を入れてしつけをしても結果は返ってきません。
    返ってくるのはストレスです。
    もう少し気楽に、子供を個人とみてみてはいかがでしょうか?