万能、生にんにく様!肺がんリスクも半減!?

万能薬のニンニク!今、生ニンニクを週2回食べると肺がんになるリスクが半減すると話題に!
その注目のにんにくについてまとめてみました。

view652

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 生ニンニクについて驚くべき研究結果!

  • 中国の江蘇省にある研究機関は、1424名の肺がん患者と健康な成人4500名に対して、ライフスタイルに関する聞き取り調査を実施した。普段のニンニク消費量も含めた食生活習慣や、喫煙習慣について質問をした。その結果、週に2回以上生のニンニクを食べると、肺がんになるリスクが44パーセント減少することが明らかになったという。

    また、肺の敵といえば「喫煙」だ。喫煙は肺がん発症の原因になるとも言われている。しかし、今回の研究によると、喫煙習慣のある人でも、日常的に生のニンニクを食べている場合は、肺がんを患うリスクが30パーセント下がることが判明したそうだ。
    出典 :ニンニクパワーすごい!「生ニンニクを週2回食べると肺がんになるリスクが半減する」という研究結果 - ネタりか
  • アリシン作用!?

  • こうした肺がんの発症を抑える作用は、「アリシン」という物質に由来しているのではないかと推測されている。「アリシン」はニンニクをつぶしたり、切ったりすることで生じる物質だ。炎症を抑制し、抗菌作用を持つ「アリシン」が肺がんの発症の抑制に貢献しているのではないかとのことだ。
    出典 :ニンニクパワーすごい!「生ニンニクを週2回食べると肺がんになるリスクが半減する」という研究結果 - ネタりか
  • そもそも「アリシン」とは?

  • たまねぎやにんにくに含まれる特有の刺激臭(香気成分)や辛味成分。たまねぎやにんにくなどに含まれる含硫化合物であるアリインが傷つけられると、酵素アリナーゼの作用によってアリシンが生成される。にんにく、たまねぎ、長ねぎ、にら、らっきょうなどに多く含まれる。体内でビタミンB1と結合してアリチアミンとなり、ブドウ糖からのエネルギー産生に効果を発揮するほか、疲労回復、新陳代謝の活性化、血栓の予防、風邪の予防・改善、血中脂肪の燃焼促進、コレステロール値の抑制、がんの予防などの作用があるとされる。◇「硫化アリル」、「アリル化合物」とも呼ぶ。
    出典 :アリシン とは - コトバンク
  • アリシン効果の色々

  • アリシンの健康効果 ◎疲労回復効果

     

    ◎生活習慣病を予防する効果
    ◎血糖値の上昇を抑える効果
    ◎血流を改善する効果
    ◎感染症を予防する効果
    ◎食欲増進効果

  • アリシンの歴史

  • アリシンは、1944年にアメリカの科学者・カバリトとベイリーによって発見されました。
    彼らは、にんにくに無臭のイオウ化合物であるアリインがあることを発見し、にんにくを切ったりすりおろすことによって、アリシンが発生すること、またアリシンに抗菌作用があることも解明しました。
    1951年には、スイスのノーベル賞科学者・ストールとシーベックによって、アリインが酵素のアリナーゼによって分解されることで、アリシンができることが発見されました。
    出典 :アリシン | 成分情報 | わかさの秘密
  • アリシンの効果的な摂り方

  • アリシンは、細胞を壊すことによって発生するため、きざむ・潰すなどして食べると効果的です。
    また、油で調理するとアリシンの成分そのものが壊れにくくなるといわれています。
    しかし、生のにんにくの場合、食べすぎると腹痛や貧血を起こすことがあるので、1日1片程度が適量となります。加熱したものの場合は、2~3片が適量です。

    [※1:イオウ化合物とは、長ねぎ・玉ねぎ・にんにく・にらなどのユリ科の野菜や、キャベツ・大根・わさびなどのアブラナ科の野菜に含まれている、強い香りを持つ成分です。アリシンのほかに、抗ガン作用を持つアホエンなどがあります。]

    出典 :アリシン | 成分情報 | わかさの秘密
  • やはり生にんにくが効果的なんですね。
    ただし、摂り過ぎ注意。

  • 二オイが気になる!?実は加齢臭にはにんにくが効果的!?

  • アリシンには強い抗酸化力があり、加齢臭の原因となる活性酸素の発生を抑えることができます。
    また、アリシンはビタミンB1の吸収をサポートする働きがあります。そのため、ニンニクを摂取することで、ビタミンB1が体に入ってきて、滋養強壮に繋がります。

    ただし、ニンニクに含まれるアリシンは「熱に弱い」という弱点があります。
    ですから、アリシンをニンニクから摂取する際には、強火で一気に炒めるのではなく、弱火で油と一緒に炒め、油の中にアリシンを溶かしこむことが大切です。
    出典 :ニンニクに含まれる「アリシン」と加齢臭の関係とは?
  • ニンニクの薬効

     

    ガン予防

    かぜ予防

    アトピー

    肝臓病

    糖尿病

    ぜんそく・気管支炎

    高血圧

    強壮剤

    活性酸素による細胞の老化を防ぐ

    血液の循環をよくする

    抜群の殺菌力

  • ニンニクの食べ方

  • にんにくは脳を活性化!認知症や物忘れにも効果的!

  • 様々な健康効果が期待できる「アリシン」を増やすためには、にんにくに含まれる「アリイン」という細胞を傷付ける必要があります。調理の際には、刻んだり、つぶしたり、すりおろしたりすると良いでしょう。また、低温でじっくり揚げたり炒めたりすると、脳を活性化する作用である「アホエン」を増やすことができます。
    出典 :にんにくの基礎知識 - 料理・レシピ検索サイトのナスラックキッチン
  • にんにくと相性の良い食材は?

     

    ビタミンB1が豊富に含まれる豚肉やじゃがいも、玄米など。
    これらの食品と組み合わせて調理することで、にんにくの持つ疲労回復効果をより一層高めることができます

  • 食べた後の口臭予防は

  • にんにく料理を食べたあとの口臭が気になる場合には、消臭効果があるカテキンが豊富な緑茶を飲むと良いでしょう。また、コーヒーや紅茶にも強い脱臭効果があり、タンパク質や脂質の多いクリームを入れると、より効果的です。
    この他、リンゴジュースや牛乳、ウーロン茶・ハーブティーなどにも口臭を予防する効果があるので、おすすめです。
    出典 :にんにくの基礎知識 - 料理・レシピ検索サイトのナスラックキッチン
  • 参照元:Mail Online(英文)