月経不順に悩むあなた!!月経不順の治療方法を知っていますか?

月経不順の治療にはどんな方法があるのでしょうか?
月経不順に悩む人は多いはず…。
改善方法があるならば、すぐにでも知りたいですよね!!                                                                                   

view197

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 月経ってなに?

  •  

    よく月経または生理といいますが、月経ってどう
    いう時のことをいうのでしょう?

  • 成熟した女性の子宮から、周期的に出血する生理現象。
    通常数日間続く。妊娠不成立の場合、黄体からのホルモン分泌が減少するために子宮内膜がはがれることによって起こる。つきのもの。
    出典 :月経とは - はてなキーワード
  • 正常な月経とは?

  •  

    25~38日周期、3~7日間の持続日数、平均50歳ぐらいまで続きます。
    子宮の内側を覆っている薄い膜(子宮内膜)がはがれて出血するのが生理(月経)です。個人差はありますが、正常な月経の目安は次の通りです。



  • ●周期 25日以上38日以内。
    ●期間 3日以上7日以内。
    ●出血量 出血にレバーのような血のかたまりがかなりあり、貧血を伴う
     場合は多すぎる。
    ●伴う症状 腹部膨満感や軽い腹痛を起こすことがあるが、日常生活には
     支障をきたさない。
    ●初経の時期 9~15歳。
    ●閉経の時期 平均50.2歳。30歳代では早発閉経。月経は子宮だけで
     起こる現象のように思われますが、実は脳の視床下部や下垂体、
     卵巣からの排卵、そしてこれらから分泌されるさまざまなホルモンに
     よってコントロールされています。
    出典 :生理痛・生理不順 | 正常な生理とは? : 原因・治療 - セルフドクターネット
  • 月経不順とは?

  • 月経不順とは

     

    「月経不順」とひとことでいっても、月経期間の
    長さ、周期の長さ、周期がバラバラで一定しないなど、悩みの内容も原因もさまざまです。月経周期や期間には個人差があるとはいえ、不順の原因の多くがホルモン分泌のアンバランス。それぞれの症状にあった適切なケアが必要になってきます。

  • 月経不順の原因は?

  •  

    ホルモンバランスの乱れに注意
    月経の周期や期間が定まらないのは、女性ホルモンバランスの乱れが原因として考えられます。
    月経は基本的には女性ホルモンの卵胞ホルモン、黄体ホルモンによってコントロールされていますが、実際の体内のホルモン分泌のメカニズムはより複雑。脳の視床下部[ししょうかぶ]、脳下垂体[のうかすいたい]、卵巣という3つの器官が関係し合っているため、そのうちのどれかひとつにトラブルが発生すれば、すぐに月経に影響が出てしまうのです

  • 月経不順の治療方法

  • マカの効果でホルモンバランスの乱れを改善

     

    マカには「植物エストロゲン」と言って女性ホルモンのエストロゲンと同じ作用のある成分やホルモン分泌の司令を出す視床下部や脳下垂体の働きを調整するアルギニンという成分、その他にもホルモンの分泌量に大きな関わりのあるアミノ酸やビタミンB群、サポニン、カルシウムなどがバランス良く含まれています。
    マカを摂取することで、それらの成分が作用しホルモンバランスの乱れを改善してくれますので結果的に生理不順が改善されると考えられるのです

  •  

    マカのサプリメントを飲んで、そんな生理不順を改善して生きましょう。
    生理不順を改善することができれば、生理の時だけではなく、毎日の生活がすごく楽になるでしょう。
    マカは疲労回復にも役立つと言われているので、仕事に疲れている女性にはもってこいの成分です。

  • 月経不順(生理不順) 漢方薬

     

    漢方薬は、月経不順(生理不順)など女性特有の症状に大変効果を発揮します!
    漢方では、人間のカラダを構成する基本的な要素「気・血・水」のバランスが崩れることで健康状態を左右すると考えます。
    月経不順(生理不順)も「気・血・水」のバランスの崩れによるものと考えられています。ストレスで「気」の巡りが悪くなり、また「気」の流れが悪くなると「血」の巡りも悪くなり、瘀血「(おけつ)血液が滞っている状態」も生じやすくなります。
    このようなことが原因と考えられ、まずは「気」と「血」の巡りをよくすることが大切です。

  • ピルによる治療

     

    生理不順にピルが有効とされ、病院でも処方されます。ピルは生理不順の他にも月経困難症や月経前・生理前症候群(PMS)の治療、避妊などを目的に処方されます。
    生理不順にピルを使うことで、重い生理痛やおりものなどが改善されスムーズな生活を送れるようになります。
    治療に使われるピルは、2008年7月から販売が開始された低用量ピル(OC)が主流になっています。副作用も少なく症状も改善されるので多く処方されるようです。

  •  

    ●生理の周期がコントロールできる
    ●生理痛が軽くなり出血も少なくなる。
    ●子宮内膜症の治療に使える。
    ●卵巣がんや子宮体がんのリスクを下げる。
    ●骨粗鬆症の予防。

  •  

    ・服用後最初の3ヶ月は出血や頭痛、吐き気がある
     ことがある。
    ・乳がんの発症リスク
    ・子宮頸がんの発症リスク
    ・血栓症
      などがあります。因果関係が証明されていない
      ものもありますが注意が必要です。

  • 月経周期を改善するための        生活改善ポイント

     

    無理なダイエットは避け、適切な体重を保つ
    体を冷やす食べ物を摂らない
    湯船に毎晩30分以上つかる
    ストレスを溜めない
    禁煙する   など

    月経不順は体からのSOS。
    異常を感じたら無視せず、今の生活を見直すきっかけにしてみてくださいね。

  • 月周期は60日以内ですが、月経が不規則な場合や、ホルモンが少くてもある程度は保たれているという場合は、体を温めたり、血液の流れをよくする漢方薬を飲んだりして、様子を見ることもあります。
    出典 :無月経・月経不順の主な治療法 [婦人病・女性の病気] All About