安産の秘訣をお伝えします

妊娠した時に、元気な子どもを出産するためには幾つか注意しなければならないことがあります。
今回はその秘訣にせまります。

view456

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 出産する前に気をつけるべきことを紹介します

  • 冷たい飲み物などは控えましょう

     

    赤ちゃんが冷たい所さけるために、逆子になりやすい
    出来るだけ胃は冷やさないようにしておこう。

  • 妊婦さんは身体を冷やすとよくないので、夏でも身体を温める「陽」の食物を摂るように指導がありました。ごぼうや、れんこんなどの根菜類、貧血予防にひじきや青菜など。レタスやトマトの生野菜サラダや果物は身体を冷やすということで、止められました。また、バナナなど日本では採れないものも同じくです。
    出典 :私が安産できた理由(2)~食生活で体質改善~: 自然流 「楽」お産・「楽」育児~妊娠・出産・育児を楽しみたい~
  • ストレスを感じない生活を過ごしましょう

  • 安産のためには、なるべくストレスがない状態で出産本番を迎えて欲しいのですが、意外と多いのが、パパや家族とのいざこざから過度にストレスを抱えたまま出産に臨み、お産が難航するケースです。
    出典 :ピジョンインフォ | 妊娠・出産・育児情報 - 安産のヒケツ
  • あぐらをかいて、股関節のストレッチ

  • 出産前に・・・

     

    ストレッチやマタニティビクスやヨガなどが効果的です。

  • マタニティヨガとは、妊娠中に不安定になりやすい精神のバランスを整え、お産がラクになるようにお産に必要な筋肉を鍛えます。
    ヨガの呼吸法で出産がスムーズになり、お母さんの不安解消の効果が得られ、お腹の中にいる赤ちゃんにも良い影響を与えるといわれてます。
    出典 :マタニティヨガ資格&産後ヨガ資格取得コース - ベビーセラピスト資格|アプリケアカレッジ
  • テレビを見ながら腹式呼吸の練習

  •  

    複式呼吸を意識しよう。
    分娩台でのイメージをしよう。

  • 安産にはやっぱり、呼吸法が大切。痛いときほど短く吐く息(鼻から「フンッ、フンッ」とすると、おなかのベビーに酸素が沢山行って、痛みも和らぐようですよ。
    出典 :Twitter / komameyoga: 安産にはやっぱり、呼吸法が大切。痛いときほど短く吐く息(鼻か ...
  • 力を抜いてリラックス

  • 陣痛は呼吸法で乗り越えよう!

     

    陣痛の痛みで身体がこわばると出産の痛みも増すし、時間もかかると言われていました。

    なんといっても初めてのお産。そりゃ不安や緊張で頭の中は混乱していっぱいいっぱいでしたが、「力を抜かなくちゃ、抜かなくちゃ」と必死でした。

    力を抜くには呼吸法が大切だと思います。
    そして、私の場合は旦那ちゃんの立ち会いがリラックスできるポイントでした。
    そばに居てくれるだけで安心できました。本当に感謝しています。

  • これは結果的にそうなった、ということなんですが。。。
    産院でなかなか子宮口が開かない場合に、廊下や階段を歩くように勧めるそうです。

    わたしは陣痛か、陣痛ではないのか分からなかった3時間ちかく自宅で「これは陣痛じゃない」と謎の呪文を唱えながら部屋の中を徘徊していました(苦笑)これが、子宮口を開ける手助けになったのだと思います。無理は禁物なので1人での実行はおすすめしません。
    出典 :安産の秘訣、6つのポイント ~ 35歳高齢出産 Azukiの安産体験記