突発性難聴、もしもの時に慌てない為に、困った時に必見な内容。

突発性難聴、その対処・治療はどのように行うのでしょうか?老化現象で引き起こす通常の「難聴」とは別に、文字通りある日突然発症するものです。「いきなり耳が聞こえなくなった・・・」という症状、意外な事に、新聞等の健康欄や社会欄だけではなく芸能ニュースでもこの話題が取り上げられるケースもあるようです。

view1017

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • どうして突発性難聴が起こってしまうのでしょう・・・その原因とは?

  • 例えば「朝、起きた途端に、片方の耳が聴こえない」とか「テレビを視ていたら、急に聴き取りにくくなった」といったように、突然起こる、原因不明な内耳性の感音性難聴のことを示します。やっかいな事に、それまでは全く自覚症状もなく、特に何かの病状からの併発というものではないようです。厚生労働省でも特定疾患に指定をされた、いわゆる「難病」の扱いとされています。原因は今現在のところ不明とされています。

  • 突発性難聴の原因は、諸々あるようです。

  • 「突発性難聴」【吉田たかよし】90秒でわかる 医学解説その28 - YouTube

  • 突発性難聴の本当のところの原因については、今のところハッキリと確定されていませんが、諸説諸々あるようです。ウィルス感染による説や、内耳に血液が行き届かない機能不全とする説、又はストレスによるものという説が代表的です。

  • 突発性難聴の症状は、どんな感じ?

  • 自覚症状はハッキリしています。当然、周囲の音が聞き取りにくくなり、例えば以下のような内容に該当する場合は、ほぼ間違いなく発症していると思われます。

    ■朝起きたら、耳の中に何かが詰ってる感じがする。
    ■どちらか片方の耳のつまり感が強い。
    ■飛行機に搭乗した際によく感じる、気圧変化による違和感、耳がぼわーとした感じ。
    ■目まいというか、頭が揺れるような軽くクラクラした感じ。
    ■大きさは然程じゃないが、ザーっというざわめく音が不定期にある。

    もし該当するようなら、早めに病院へ行って治療をしてもらいましょう。
    自然治癒を期待してはいけません。
    先にも申し上げた通り「難病」扱いのやっかいなものですから・・・

  • どのような人が、この病気になるのでしょうか?

  •  

    男女差は特にありませんが、50~60代の方々が多いようです。飲酒や喫煙との因果関係はあまりなく、食生活も直接影響を及ぼすようでもありません。しかし患者さんの多くに見られるのは「野菜の摂取が少ない」という傾向だそうです。それに発症前に疲労を感じていることも多いようです。 いづれにしても「生活習慣病」の側面が表れていますが、はっきりとした結論には至っていないのが現状です。

  • 突発性難聴は遺伝するのでしょうか?

  • 突発性難聴は今のところ遺伝はしないと考えておいて良いようです。ただし遺伝性の難聴が片方の耳にだけ急激に進行することはあるようです。これが突発性のものと思われがちになるということです。成人の方で聴力検査等を受け、突発性難聴と診断されれば遺伝はしないと見なされます。

  • 突発性難聴の治療法は、どんな風ですか?

  • 最も重要な方法は「安静」です。殆どの場合が心身的疲労感やストレスを感じていることが多いので、先ずはストレス解消することに掛かって来ます。その上で薬の投与や入院治療が望ましい場合もあります。

  • 突発性難聴・耳鳴りの治療ストレッチ(柏整体院) - YouTube

     

    応急処置や病後の改善として参考になります。ただし完治の為には、必ず病院で治療を受けましょう。

  • 怪しいな・・・と思ったら、早急に病院へ!遅くなればなるほど、後遺症も出るかもしれません。

  • 実はこんな方も、罹ってしまいました・・・