冬になると気になる!ひどい手荒れ

冬になると、お湯を使って水仕事をする事も増えますよね!
空気も乾燥しているし、毎日の家事で、気がついたら手荒れが酷くなっている事があります。
そんな手荒れの原因や対処法などをまとめてみました!

view427

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 手荒れの原因は?

  • 手が荒れてしまう原因

    手荒れとは、手や指の肌が乾燥して肌のバリア機能が低下、あるいは破綻している状態です。特に寒い冬は、皮膚の新陳代謝が低下したり汗をかく機会も少ないため、バリア機能は万全ではありません。その上、手の皮膚には皮脂を分泌する皮脂腺の分布が少ないため、他の部分に比べると肌表面の角質層はダメージを受けやすい状態なのです。

    手荒れは自然に治ってしまうこともありますが、「忙しいし仕方ない」、「冬なんだから…」と放っておくと、ガサガサしていたところがかゆみをともない、しまいにはパックリヒビが入ってしまうこともあります。特に、水仕事や指先を使うことの多い方、アレルギー体質の方に多くみられます。
    出典 :手が荒れてしまう原因 | スキンケア大学
  • 日常に潜む手荒れの原因

    手荒れの原因は、私たちの日常生活の中にたくさん潜んでいます。水仕事やシャンプー、手洗いなどが大きな原因と考えられています。

    職業別にみると、水仕事の多い主婦や美容師、飲食業、日々紙幣を扱う銀行員、手洗いや消毒の頻度の高い医療従事者などに多くみられます。食器用洗剤は油汚れと同様に肌の皮脂膜も根こそぎ落としてしまいますし、冷たい水よりは温かいお湯の方が、必要な皮脂膜が失われやすいのです。また、手洗い後のアルコール消毒は、アルコールの揮発と一緒に肌の水分も失われてしまい、乾燥・肌荒れに拍車をかけています。



    手荒れの原因はこんなところにも!

    手荒れの原因としては、上記に挙げたものが大方を占めますが、他にもちょっと意外な原因が知られています。頻繁に水やアルコールに触れることがなくても、他の何かが刺激となっている場合があるのです。

    例えば、PCのキーボード操作や書類や本などの紙類に多く触れる、衣類を干したり畳んだりと布類を頻繁に扱う、などによっても肌の皮脂膜が奪われ、手荒れを引き起こす原因となります。

    また、手荒れの予防にと、ゴム手袋をつけて作業をすると、水や洗剤などによる手荒れを予防できますが、手袋のゴムにかぶれて手荒れを引き起こす場合もあります。
    出典 :手が荒れてしまう原因 | スキンケア大学
     

    さまざまな原因があるんですね…。

  •  

    主婦の場合、毎日の水仕事は当たり前ですからね…

  • 手荒れの予防法

  • とにかく保湿が大切

    手荒れの予防法としては、水を使った時にはきれいに水分をふき取り、ハンドクリームなどの保湿をしっかりすることが一番です。
    夜は、ハンドクリームをつけて、手袋をして眠るなど、保湿を強化する事をオススメします。
    その際のハンドクリームも、自分のお肌に合った、負担の少ないものを選んでくださいね。

    ハンドマッサージも効果的

    また、時間があれば、ハンドケアマッサージをしましょう。
    血行が悪くなる寒い時期は、特に指先の血行がわるくなってしまい、手荒れの原因を引き起こします。
    お風呂に入ったときなど、指先を温め、指先から、根元にかけて、指一本一本をマッサージしましょう。
    ハンドケアマッサージ専用のクリームを使ってみてもよいですね。指先から、手の甲、肘にかけてもマッサージしましょう。
    マッサージによって、血行が良くなると、手荒れの予防にもつながりますし、手あれを引き起こしている場合も早く改善できますよ。
    手荒れになってしまうと、痛みも出てしまって辛いですから、手荒れの予防もしっかりとして、いつも健康でスベスベの手を保ちたいですね。
    お子さんの手も、子供にも使えるハンドクリームなど、色々販売されていますから、十分に使って、手荒れの予防をしてあげてくださいね。
    出典 :手荒れの予防法/手荒れの基礎知識
  • 手荒れの治療法

  • 手を洗うときはなるべく水だけで

    手荒れで痛んでしまった手を水に濡らさないようにすることで早く治ります。手荒れがひどいときだけですから、惜しみなく、使い捨て手袋を使いたいものです。
    そして、どうしても手を洗いたいときには、なるべく水だけで洗うようにします。
    洗剤を使ってしまうと、必要な皮脂まで流れ落ちてしまいます。
    お湯も同じように皮脂を落としてしまいますから、水で洗って、しっかり水気を拭き取るようにしてくださいね。
    ひどい時は皮膚科で診てもらいましょう

    手荒れは自分でも治す事ができますが、皮膚科などで適切なお薬や、手荒れ治療を受けると早く治ります。
    ひび割れくらいで病院だなんて大袈裟かな?などと思わずに、皮膚科を受診してみてくださいね。
    一度お薬をもらっておくと、次回はひどくなる前に簡単に治せたりすることもあるので良いですよ。
    主婦の方や、職業柄、水で何度も手を洗うようなお仕事をしている人は、どうしても手荒れがひどくなってしまったりします。
    べたつかないハンドクリームなどで、こまめに保湿してみてくださいね。
    とにかく手荒れは重症化させないように、早めに治療することがオススメです。
    出典 :手あれの治療/手荒れの基礎知識
  • おすすめのハンドクリームは?

  •  

    ハンドクリームって沢山種類があって迷いますよね…

  • ヴァセリン オリジナル ピュアスキンジェリー

     

    昔からある根強い人気商品ですね!

  • ユースキンA

     

    ドラックストアでよく見かけます!

  • ビューティチャージ ナイトスペリア

     

    こっくり濃厚なクリームにたっぷりの美容液成分入り!

  • 知らないと後悔する! ハンドクリームの効果を最大限に引き出す塗り方

  •  

    しっかり塗りこむ事がポイントです!

  • 1. 手のひらにクリームを適量出して、両手をこすり合わせるようにして温めます。こうすることでクリームの伸びが良くなります。

    2. 片手で、もう片方の手の甲をやさしく押さえるようにプレスして、クリームをなじませます。体温を利用してしっかり浸透させましょう。

    3. 両手の指を組んで上下に滑らせるようにすると、指と指の間までしっかり伸ばすことができます。

    4. 最後に、乾燥しやすい指先や爪まわりまでもみ込むようにしてクリームをなじませます。このとき、指先を軽くつまんでピンッと勢いよく離すようにすると、マッサージ効果で指先の血流が促進されます。



    普段、何気なく使っているハンドクリーム。せっかく塗るなら、ささっと適当につけるのではなく正しい塗り方を意識してみましょう。

    しっかりケアすることで、これから迎える本格的な乾燥シーズンも“つるつる・すべすべ”の手をキープできるはず!
    出典 :知らないと後悔する「ハンドクリーム」の正しい塗り方