本田⊿も中村俊輔もサッカー自主トレーニング

サッカー選手もこれも結構出来るかもしれません。自主トレーニング

view491

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 屋内専用のボールを用意して、利き足ではない側の足(右利きの人なら左足)を使って常にボールに触りながら生活します。足の裏やインサイド、アウトサイドなどさまざまな箇所を駆使し、食卓へ移動するときもドリブルで、食べている最中やテレビを見ているときもボールに足を乗せておきます。
    出典 :ウチの中でも簡単にできる!こっそりサッカー自主トレーニング | サカイク
     

    キャプテン翼思い出します。リンク先の絵良いと思います。

  • 経験不足の素人中年は間合い・視野の広さ・無意識この3点が欠如しているうえに判断も遅くフェイントをするまえにディフェンダーに体を寄せられ奪われる結果となります。
    じゃあ・・どうすれば良いのか?
    まずはフェイントを1つに絞る・・です
    出典 :素人中年がうまくなるサッカートレーニング
     

    始めるに遅いはない!! もちろんトレーニングも

  • 老いも若きも

  • Jリーグや海外で活躍するトッププレイヤーの動きを実際に見ることで想像力やモチベーションが高まります。モチベーションが高い状態で練習をすると、普段の練習よりも高い効果を得ることができます。うまいプレイヤーの動きを真似してみるのも一人でできる良い練習の1つですね。
    出典 :一人でやるサッカー練習ガイド
     

    一人でもできるのが素晴らしい

  • 桐蔭学園のサッカートレーニング~フットボール・ブレインを鍛える!~

     

    目指せ芝生の荒らし人

  • 子供をサッカーと言う戦場に連れてこう。

  • 発育に関しては、5歳から17歳の子供の身長の 変化示す。11歳くらいまではほぼ同じ変化量で 12歳がピークを示している。個人差により12~ 14歳ごろにピークを示し、これを Peak Height Velocityという。身長は16~18歳ごろにはほぼ 最高に達する。
    出典 :サッカートレーニング、科学トレーニング、フィジカルトレーニング、運動能力、コーディネーショントレーニング、発育発達、 持久力トレーニング、スピードとレーニング、ロー・ミドル・ハイパワートレーニング、生理学
     

    データ細かそう

  • サッカーに必要そうなものをそれぞれ見ていきましょう

  • 長距離運動編

     


  • 始めたばかりの競技者にはゆっくり長く乗ることにより、ペダリングスキルの向上、効率の良い乗車姿勢の獲得、脂肪の燃焼、毛細血管の発達、乗車技術の獲得等多くのメリットが有ると思う。いわゆる長距離を何も考えずに走ると言う事は、良いことだと思う。ここからは中級者以上の競技者で今後も上を目指す人が対象の話(※対象:国内E1レベルまで)。
    出典 :長距離練習は常習性が有る。 » 中切れは万死に値する
     

    このブログ名がすごい

  • まず、基本的なことですが、筋肉を強くするには、筋肉を破壊してその回復力を過剰にする「超回復」を起こさせる必要があります。回復が過剰な状態(超回復状態)では筋肉の機能も上がっているため、この状態で再び筋肉を破壊すればより強力な筋肉を獲得することができます。
     筋肉が破壊された状態は筋肉痛となって現れます。逆に、筋肉痛にならないようなトレーニングは、トレーニングにはならないのです。
    出典 :長距離選手と筋力トレーニング
     

    身につけよう。

  • 持続力編

  • 疲労とは、「激しい運動によって疲労感を伴い、競技パフォーマンスが低下した状態」といえます。十分な休養,栄養をとることによって競技パフォーマンスは回復し、以前より高いレベルに達します。しかし、運動強度や頻度,時間が過剰に多くなってくると、各要素のバランスが保てなくなり、競技パフォーマンスは低下していきます。競技能力を高い状態で保つには、これらのバランスには日頃から十分に注意し、疲労によるパフォーマンスの低下を防がなくてはなりません。
    出典 :アスレティックトレーナーの基礎知識 スポーツ疲労 (乳酸 回復 トリートメント リカバリー 等)
  • 有酸素運動
    一定時間以上、同じ強度(低・中強度)の運動を続ける場合のエネルギー生成に酸素を必要とする運動。 エネルギー源は、糖質(血糖、筋肉・肝臓内に貯蔵されたグリコーゲン)と脂質(筋肉内の中性脂肪と血液中の遊離脂肪酸)
    出典 :持久力トレーニング1
     

    データ的。

  • 足のマッサージ

  • 簡単! 足裏と足の甲のセルフマッサージの方法

    椅子や床に座りマッサージを行います。なるべくゆったりとしたスペースがとれる場所の方が良いでしょう。窮屈な狭い場所で行うと、無意識のうちに体に余計な力が入ってしまうことがあるためです。リラックスしてマッサージできると理想的です。
    出典 :腰痛・膝痛予防にも!疲れを取る足裏マッサージの仕方 [疲労回復法] All About
     

    足の裏は気になる! リンク先で写真入りでさらに詳しく

  • 「サッカーアニメ」 おすすめベスト ランキング - YouTube