なぜかダルい・・・慢性疲労改善法

あなたは大丈夫ですか?
その疲れは、身体からのサインかもしれません。
まずは、疲労度チェックを行い、専門家に相談してみましょう。

view276

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 慢性疲労と慢性疲労症候群

  • 起き上がるのも辛い。

  • 慢性疲労といわれる状態では、疲れが半年以上続くこともあります。ただ、これは日常生活に特に支障をきたさない程度の、ごく軽い疲労症状です。

    通常の疲労なら休養を取ることでこの部分の疲れも解消されますが、慢性疲労の場合は脳の疲れは解消されず、脳のほかの部分も機能が低下してしまうことが分かっています。

    布団から起きられない、家事や仕事もできないなどの日常生活を送ることが難しいほどの疲労を感じる場合は、慢性疲労症候群の可能性があります。診断基準としては、6ヶ月以上継続的あるいは断続的疲労を主訴とし、微熱、関節痛、筋肉痛、咽頭通などを副症状とするものです。
    出典 :疲労感・慢性疲労のメカニズム [疲労回復法] All About
  • 疲労度チェック

  • こんな状態になっていませんか?

  • □ 作業能率が低下した
    □ 集中力が続かない
    □ 落ち着きがない
    □ いらいらすることが多い
    □ ミスをすることが多くなった
    □ 記憶力が低下した
    □ 意欲が沸かない
    □ 夜つきが悪かったり、朝早く目が覚めたりする
    □ ぐっすり眠れない
    □からだの調子が悪い
    □からだが重い
    出典 :疲労度チェック [疲労回復法] All About
  • 慢性疲労症候群の治療法

  • 薬理療法

  • 薬理療法

    慢性疲労症候群には、抗うつ剤や抗不安剤の投与が効果的だとされています。疲労感の軽減や、免疫機能の改善などの効果があるそうです。

    ただし、これらの薬剤には副作用があります。興奮状態や睡眠障害、疲労の増加といった現象を発生させる可能性があるため注意が必要です。
    出典 :慢性疲労症候群を治療するための正しい知識
  • 漢方処方

  • 漢方処方

    副作用が起こりにくいのは漢方薬による治療。「補剤」と呼ばれる、体力や気力を補う漢方薬を使って治療をします。これも免疫や内分泌を整える効果があり、適切に使えば高い効果が期待できます。

    ですが、漢方薬は人によって適切な量や使うべき薬がまったく違うため、処方が難しいといわれています。かなりの経験や知識のあるドクターにかかる必要があるといえるでしょう。
    出典 :慢性疲労症候群を治療するための正しい知識
  • 非薬理療法

     

    ナチュラルホルモンやサプリメント、カウンセリングやセラピーなど様々な方法があります。

  • 非薬理療法

    いま注目されているのが、非薬理療法。

    抗うつ剤などの化学薬剤を使わず、ナチュラルホルモンやサプリメントを使って体質改善をしながら、カウンセリングやセラピーでストレスを除去して治療していきます。

    体内に不足しているビタミンやミネラルを補うことで自然治癒力を引き出す、というのが非薬理療法の考え方。これは漢方と共通する部分があり、漢方薬の効果をより確実に引き出す方法だといえます。
    出典 :慢性疲労症候群を治療するための正しい知識
  • ちょっとだるいと感じたら? オフィスでもできちゃうズボラ運動

  • 暑い夏、汗をかきたくない、すでにだるくて極力動きたくない、という人にもおすすめのズボラエクササイズです。毎日続けることで、自律神経系のバランスを回復させ、血液の循環促進・冷え改善のサポートとなります。
    出典 :夏のだるさは冷房病かも? 3ポイントチェック [疲労回復法] All About
  • 爪のきわをもむだけの爪もみ療法

     

    簡単ですので、すぐ実践してみましょう。

  • 冷房病では体が冷える傾向にあり、免疫力も低下していきます。自律神経系と免疫系はとても繋がりが深いため両方の機能が正常に保てることが夏の健康維持にも必要です。爪のきわをもむだけの爪もみ療法は、自律神経系と免疫系の働きを研究された福田稔医師と安保徹教授が考案したもので、簡単に実践できることも魅力のひとつです。
    出典 :夏のだるさは冷房病かも? 3ポイントチェック [疲労回復法] All About
  • 爪の生え際をもう片方の指で強めに挟み揉んでいきます。 くすり指は、活動的になる交感神経を刺激すると言われています。くすり指以外の4本の指は、リラックスを司る副交感神経を刺激することが出来ます。冷房病では交感神経が優位に働く傾向があるため、くすり指以外の4本指を10秒間ずつ、揉むことからはじめても良いでしょう。最終的には、バランスをとるために5本指すべてを揉むと良いそうです。

    特に胃の症状がある場合は、人差し指を、肩こり、不眠、腰痛が気になる人は小指を20秒間揉んでみましょう。
    出典 :夏のだるさは冷房病かも? 3ポイントチェック [疲労回復法] All About
  • 足のつま先も動かしましょう!

  • オフィスで仕事をしながらでも動かすことができる足のつま先。膝を軽く伸ばせる程度に、少しだけ椅子をひくと行いやすいと思います。座っていると、下肢の血液が循環しにくくなり、ふくらはぎのポンプ機能が低下しやすくなります。下肢の冷えを予防することで、体の冷えの進行も止めましょう!
    出典 :夏のだるさは冷房病かも? 3ポイントチェック [疲労回復法] All About