半身浴じゃない!?【腰湯】気になる効果等のまとめ!

半身浴と腰湯の何が違うのか
しらべてまとめてみました
ちょっとチャレンジしてみる価値あり?

view417

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 半身浴じゃない腰湯ってそもそもなに?

  • 半身浴より効果的! とひそかに囁かれている「腰湯」。半身浴が「ぬるいお湯にみぞおちまで浸かる」のに対し、腰湯は「熱いお湯(45℃前後)にへそまで浸かる」部分浴です
    出典 :半身浴より有効!? フェロモンが吹き出す「腰湯」のススメ | Glitty(グリッティ)
  • 腰湯って

     

    なんだかよさそうな効果がある感じ
    ちょっと気になってきました!

    冷えにも良さそうですね

  • 治療法の一つだったようです!

  • もともとは、中医学での治療方法に1つで、おもに、月経不順、生理痛などの婦人病や不妊症の女性、冷えによる腹痛などを治療する療法です。腰とお腹を集中的に温めるものですが、家庭での腰湯は自分に合わせた利用方法にしましょう。
    出典 :腰湯(こしゆ)
  • 燃えるからだを作る発汗生活をしてみてはいかがでしょうか。体の大掃除になります。
    続けると、新陳代謝が上がるので、ダイエットにもなります。

     
    デスクワークによる疲労や、冷え性、女性系疾患などにも。
    比較的万能として紹介されることが多い民間療法ですねビックリマーク
    出典 :万能 腰湯のやり方
  • 気になる方法はなんだか簡単そう

  • •温度を45~47度くらいで、おヘソが隠れる程度の湯量にします。
    •時間は5~15分が目安です。
    •白湯(常温の水)を入浴中に補給すると、汗がでやすくなります。
    •天日干した大根の葉などを入れると良いといわれています。
    出典 :腰湯(こしゆ)

  • ・首や上半身が冷えないよう、首にタオル&Tシャツを着る
    ・45~47℃のお湯におへそまでつかって5~15分、上半身全体に汗をかけば終了
    ※無理のない温度から始めてください。

    湯船でビニール傘をさし、ミストサウナ状態で腰湯をするのが私のお気に入り。これでTシャツなしでも上半身が寒くありませんし、お湯が腰までなので高温のわりに苦しくなりません。フェロモンがUPしちゃう入浴法「腰湯」、ぜひ試してみてくださいね♪
    出典 :半身浴より有効!? フェロモンが吹き出す「腰湯」のススメ | Glitty(グリッティ)
     

    気持ちよさそう・・・・

  • 効果もしっかりあった!!!

  • 半身浴と違い、比較的短時間で下半身を温める部分浴。発汗浴。

     
    骨盤や下半身を高い温度で温めることで、リンパや血液の流れをよくし、
    老廃物を汗で体の外に排出します。

     
    熱いお湯の、短く深い刺激を利用します。
    部分的な刺激が、全身浴より大きな効果を生むといわれています。
    出典 :万能「腰湯」のやり方 | 日本一ゆるキャラ整体師のビビッドな生活
  • 簡単に言えば、脳脊髄液=セクシーエネルギーの源と

    思っていただければ^^



    現代人は頭を使うので、なかなか脳脊髄液の

    循環が滞りがちになるそうです。
    出典 :フェロモンupする入浴法−腰湯とは? | 男の匂いとフェロモンの影響力
  • 「人間の魅力(=フェロモン)を支えているのは、からだの脊髄系の機能なのです。頭蓋骨→脊髄→仙骨→尾骨と続く『頭蓋仙骨系』の中を勢いよく対流している脳脊髄液、これがセクシーエネルギーの正体」

    だそう。現代人は頭でっかちで交感神経と副交感神経の切り替えがうまくいかず、この脳脊髄液の循環が滞りがちなので、生理不順、不安感、セックスでも感じにくくなる、異性から見て「何となく冴えない」ように映るなどの影響が。

    骨盤から下を集中的に、通常の入浴法よりも高い温度で温め、下からの対流を促すのが腰湯のポイント。寺門先生によれば、滞った脳脊髄液(セクシーエネルギー)が腰湯によって、あたかもパスタが鍋のなかで下から上へ踊るかのようにぐるぐると循環するそうです。
    出典 :半身浴より有効!? フェロモンが吹き出す「腰湯」のススメ | Glitty(グリッティ)
  • 繰り返すうちに、頭にのぼっていた血が下がってきます。それに内臓が温められるので、副交感神経が働きやすくなって、眠りやすくなります。
    大体、時間は20~40分が目安です。(汗がじわじわ~とでてくるくらい)
    *ただし、汗をかきすぎると体力が消耗するので、かきすぎの方は、少し温度を下げて入ってください。
    出典 :腰湯(半身浴)
  • ちょっと知っておくと得をするもの発見

  • お風呂のアレコレ 1.半身浴  40度を超えない微温浴です。
    2.腰湯  45~47度のお湯です。月経不順、生理痛などの婦人病や不妊症や冷えによる腹痛などに。
    3.分割湯とは  <3分入浴→休憩>を約3回程度、繰り返えすもの。40度以下の微温浴です。
    4.部分浴の足湯と手浴  42度くらいのお湯に手やを10~20分程度つかうもの。足湯は人気ですね。
    5.温冷交互浴  温度差30度で温と冷を繰り返えすもの。自律神経のバランス回復にも効果。
    6.硬水は「キュキュッ」  軟水は肌の油脂やタンパク質を溶かす。入浴剤や入浴後のケアが大切。
    7.これでホームスパ  家庭でもできるカンタン・スパ。
    8.お風呂での激しい温度変化  冷えるところや行動をチェック。
    9.湯上りには水分  入浴前後や入浴中に必要なことも。常備したいハーブティー。
    10.食前、食後の入浴  入浴前後1時間の食事は避けましょう。
    11.スポーツの後の入浴  運動後、1時間あけると疲労回復が早まります。
    出典 :腰湯(こしゆ)
     

    これだけの知識を知っておくと得ですね

  • 腰湯

     

    今では半身浴より
    腰湯の方が効果がよさそうですね

    一度ためしてみる価値はあるのではないでしょうか!