冬から春に向けて、季節の変わり目に始めるスキンケア

冬から春に向けての季節の変わり目に始めると良い、スキンケア方法を解説してきます。

view296

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 春に起こりがちなトラブルと対策

  • 冬のきびしい寒さも一段落して、春の声を聞くと心もはずんできますが、春先は肌トラブルが一番多く発生する季節、要注意です!
    出典 :スキンケア・美肌作りの基本
  • 春の気温は安定せず、暖かかったり寒かったりと落ち着きません。肌も、北風が吹けば乾燥し、晴れた日にはべたつきを起こすなど、日々の急激な変化についていけず、トラブルが起こりやすくなります。また、風に運ばれてくる、ほこり・ちり・花粉なども肌トラブルの原因になり、それに反応して敏感肌になってしまう場合もあります。
    このように、春はトラブルの原因が多いので、必然的に肌が不調になる方も増えるというわけです。大切なのは、肌を清潔に保つこと。基本の洗顔で、汚れをしっかり落としましょう。石けんをよく泡立てて、こすらずやさしく行うのが基本です。
    出典 :スキンケア・美肌作りの基本
  •  

    気温が変化しやすい春は、吹き出物ができやすくなります。冬の間の体調不良がどっと肌に現われ、急激な気温変化が肌の新陳代謝を乱し、暖かくなったことで皮脂分泌が盛んになることなどが原因です。

  • また花粉やホルモンバランスの乱れでアレルギーや肌荒れも起こりやすくなります。Tゾーンなどの皮脂分泌が盛んな部分はしっかりと洗浄し、カサつく部分は潤いを与えるといったようなパーツケアと体調管理が春の美肌の鍵となります。
    出典 :季節の変わり目とスキンケア | スキンケア大学
  • 春肌のお手入れポイント

  • ●肌のバランスがくずれやすい春こそ保湿

     

    募本のスキンケアを毎日行うと同時に、べたつきや乾燥が気になる部分をチェック。特に乾燥が気になる場合は、化粧水や美容液を含ませたコットンで保湿パックをしましょう。

  • ●本格的な紫外線対策は春からスタート!

     

    紫外線量は5月から8月にかけてピークに達しますが、3月頃から多くなってきますので、春から本格的な紫外線対策が必要です。日焼け止め剤の使用はもちろん、長袖着用なども心がけてください。

  • 春の朝のスキンケア

  • 春の注意ポイントは、保湿と紫外線。2つの対策をしっかりとすること。

  • ①洗顔

  • ぬるま湯で軽く予洗し、石けんを泡立てて洗顔します。洗いあがりがさっぱりするタイプの洗顔料がオススメです。春は肌状態の変化が激しいので、洗顔前の肌チェックをしっかり行っておきましょう。
    出典 :スキンケア・美肌作りの基本
  • ②化粧水

  • 乾燥が気になる場合は保湿力の高い化粧水を使います。二キビや吹き出物が出ている方も、まずは化粧水でたっぷりと水分補給を。シミ対策には、美白成分の入ったものが効果的です。
    出典 :スキンケア・美肌作りの基本
  • ③美容液

  • ヒアルロン酸などの保湿成分が十分に入ったものが効果的。さらに美白効果を期待したいなら、肌への浸透力が高いビタミンC誘導体の入ったものがオススメです。ビタミンC誘導体には、活性酸素を抑制して、二キビやシミをできにくくする効果もありますよ。
    出典 :スキンケア・美肌作りの基本
  • ④乳液

  • 紫外線が気になる方は、∪∨カット効果のある乳液または日焼止めクリームを。どちらか一方を使えばOK。ただし脂性肌の人は、過剰な油分は二キビや吹き出物の原因になってしまうので、肌の状態を見て使用を考えましょう。紫外線対策には、∪∨下地の使用も効果的ですね。
    出典 :スキンケア・美肌作りの基本