知って得する!?これはNG!下痢になってしまう食べ合わせ・・・

食べ物で間違った組み合わせをしてしまうと・・・
なんと!食べ合わせで下痢をしてしまうのです!
意外な物がたくさんあるのです!!

view2823

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 下痢の原因

  • 下痢が起こる原因は様々ですが、食に関する伝承の一つに
    合食禁(がっしょくきん)というものがあり、一緒に
    食べるときに食材の取り合わせが悪いとされる言い伝えで、
    一般に消化に害を来たし、下痢の原因ともされています。

    一般的には食い合わせ、食べ合わせと呼ばれることが多いようです。
    医学的根拠がないものもありますが、ちゃんとした
    理由があるものもあります。
    出典 :下痢になる食べ合わせ | 下痢の改善相談室
  • 中には食べ合わせで、下痢だけではなく、発がん性を
    起こすものなどがあります。ひょっとしたら
    気づかないうちにあなたも食べてしまっているかもしれません・・・。
    出典 :下痢になる食べ合わせ | 下痢の改善相談室
  • 食べ合わせの悪い物

  • ところてんと生卵

    消化が悪いものどうしの組み合わせです。
    両方とも消化に時間がかかるので、胃腸に負担が掛かり、
    下痢をすることがあります
    出典 :下痢になる食べ合わせ | 下痢の改善相談室
  • ほうれん草とベーコン

    ほうれん草とベーコン炒め。
    よく定食屋さんで出てきそうな料理です。
    味的には相性抜群なのですが、
    ベーコンの中に含まれる添加物の一つリン酸塩が、
    鉄分とカルシウムの吸収を妨げてしまいます。
    出典 :意外と身近にある! 食べ合わせの悪い組み合わせ | TuiTui
     

    これはよく食べますよね・・・

  • 蟹と柿

    蟹はビタミンB1・B2が多く、栄養の代謝を良くしますが、
    傷みやすい食材で体を冷やします。柿も体を冷やし、
    消化が悪い果物です。この組み合わせは一緒に食べると
    ダブルパンチで身体を冷やします。
    下痢の人は症状が重くなるので、注意しましょう。
    出典 :下痢になる食べ合わせ | 下痢の改善相談室
     

    柿は体を冷やしてしまう食べ物なのですね!

  • ・症状
     内臓機能が低下してしまい、腹痛になる可能性がある。
     冷え性の人は症状が重くなる可能性がある。


    出典 :人間にとって食べ合わせの悪い食品!! - ゆーすふるk
     

    体の内側から冷やしてしまうのですね・・・

  • トウモロコシと氷水

    夏に食べるトウモロコシは美味しいのですが、
    氷水と食べると危険です!とうもろこしは食物繊維が
    多くて非常に消化が悪く、氷水を組み合わせると下痢をしてしまいます
    出典 :下痢になる食べ合わせ | 下痢の改善相談室
     

    夏祭りの屋台のかき氷と焼きとうもろこしですね!

  • かき氷と天ぷら

    夏の暑さで弱ってきている胃腸に、冷たいかき氷と
    脂肪分が多い天ぷらを一緒に入れると
    たいへんな負担をかけることになります。
    まぁ・・・なかなか合わせないと思いますが。

    出典 :意外と身近にある! 食べ合わせの悪い組み合わせ | TuiTui
     

    この食べ合わせはなかなかないですよね!

  • ハムとバター

    食パンを焼いてバターを塗ってハムを乗せて食べると
    美味しいですよね。ところが意外な盲点になるのです。
    というのは、ハムで使われている発色剤の亜硝酸塩と、
    バターで使われている酸化防止剤が組み合わさると、
    「発がん性物質」が体内で作られる恐れがあるのです。
    たとえハムを乗せなくてもトーストと一緒にハムエッグを
    食べる方も多くいらっしゃると思います。
    朝食はいつもトーストと「ハム+バター」あるいは
    「ハムエッグ」という方は、毎日ではなく時々食べることにしましょう。
    出典 :下痢になる食べ合わせ | 下痢の改善相談室
     

    これは意外ですね・・・

  • ビールとスイカ

    ビール片手にスイカ割りという光景は、夏の浜辺でよく見かけますが、
    この食い合わせは非常に危険です!

    なんと、スイカとビールの食い合わせは、
    急性アルコール中毒を引き起こす可能性が高いそうです。

    ビーチだけでなく、入浴前にも十分気をつけなければなりませんね。
    出典 :意外と身近にある! 食べ合わせの悪い組み合わせ | TuiTui
     

    急性アルコール中毒になってしまうのですね!!!

  • しらす干しと大根

    朝食に 大根おろしにシラス干しをのせてよく食べる事があります。
    実は食べ合わせが悪い組み合わせです。シラス干しは栄養価が高く、
    必須アミノ酸のひとつである「リジン」が含まれています。
    この「リジン」は組織の修復をしたり、抗体を生む材料になるなど、
    非常に大切な機能を果たしています。
    ところが、大根に含まれているリジンインヒビターはリジンの大切な働きを
    阻害し、体内への吸収を妨げてしまうのです。
    しかし、リジンインヒビターは加熱して調理した場合は不活性化することが
    わかっていますので、大根の煮物やみそ汁、炒めた場合なら
    一緒に食べても問題がないようです。
    出典 :下痢になる食べ合わせ | 下痢の改善相談室
     

    火を通すと良いのですね!

  • 納豆と卵

    納豆に合わせるもので、ねぎと並んで人気なのが卵です。
    納豆には、ビオチンというビタミンの一種が含まれています。
    ビオチンには皮膚の機能を正常に保つ働きがあり、
    アトピー性皮膚炎を改善する効果があります。
    しかし、卵白中に含まれるアビジンは、
    ビオチンの吸収を阻害してしまいます。
    アレルギー性皮膚炎で悩んでいる人は、
    黄身のみを混ぜるか、加熱してアビジンの影響を少なくしましょう。

    出典 :意外と身近にある! 食べ合わせの悪い組み合わせ | TuiTui
  •  

    納豆とたまごはアレルギー性皮膚炎の

    人にとっては食べ合わせが悪いのですね!

  • きゅうりとトマト

    サラダには定番のきゅうりとトマト、実は食べ合わせ的にはNGです。
    きゅうりに含まれる「アスコルビナーゼ」という
    酵素がトマトのビタミンCを破壊してしまいます。
    ただし、加熱したり、酸や酢を加えたり、
    レモンなどの柑橘類と合わせたりすると、
    ビタミンCの破壊をある程度抑えることができます。
    きゅうりとトマトを一緒に食べるときは、
    酢が入ったマヨネーズやドレッシングをかけましょう!
    出典 :意外と身近にある! 食べ合わせの悪い組み合わせ | TuiTui
     

    これも意外ですね!!

  • 豚肉+冷たい蕎麦

    豚肉には体を冷やす作用があります
    そばには胃を冷やす作用があります
    両食品を一緒に摂取すると、胃を冷やし栄養の
    吸収を妨げます。

    出典 :人間にとって食べ合わせの悪い食品!! - ゆーすふるk
  • 枝豆とチーズ

    おつまみでよく並ぶ組み合わせです。
    枝豆にはフィチン酸という成分が多く含まれていて、
    これがチーズに豊富なカルシウムの吸収を妨げてしまうのです。
    カルシウムは吸収率の悪い栄養素なので、これは非常にもったいない。
    おつまみはどちらか片方にした方が良いですね。
    出典 :意外と身近にある! 食べ合わせの悪い組み合わせ | TuiTui
     

    これはおつまみの定番ですね・・・

  • 酒 + 辛子

    お酒に含まれるアルコール血行を促進させる作用があります。
    辛子などの辛いものも血行を促進させる作用があります。
    両食品を一緒に摂取すると血行を促進させる作用があります。

    かゆみが出る可能性があります。
    蕁麻疹、炎症、湿疹が出やすい人は注意してください。
    高血圧、糖尿病、高コレステロールなどの生活習慣病を
    引き起こす原因なりえます。

    出典 :人間にとって食べ合わせの悪い食品!! - ゆーすふるk
  • ほうれん草+ チーズ

    ほうれん草にはシュウ酸が含まれています
    チーズにはカルシウムが豊富に含まれています
    ほうれん草にはシュウ酸が含まれており、
    カルシウムの吸収を妨げてしまいます


    出典 :人間にとって食べ合わせの悪い食品!! - ゆーすふるk
  • 紅茶+レモン

    紅茶にはカフェインが含まれます。
    レモンの皮には防カビ剤(OPP)が使われています。
    このカフェインと防カビ剤に反応して発ガン性物質を生じます。



    出典 :人間にとって食べ合わせの悪い食品!! - ゆーすふるk
  • ワカメとネギ

    ねぎに含まれるリンという成分が、
    わかめのカルシウムの吸収を阻害してしまいます。
    リンはカルシウムと結合することで骨格を形成する重要なミネラルです。
    リンは加工食品に多く含まれており、
    日常において不足するということはほとんどありません。
    リンを過剰に摂取すると、カルシウムの吸収を阻害するだけではなく、
    骨のカルシウムを溶かすなどの弊害が出るため、
    骨密度が低くなってしまう可能性があります。
    リンが多い食品を摂取したら、積極的にカルシウムを摂るように心がけましょう。

    出典 :意外と身近にある! 食べ合わせの悪い組み合わせ | TuiTui
  •  

    お味噌汁の具としてよく

    組み合わせますよね・・・