冬は「温活ライフ」で免疫力UP&冷え知らずな体に★

あなたの体は冷えていませんか?免疫力は体温1度下がると30%も低下し、1度上がると5~6倍にもなるといわれ、体の冷えを放っておくと、様々な病気を引き起こす可能性もあるんです。寒い冬こそ体を温めて健康な体を維持しましょう!

view659

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 女性の方が男性に比べて冷え性になりやすい!

  • 主な原因

     

    ◆血管が細く、血行が溜りやすいため手足に十分な血液が行き渡りにくい
    ◆筋肉量が男性に比べ少ないため、熱量不足となり平熱も低い
    ◆心臓が血液を押し出す力も弱いため血行が悪くなる
    ◆自律神経のバランスが崩れやすい
    ◆女性は骨盤が丸く、狭い中に子宮・卵巣があるため骨盤内の血流も悪くなる
    ◆低血圧・貧血・座位・立ち仕事
    ◆体を締め付ける洋服は血行障害を起こしやすい

  • 冷え性を放っておくと…

  • 体の血液の巡り不良が続くと、たとえばたんぱく質の合成や分解(代謝)を十分にできなくなります。
    その結果、老廃物を肝臓や腎臓に運び込むことができなくなると、体内に毒素が残り、細胞の機能をさらに低下させてしまいうため、低体温=冷えは肩こりや頭痛にとどまらず、肝臓や腎臓のトラブルを引き起こすことにもなります。
    また、冷えは体のトラブルだけでなく、心にも影響を及ぼすと言われています。

    体が冷えることで、心(脳)の機能も低下します。冷えはうつの原因の一つとも考えられています。まさに冷えは万病のもとといえます。冷えない体をつくることは健康の基本と言えます。

  • 冷え性を体の外側から改善する

  • 温まるお風呂の入り方

     

    41度ほどのお風呂で、合計10分間体を温めてあげましょう。
    また、42~43度での足湯、手湯を10~20分するのも冷え性に効果があります。
    低温サウナ、半身浴などもおすすめです。

  • モロッコ式「葉マム」
    出典 :FATIMA|原宿
  • モロッコ美容を代表する天然ハーブ温浴『葉マム』

     

    「葉マム」とはイスラム諸国の公衆蒸し風呂。
    老若男女問わず利用できる健康法として古来から親しまれています。

  • 「よもぎ蒸し」
    出典 :よもぎ研究所|よもぎ蒸し
  • 韓国ではメジャーな体を内側から温める民間療法『よもぎ蒸し』

     

    「よもぎ蒸し」とは穴のあいた椅子に座り、穴の中でヨモギや漢方薬を入れた石釜や鍋をグラグラと煮立たせて、その蒸気を膣と肛門の粘膜から吸収させていく健康&美容法です。

  • 「人工太陽光」
    出典 :Harumi Beauty labo 新宿店
  • 温熱効果の持続力が高い『人工太陽光』

     

    ノーベル賞受賞の技術を応用した体を芯から温める事のできる人工の太陽光線。温まった身体の状態が長く続くことが最大の特徴です。基礎体温を上げることで代謝や身体機能が活性化。「冷え」を改善しながら痩せやすい体質にも!

  • 冷え性を体の内側から改善する

  • 体を温める栄養素と食べ物
    出典 :体を温める栄養素と食べ物
  • 食べ物で体を温める方法はおもに3つ

     

    ◆消化・吸収するときに熱を発生させる
    ◆筋肉を増やして熱を生み出しやすくする
    ◆手足の先まで温かい血液をめぐらせる

    3つの方法に共通している栄養素は、肉や魚、豆・大豆製品などに多く含まれているたんぱく質。肉や魚は、赤身を選ぶと鉄も一緒に補給できます。
    しょうが、にんにく、ねぎ、唐辛子などの香りや辛みのある野菜を食べると、血行促進に役立つフィトケミカルが摂取できます。

  • 内側からあたためてくれる冷え性に効くハーブティ
    出典 :素敵女子は冷え知らず!内側からあたためてくれる冷え性に効くハーブティ
  • 冷え性に効くハーブティの選び方

     

    ハーブティは身体を内側から温めてくれます。血行促進、発汗、末梢の循環促進、血管拡張作用があるものを選ぶとより効果的でしょう。ストレスの多い環境にいる方は、精神の安定を促すハーブをブレンドするのも良いです。