妊娠すると悪化する?妊娠と喘息

妊娠と喘息の関係。
妊娠中の喘息はどういう症状を起こすでしょう?                             
                                                                     
                  

view243

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 喘息とは?

  • 「気道の慢性炎症と種々の程度の気道狭窄と気道過敏性の亢進、そして臨床的には繰り返し起こる咳、喘鳴、呼吸困難で特徴づけられる。
    気道狭窄は自然に、あるいは治療により可逆性を示す」とされています。
    出典 :喘息ドットコム~喘息とは~
  • 喘息の人の気道の状態

     

    症状がないときも炎症がおこっており、気道上皮がはがれ落ちて敏感になっています。粘膜がむくんでおり、気道が狭くなっています。
    炎症がある気道に刺激が加わると、気道が狭くなり、痰などの分泌物が増えます。そのため呼吸が苦しくなり、息をするたびにゼーゼーヒューヒューという音が聞こえたり、激しくせき込んだりします。

  • 妊娠すると喘息はどうなる?

  • 妊娠と喘息の経過

     

    ● 妊娠中の喘息の経過  
     報告1 :悪化1/3、改善1/3、不変1/3
     報告2 :悪化30%、改善23%、不変47%

  • 2004年にアメリカで行われた調査では、喘息が悪化した妊婦さん30%
    喘息が改善した妊婦さん23%、妊娠前と喘息の症状が変わらなかった妊婦さん47%という結果が出ています。
    出典 :妊娠中の喘息について
  • 妊娠すると症状が悪化するもの、変わらないもの、むしろ軽くなるものがそれぞれ1/3ずつの割合です。妊娠の前によく治療されていれば、むしろ軽くなるでしょう。そうでないときは悪化して、24~36週頃に発作がピークに達します。
    出典 :喘息と妊娠
  • 妊娠中に注意することは?

  • 普段以上に掃除をかけて、部屋のほこりやカビ、動物のフケを取り除きましょう。タバコの煙は感心しません。
    規則正しく睡眠をとり、精神的あるいは身体的なストレスをできるだけ少なくします。
    出典 :喘息と妊娠
  • 胃酸の逆流が喘息発作の誘因になります。
    制酸剤を服用する一方、刺激物を避け就寝前の数時間は食事を
    とらないこと。
    寝るときの枕を高くしましょう。
    出典 :喘息と妊娠
  • 鼻炎をこじらせるとひどくなるので、兆候があったら早めに治療をします。
    喘息の薬をいつも携帯すると安心感があってかえって発作も減るでしょう。
    超音波検査で頻繁に胎児の発育遅延がないかどうかを診てもらうこと。
    胎児の異常を知るには胎動チェックカードがお勧めです。
    出典 :喘息と妊娠
  • 発作が起きたとき、普段の薬を服用しても大丈夫?

  • きちんと薬を選んで使えば胎児への影響はほとんどありません。
    自己判断で治療を中止したりして妊娠中に喘息の大発作を起こしてしまうと、胎児が低酸素状態になる危険があります。
    胎児を低酸素状態にしてしまうと、周有期死亡率の増加、未熟児、低体重児の増加などのトラブルがおこることも。
    出典 :妊娠中の喘息について
  • 妊娠中に喘息の発作がおこったりすると、胎児へ酸素供給がままならないため、流産をしたり、早産をしたりする可能性が出てきます。発作の原因となるアレルゲンを避けて食事するのはもちろんですが、妊娠中は過労を避けるようにしましょう。

    出典 :妊娠中の喘息
  •  

    妊娠中の喘息の発作のとき、普段の薬を服用してもほとんどのものが大丈夫ですが、服用前に、受診をしたときにでも先生に相談して安心して薬を飲むようにすることが大切ですね。