食べても太らない人って何??その理由とは??

あなたの周囲にも食べても太らない不思議な体質の人が居るのでは??
その理由についてまとめてみました!!「

view2701

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 食べても太らない理由って何???

  • よく食べるのにスタイルが良い人がいますが、たくさん食べても太らない人と、あまり食べないのに太る人の違いは何でしょう。それは、食べ方です。
    出典 :たくさん食べているあの人が太らない理由は食べ方だった
     

    食べ方が関係してるなんて・・・
    自分の食べ方と比べてみよう!!

  • 食べ方に理由があった!!

  • どんな食べ方をすると良いの???

  • 食事の回数を分けて食べてみる!!

     

    2食より5食のほうが痩せます。なぜ総カロリーは一緒なのに食事の回数を増やしただけで痩せるのでしょうか。それは、2食だと食材がすぐに手に入らない危険な状態と体が察知し、脂肪が吸収されやすくなるからです。一方、5食だと食材が手に入る安心な状態と体が判断し、脂肪が吸収しにくい体になります。

  • 最近では、ブランチにしてしまって2食になっている人が多いですが、これでは太りやすくなってしまいます。現に、お相撲さんは、脂肪をつけるために1日2食しか食べません。
    もともと2~3回の食事が5食になることで、1食の食事の量が少なくなります。少ない量の食事なら、血糖値が急激に上がらないので、食後の空腹を感じにくくなります。
    1回の食事の量が少ないと逆にお腹が空いてしまうのではと心配されるかもしれませんが、5食にすることで空腹の前に食事という形になるので過度のストレスを感じることなく痩せやすい体になるのです。
    出典 :たくさん食べているあの人が太らない理由は食べ方だった
     

    回数を増やして食べると良い!!
    忙しい人には難しいかと思いましが朝抜きなどをしてると逆に太りやすい体質になるかも・・・

  • 寝る前3~4時間前までに夕食をすませておく

     

    寝る前3~4時間前までに夕食をすませておくのもダイエットにおいてはとても大切です。ですが、仕事で夕食が遅くなってしまう人もいます。そんなときは、お米や麺などの炭水化物や揚げ物などの脂っこいものを少なめにしましょう。

  • ほぼ毎日夕食が遅くなってしまう生活パターンの人は、朝と昼でしっかり炭水化物を摂りましょう。または、昼食と夕食の間におにぎりなどを食べます。そして、夕食はゆで卵を乗せたサラダなどの軽い食事にすると良いでしょう。
    炭水化物を減らしすぎるとダイエットに失敗してしまいます。お米やパン、麺類といった炭水化物を食べないようにする炭水化物抜きダイエットが流行りましたが、炭水化物抜きダイエットには落とし穴があります。それは、ボディラインが崩れ、太りやすい体に変わってしまうのです。
    なぜなら、炭水化物を抜くと、脂肪に送られる糖が少なくなり、脂肪が増えずにすみます。一方、炭水化物を摂っていないとインスリンの分泌も抑えられてしまいます。インスリンは筋肉を維持するために必要なホルモンのため、筋肉が減ってしまいます。筋肉が減れば基礎代謝が下がり、太りやすくなってしまうのです。
    出典 :たくさん食べているあの人が太らない理由は食べ方だった
     

     寝る前に食べると太りやすい・・・

  • 早食いをしない!!

     

    早食いは満腹中枢を刺激しにくいので、ついつい食べ過ぎを助長してしまいます。

  • あまり知られていないことですが、良く噛んで、唾液を分泌させてから飲み込まないと、膵臓に負担がかかります。
    若いうちは良いですが、膵臓も年をとります。
    年をとると、膵液を分泌しにくくなるので、高血糖になりやすい状態になります。
    つまり糖尿病ということですね。
    出典 :よく噛んで食べないことによるデメリットを教えてください。 | ヘルスケア(健康管理)のQ&A【OKWave】
  • ながら食いをしない!!

     

    ながら食いは満腹のサインを見逃してしまいつい食べ過ぎてしまうのです!!

  • また、「ながら食い」は、食べ物を見ないで食べるので、
    これも満腹中枢に信号が届きにくくなって、どんどん食べてしまいます。
    何かを食べる時は、食べ物と向き合って、しっかり味わって食べることが、
    太らない秘訣です。
    出典 :早食い・ながら食い太る。朝食・昼食を抜く?夜中に食べる。ストレス食べすぎ
  • ストレスを溜め込まない!!

     

    ストレスが過食を引き起こしてしまいます!!

  • ストレスを感じると、食べることで紛らそうとする人は多いです。
    これは、食べると「副交感神経優位」になって、心が落ち着くからですね。
    ただ、これが習慣になると、ストレスを感じるたびに食べることになり、
    食べる量もどんどん増えてしまいます。
    また、ストレスを感じている状態(交感神経優位)で、食べ物を食べると、
    胃や腸が働いていないため、消化不良になりやすいです。
    「イライラ食い」は、非常に体に悪いので、
    ストレス解消には、食べること以外のことを見つけた方がいいです。


    出典 :早食い・ながら食い太る。朝食・昼食を抜く?夜中に食べる。ストレス食べすぎ
  • 痩せやすい食べ方を研究して上手くダイエットをしてみましょう!!