そういえば・・・「しわ」ってどうしてできるの?対処法は?

「あれ・・・また“しわ”が増えてる・・・」
鏡を見るたびにため息が出ちゃう・・・
そんな女性も多いのでは?

でも・・・
そもそも“しわ”ってどうしてできるのでしょうか?
原因を知れば、効果的な対策が考えられるかもしれません!

view343

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 「しわ」ってなぜできるの!? 【原因と対策】

  • ■ 紫外線じわ

  • 「紫外線じわ」

     

    しわの大きな原因のひとつが紫外線。特にUV-A波という一年中曇りの日でも降り注いでいる紫外線は、肌の真皮層にあるコラーゲンやエラスチンを傷つけて、ハリや弾力のない肌にしてしまいます。コラーゲンやエラスチンは繊維のように丈夫な土台を作って肌を支えていますが、紫外線のダメージでこの土台が壊され、たるみやゆがみができて、それが皮膚の表面のヨレとなり、最後にはしわとして深く刻まれてしまいます。

    引用)http://allabout.co.jp/gm/gc/19662/#01

  • 紫外線障害=光老化

  •  

    光老化は紫外線に対する防御反応として,皮膚は厚くゴワゴワになり,色も濃くなります.それがシミ,しわとなって現れます.光老化で特徴的なことは真皮にあって皮膚の張りを保つ弾性線維が破壊され,お団子状態になる光線性弾性線維症という変化が起こることです.年をとっただけではこの変化は起こりません.弾性線維が機能しなくなるため皮膚の張りが無くなり,しわや,たるみができます.

    引用)http://www.dermatol.or.jp/qa/qa2/q05.html

  • 紫外線によるしわの予防とケア方法

    紫外線じわを予防するには、とにかく一年中紫外線対策を怠らないこと。季節によって紫外線の量は変化するので、それに合わせて肌に負担をかけないように、紫外線ブロック効果の違う日焼け止めに切り替えることをおすすめします。ガイドの場合は、やはり真皮層を傷つけるUV-Aを一年中しっかりブロックしたいので、UV-Aブロック効果の指標PA+に注目。秋~冬はPA++、春~初秋はPA+++を使っています。UV-B波のブロック効果を示すSPFは、秋~冬はSPF20、春~初秋はSPF30、ドライブ、ジョギングなどの屋外でのスポーツ、海水浴、海外リゾートでは、SPF50、PA+++を必ず使います。


    出典 :しわの種類・原因・対策 [アンチエイジング] All About
     

    季節を問わず紫外線対策は必要です。「浴びちゃったな」と思ったら、ビタミンCの補給、お肌のケアも忘れずに!

  • ■ 乾燥じわ

  • 乾燥が原因のしわ

     

    肌が乾燥するとうるおいがなくなって、肌の表面がカサカサになり、細かいちりめんじわができ始めます。最初のうちは自分でも気がつかないほどの小さなしわですが、数が増えてしわとしわが結びついてしまうとだんだん太くなって目立ってしまいます。乾燥肌の人は20代前半から細かいちりめんじわが目立ち始めますから、しわを作らないためには、20代から乾燥対策のスキンケアを始める必要があります。

    引用)http://allabout.co.jp/gm/gc/19662/#01

  • 日頃の洗顔は、指と泡で優しく洗うようにしてください。洗顔時に皮膚を刺激しないことが大切です。そして、使用する化粧品は抗酸化作用のある成分を含んだものにしましょう。乾燥によるシワとはいえ、原因の根本に加齢・老化という問題があるのは明らか。老化によって皮膚のバリアが弱まっていることが、乾燥・シワを招いているのです。老化の原因は体内の酸素が活性酸素に変化して細胞を酸化させていること。酸化の反対である還元作用を持つ抗酸化物質を取り入れることが最重要なのです。
    出典 :乾燥によるシワ、できてしまった後はどう対処すればいい?
     

    「抗酸化作用」は女性にとって大切な力!早目に乾燥肌を防いで、将来しわしわにならないようにしましょう!

  • ■ 表情じわ

  • 表情によるしわの原因

     

    イライラして眉間にしわを寄せる、ビックリして眉を上げて額にしわを寄せるなどは、表情ぐせによってできるしわ。何度も同じところにしわを寄せていると、折り紙のように折れ線が深くなって紙を広げてもしわが残ってしまうように、肌のしわも深く大きくなってしまいます。

    引用)http://allabout.co.jp/gm/gc/19662/#01

  • ■ 筋肉老化じわ

  • 筋肉の老化が原因のしわ

     

    顔の筋肉は皮膚や脂肪などを支える大切な役割を担っていますが、加齢や顔の筋肉を動かさないで無表情な生活を続けていると、筋肉が老化・退化してたるみやしわのもとになります。急に太って頬などに皮下脂肪が溜まったりすると、筋肉が増えた脂肪を支えきれずにしわができることもあります。

    引用)http://allabout.co.jp/gm/gc/19662/#01