自然気胸の特徴、その対応について。

気胸(ききょう)は、胸腔内で気体が肺を圧迫し、外気を取り込めなくなった状態を言います。自然気胸の際の原因と対処等をまとめてみました。

view1484

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 自然気胸とは?

  •  肺の一部が破れて空気漏れし、肺が虚脱(きょだつ)した病気を自然気胸といいます。

  • 原因は何でしょうか?

  • 肺胸膜直下にある「ブレブ」の破裂によって起こります。ブレブとは、直径1cm程度の異常気腔の事で、正常肺と異なり破裂しやすいものです。

  • このブレブは、運動、怒責(どせき)、咳(せき)などで肺胞(はいほう)内圧が上昇した場合、飛行機搭乗、ダイビングなどで大気圧が低下した場合に起こり破裂しますが、大半は安静時に発症します。

  • 発生率は、人口10万に対し40〜50人程度、年齢は10〜20代に多く、性別では圧倒的に男性です。

    ●高身長
    ●痩せ形
    ●約70%は喫煙者

    というのが特徴です。

  • 症状

  • 突然の胸痛、乾いた咳、呼吸困難が見られますが、これらの症状は安静にしていると多くは軽快します。

  • 高度な気胸や、胸腔内にもれた空気が逃げ場を失い、心臓や反対側の肺を圧迫する緊張性気胸(きんちょうせいききょう)では、チアノーゼ、不整脈、血圧低下などもあり、危険な状態に陥ることもあります。

  • 検査と診断について

  • 自然気胸の疑いがもたれ、「胸部X線像」で肺の虚脱が確認されれば、診断が確定されます。

  • 肺を強くするには?~自然気胸予防法~

  • 一般的に胸部X線は、大きく息を吸い込んで(最大吸気位で)撮影しますが、軽度の気胸の場合は、大きく息を吐いて(最大呼気位で)撮影すると、肺の虚脱が増強し、診断が容易になる場合があります。

  • 治療方法

  • 肺の虚脱が軽度の場合、虚脱した肺の頂上(肺尖部(はいせんぶ))が鎖骨(さこつ)の上にあります。そのような症状の際は安静により様子をみます。万が一安静にしても改善しない場合、肺の虚脱が高度であれば「持続脱気」が行われます。

  • 自然気胸の治療と原因は? - YouTube

  • 「持続脱気」とは肋骨と肋骨の間から細いチューブを胸腔内に挿入し、器械で肺からもれた空気を体外に引き出す方法です。肺が元どおりに膨張(ぼうちょう)すれば、空気の漏れがないことを確認しチューブを抜き去ります。

  • この時再発防止のため、テトラサイクリン、ピシバニールという薬剤や、患者さんの血液を胸腔内に注入することもあります。しかしそれでも肺の再膨張が得られない場合や、再発を3回以上繰り返す場合には、手術が行われます。

  • 手術は、腋窩小開胸法(えきかしょうかいきょうほう)や胸腔鏡によって、ブレブの切除や縫縮(ほうしゅく)が行われます。

  • 自然気胸に気づいたら?

  • 「気胸」【吉田たかよし】90秒でわかる 医学解説その37 - YouTube

  • あわてずに病院を受診してください。呼吸困難が次第に増強する場合は、より高度な気胸や緊張性気胸を来している可能性があるので、早めの受診が必要です。受診する科は内科でも外科でも可能です。