いざというときに役立つ、車酔いを解消する方法

楽しい旅行のはずなのに、車酔いになっちゃったよー!
あ~あ・・・苦しいし、気持ち悪いし・・・あれ、みんなのテンションも下がってる?
もう、なんで酔っちゃうかなー私~・・・
こんな時に何かパっと効く方法があればいいのに。

view983

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 「はぁ~薬飲んでくれば良かった~・・・」

     


    後悔先に立たず、ですね。
    ジワジワくるあの「気持ち悪さ」は、なってみないと分かりません。
    そして吐いてしまった時の罪悪感は相当なものです。
    皆の白い目線と、車内に立ちこめるスッパイ匂い・・・。

    もうこんな経験したくない!
    「酔い止め」が苦手な人にも朗報な、
    突然の車酔いに効果テキメンな方法を調べてみました。

  • 車酔いの原因

  • 「歩いている時などは歩く速さと同じスピードで景色も動くので、三半規管で察知しているバランス感覚と目で見える景色や体(筋肉)で感じる知覚との調和がとれているのですが、車などに乗っている場合、絶えずリンパ液が揺さぶられる状態にある上、「自分は車の座席でじっとしている」のに「景色がどんどん変わるし体も上下左右に揺れている」という感覚のズレも加わって、体が変調をきたし乗り物酔いがおきてしまうのです。」
    出典 :JAF|ドライブ・ワンポイントアドバイス 5.乗り物酔い
     

    三半規管が「なんか変だ!」と正常に機能しなくなるのでしょうか。

  • 直接的な原因

  • 直接的には、下記のような原因が考えられる
    ■視覚
    強い光
    目に入ってくる刺激の強さ(流れる景色のスピードに眼球がついて行けず脳が混乱する)
    ■嗅覚
    車内や排気ガスのにおい
    ■触覚
    乗り物の揺れによって、内耳にある平衡器官がうまく働かなくなる
    出典 :乗り物酔いはなぜ起きる?よく酔う人のための乗り物酔い完全対策 ~乗り物酔いを克服し乗り物の中で快適に過ごすための方法 - 久保清隆の成長ノート @ライブレボリューション
     

    景色の流れ・・・車内の匂い・・・確かに思い当たる節が。

  • 「睡眠不足、空腹、満腹、疲れていた、変な姿勢で乗りつづけたなどの身体的要因、車に乗ることに慣れていない、カーブや揺れの多い道を通った、車内で本やテレビを凝視していて揺れに体を任せていたなどの外的(物理的)要因」
    出典 :JAF|ドライブ・ワンポイントアドバイス 5.乗り物酔い
     

    峠とか急なカーブが多いと、体を揺さぶられてなったりしますねー・・・あと、ケータイやスマホ凝視してると結構な確率でなったりします(苦笑)

  • 魔の連続カーブが苦手!

     


    ジェットコースターよりも、
    酔いやすい人は連続カーブの方が嫌いだったりしませんか?
    うかつに本なんか読んでたりしたら・・・確定ですね。

  • 間接的な原因

  • ・車に酔った人を見る、不安感、心配事などの精神不安

    ・自分は酔いやすいという思いこみ
    出典 :乗り物酔いの克服と予防対策 乗り物酔いとは
     

    確かに「私、車酔いしやすいんだぁー」って言ってる人って、結局なっちゃう感じ。

  • 「一般的に横揺れより縦揺れの方が酔いやすく(車の左右の揺れは大丈夫でも船の上下の揺れはダメという人がいますよね)、大人より感覚が敏感で頭が不安定な子供のほうがなりやすいと言われています。」
    出典 :JAF|ドライブ・ワンポイントアドバイス 5.乗り物酔い
     

    やっぱり子供はなりやすいんだ。小学生の遠足や修学旅行で必ず一人や二人はなってたもんなぁ。

  • 車酔い対策!

  • 「私に運転させて!」

     


    運転者が車酔いしたって話はあまり聞いたことがありませんよね。
    カーブやスピードなど、車の挙動について自分でコントロールしている
    実感があるからだそうです。
    なので、“危ない”と思ったら、運転を代わってもらう。
    なんて方法も試してみましょう!

  • 降車する

    「冗談のようですが、乗車中であれば「乗り物酔い」なのですから乗り物から降りてしまうのが一番です。駐車スペースを見つけて降車し、深呼吸をしたり遠くの景色を眺めたりして気持ちや体調を整えてください。予定を気にして先を急がずに休憩する勇気も大切です。」
    出典 :JAF|ドライブ・ワンポイントアドバイス 5.乗り物酔い
     

    いきなり「降りる」!そりゃ確かにそうですね~これが一番かもしれません。車と止められるなら。

  • 揺れや加速度に体を慣らす

    「即効性は期待できないのですが、効果は大きいと思われます。子供の頃は乗り物酔いをしていたのに大人になったらしなくなった方は多いでしょう。成長するにつれ三半規管などが発達することも理由の一つですが、車に乗る経験が多くなり身体が車の揺れに慣れることにより酔わなくなることがあります。人間は、予期できる動きや過去に経験した動きからの刺激に対しては鈍感になる傾向があるようなので、何度も車に乗れば過度に刺激を感じることが無くなり、乗り物酔いしなくなるのです。ちなみに車内で本やテレビなど一点を見つめていると車酔いしやすいのは、車外を見ていないため揺れの予測がつきにくく、揺れに対する体の準備ができないからです。」
    出典 :JAF|ドライブ・ワンポイントアドバイス 5.乗り物酔い
     

    「乗車経験値」のレベルを上げよ!ってことですね。

  • 車体の中心に近いところに乗る

    「車体の中心に近ければ揺れが少なくてすみます。車の前輪と後輪の中間に近い席に座るとよいでしょう。4~5人乗りの2列シートの車では助手席、3列シートのワゴンタイプの車などは助手席か前から2列目あたりが良いようです。」
    出典 :JAF|ドライブ・ワンポイントアドバイス 5.乗り物酔い
     

    なるほど!修学旅行のバスなんかは一番前の窓際よりも、中央補助席の方が安全だったのかな?(笑)

  • ツボを刺激する

    「手のひらを上に向け、手のひらと手首の間にあるしわから約3センチ(大人の指で約1本半)ひじ側に移動したところに内関(ナイカン)という自律神経の働きを整えるツボがあります。ここに米粒大のビーズや1円玉などを絆創膏で貼り付けてその上から軽く押すと乗り物酔いに効果があると言われています。またカー用品やトラベル用品などを扱うお店でここを刺激するための「酔い止めバンド」を販売していますので、それを利用してもいいでしょう。」

    出典 :JAF|ドライブ・ワンポイントアドバイス 5.乗り物酔い
     

    ツボがあったんだ!これは試してみる価値ありますね!

  • シーバンド(酔い止めバンド)正しい装着方法 - YouTube

     

    内関を押さえるバンドがあるんですねー便利です!

  • 【動画HowTo】助手席で車酔いしない裏ワザ - YouTube

     

    自分もカーブに合わせて体を傾ける!自分も運転している気分になるってことですね♪

  • 車内で楽しむ

    「仲のよいお友達との会話や気に入った音楽をきくなど心をリラックスさせるのも効果的。周囲の協力も必要ですが、会話を楽しんでいるうちにいつの間にか到着!なんてことがあれば最高ですね。」
    出典 :JAF|ドライブ・ワンポイントアドバイス 5.乗り物酔い
     

    そうですよね!車内で「車酔いあるある」なんかで盛り上がってたらいつのまに!・・・ってそれは違いますね。
    でも、冗談言って笑ってたら“酔うのも忘れてた”なんてことは良くあります!

  • 暗示

    「これは逆効果になる危険性もあるのですが、「私は乗り物酔いしない」と思い込むことや「これを食べる(飲む)と私は酔わない」と自己暗示することで効果がある方もいます。「梅干し」が効くとよく耳にしますが、医学的根拠ははっきりしていないようです。梅干しを食べると口の中や胃の中がスッキリして気分がよくなるという心理的効果が大きいのかもしれません。また自分自身で行なうことは出来ないのですが、偽薬(プラシーボ、プラセボともいいます)の暗示効果(錯覚)を利用する方法もあります。乗り物に弱い人に「酔い止めの薬」と言って小麦粉やお菓子のラムネの粒などを渡して飲ませるのです。「酔い止めの薬を飲んだから大丈夫」と自己暗示にかかれば、ある程度の効果が期待できます。」
    出典 :JAF|ドライブ・ワンポイントアドバイス 5.乗り物酔い
     

    プラシーボ効果があるなら、これは効果が期待できるかも?あ、自分でラムネを「これは酔い止めの薬なんだから!」なんていって飲んでも、多分効果は無いと思いますよ!多分!

  • ポチポチドライブ#5 車酔いを克服!【ポチたま公式】 - YouTube

     

    ペットも車酔いするんですよーー!気をつけてくださいね♪