障害を持つ人の為に【イエローリボン】自立と幸せを願う!知っていますか?

イエローリボン活動をしっていますか?
これには色々な意味が込められているのです
そんなイエローリボンについてまとめてみました

view270

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • イエローリボンとは

  •  『黄色』は世界で最も大切にされている色の一つです。

     イギリスでは『黄色』は『身を守るための色』として生まれました。黄色のハンカチ、黄色のネクタイ、など身につけるとその身を守ることができると昔から言い伝えられてきたのです。
    出典 :黄色いリボンの由来
  • 障害者権利条約の国内批准促進と
    障害のある人びとの社会参加の推進をめざして

     日本障害フォーラム(略称 JDF)は、国連で採択された障害者権利条約を日本国内に
    広く普及し、障害のある人びとの社会参加を推進していくために、 「イエローリボン運動」を
    提唱します。
    出典 :イエローリボン・イエローリストバンド | 日本障害者協議会
  •  

     「イエローリボン」「イエローリストバンド」は、障害者権利条約の内容を広く市民のみなさんに
    知っていただき、日本での条約批准をめざすためのシンボルマークともなるものです。



     ぜひ、皆さんもイエローリボンバッジ・リストバンドを身につけて、イエローリボン(障害のある
    人びとの、その人らしい自立と社会参加をめざす)運動にご参加ください。また、イエローリボン
    バッジ・リストバンドを全国各地に広めていきましょう!

  • 込められた願いがある

  • 1つには障害を持つ人たちの自立と社会参加を目指すイエローリボン運動です。どんなに重い障害を持っていても、人としての尊厳が守られ、その人らしい自立と社会参加が保障され、住み慣れた町で幸せに暮らすことを目指しています。
    出典 :4/4 赤、青、白…どれだけ知ってる?リボン運動 [ボランティア] All About

  • 【イエロー】
    ・我々の部隊を支援します
    ・自殺防止
    ・養父母
    ・膀胱がん
    ・脊柱の水腫
    ・子宮内膜症
    出典 :4/4 赤、青、白…どれだけ知ってる?リボン運動 [ボランティア] All About
  • 一方では、イエローリボン運動には、「障害者自立支援法」への警告の意味も込められています。障害者支援法は、“保護から自立を”を目指して制定されましたが、自立の名の元に「自分で何とかすること」を強いられているように受け取れると疑問視されている法律です
    出典 :4/4 赤、青、白…どれだけ知ってる?リボン運動 [ボランティア] All About
  •  黄色には「嬉しさ」「楽しさ」「暖かさ」「幸せ」「富貴」「希望」「向上」など素晴らしい意味があります。何よりも『命を寸る色は黄色」lなのです。

     色の情緒的な意味からすると「元気の良い」「陽気な」「快適な」「若々しい」「晴れやかな光」「刺激的」「興奮的」「晴朗」「上機嫌」「羨望」となります。
    出典 :黄色いリボンの由来
  • 子宮内膜症とは

  •  子宮内膜は、本来、子宮の内側だけにあるものです。ところが、何らかの原因で子宮内膜以外の場所に、子宮内膜と似た組織ができることがあります。これが子宮内膜症です。
     ほかの場所にできた子宮内膜に似た組織は、本来の子宮内膜と同じように、月経周期に伴って増殖と出血をくり返します。しかし、血液の出口がないため、その場に血液がたまってしまい、炎症や激しい痛みを起こします。また、卵管や腸管などほかの臓器と癒着して、ひきつれや痛みを起こしたり、不妊の原因になったりすることもあります。
    出典 :選択肢が増えている子宮内膜症の治療 - goo ヘルスケア
     

    このような病気もイエローリボンに含まれているのです

  • 低用量ピルは経口避妊薬として有名ですが、2008年夏、その一つが子宮内膜症の治療薬として保険適用されました。低用量ピルを服用すると、妊娠に近い状態になるため、排卵が止まります。子宮内膜の増殖が抑えられることで月経時の痛みが軽くなります。副作用が少なく、長期間使えるというメリットがあるため、若い人に最も適した薬だと言えます。
    出典 :選択肢が増えている子宮内膜症の治療 - goo ヘルスケア
     

    ピルの服用率があがっているのもこのためでしょうね

  • 条約の為にある

  •  障害者権利条約は、障害のある人が人としての尊厳を尊重され、社会生活のあらゆる面で
    権利が保障されることを国際的に約束したものです。どんなに重い障害があっても、住みなれ
    たまちで、心ゆたかにその人らしく暮らし、学び、働くことができる、権利条約はそうした社会を
    めざしています。
    出典 :イエローリボン・イエローリストバンド | 日本障害者協議会
     

    こんなのもしっておこう

  • きちんと知識をもって

     

    子宮内膜症にも触れましたが
    これは結構多い疾患です
    もちろん、放っておいては良くないでしょう
    産婦人科で見つかるので、ちょっとした
    知識として知っておきましょう

    イエローリボンはこんな事まで考えているのですね