妊娠初期に抗生物質を服用してしまったあなた

妊娠初期に薬は絶対飲んだらダメと言われますが、妊娠初期に抗生物質を知らない間に飲んでしまったり、
又どうしても飲まないといけない状況になったらどうしたらいいの?妊娠初期に抗生物質まとめました。

view607

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠に気づかずに、抗生物質を飲んでしまいました。

  • 妊娠に気づく前に服用していた薬、お酒、タバコなどが、胎児に影響することはほとんどないそうですよ。
    出典 :妊娠初期の抗生物質服用について。妊娠に気づかずに、抗生物質を飲んでしまいま... - Yahoo!知恵袋
  • 本当に大丈夫なんでしょうか

  • 妊娠中に使える抗生物質・外用薬

  • 妊娠中に使うことのできる抗生物質として、セフェム系、ペニシリン系が上げられています。それによって、奇形率が上がるということはありません。外用薬は、ステロイドの入っているものも含めて、胎児への影響はきわめて少ないと考えて良いでしょう。気にしないで、使っても結構です。
    出典 :妊娠中の心配事
  • やはりそんなに気にしなくても良いようです。

  • .市販薬は大丈夫?

  • 市販されている風邪薬、鎮痛薬などで影響が出ることはあまりないのですが、今後は先にご相談ください。妊婦さんに投与して安全が確かめられている薬を処方します。
    出典 :妊娠中の心配事
  • 影響が少ないとはいえ、市販のお薬を飲むよりまずは病院へ行きましょう

  • 妊婦の抗生物質は注意が必要

  • アミノグリコシド系は聴覚障害の恐れ、テトラサイクリン系は肝障害、胎児の歯の変色のおそれ、ニューキノロン系は胎児への安全性が確認されていないため、妊娠中には処方してはいけない事になっています。
    出典 :妊婦の抗生物質の副作用と注意するべきこと
  • 上記の抗生物質は服用しないようにしましょう

  • 妊娠中の抗生物質の副作用と注意点

  • 症状がなくなったからといって、飲むのを途中でやめてしまうと、細菌がふたたび勢いを盛り返すことがあるので注意が必要です。抗生物質の副作用としては、胃が荒れたり、下痢を起こすこともあります。程度がひどいときは医師に相談しましょう
    出典 :妊婦の抗生物質の副作用と注意するべきこと
  • お薬はきちんと最後迄飲みましょう