白内障の症状、原因、治療法と予防法

加齢に伴って、なんとなく目がかすむ、それは白内障かも。その症状、原因、治療法と予防法を調べてみました。

view571

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 白内障とはどんな目の病気か

  • 眼の中でレンズの役割を果たしている水晶体は、本来透明で光をよく通す。ところが、年齢とともに水晶体のたんぱく質が変性し、次第に白く濁ってくる。これを白内障という。
    出典 :白内障|白内障とは・白内障の症状・治療・予防 - 目の病気・症状 チェック
  • 目のレンズの疾患

     

    俗に「目のレンズ」とよばれる水晶体の混濁する疾患です。
    かすむ、ぼんやり見えるなどの視力障害をおこします。昔は、白そこひ、うみそこひなどと呼ばれました。人間だけでなく犬や猫などの動物にも多い眼病です。

  • 白内障の典型的な症状

  • 白内障の症状は、目の中の水晶体が白く濁ります。そのことにより、視力が低下します。他の白内障の症状としては、次のような症状があります。
    •眼がかすむ。
    •光をまぶしく感じる。
    •視力が低下する。急にめがねが合わなくなる。
    このような症状があらわれたら、一度眼科で診てもらいましょう。
    出典 :白内障|白内障とは・白内障の症状・治療・予防 - 目の病気・症状 チェック
  • 白内障の原因

  • 白内障の原因としては加齢によるものが多く、このことを「加齢性白内障(老人性白内障)」と呼んでいます。個人差はありますが、誰でも年をとるにつれて、水晶体は濁ってきます。加齢性白内障は一種の老化現象ですから、年齢が高い人ほど発症するケースが多いようです。

    出典 :白内障|白内障とは・白内障の症状・治療・予防 - 目の病気・症状 チェック
  • 白内障はその原因から老人性白内障、先天性白内障、併発性白内障、全身性疾患、薬物性、外傷性によるものなど主に六つに分類されます。
    加齢白内障は、年をとることが原因でおこる白内障です。水晶体をつくっているタンパク質が、加齢によって変性が起こり白く濁ってきます。加齢が原因で起こるものは白内障のなかで一番多いもので、白内障と言うと一般的にこの加齢白内障をさす場合が多いです。また、加齢の変化に加え、紫外線も危険因子の一つとされています。
    先天性が原因で起こる白内障は、生まれつき、白内障を持って生まれてくるものです。遺伝や感染などが原因だと考えられます。
    出典 :白内障の原因について:病気と症状 治療 原因 予防の辞典
  • 老人性白内障

     

    加齢白内障は、年をとることが原因でおこる白内障です。水晶体をつくっているタンパク質が、加齢によって変性が起こり白く濁ってきます。加齢が原因で起こるものは白内障のなかで一番多いです。

  • 先天性白内障

     

    先天性が原因で起こる白内障は、生まれつき、白内障を持って生まれてくるものです。遺伝や感染などが原因だと考えられます。

  • 全身性疾患に伴う白内障

     

    全身性疾患に伴う白内障は、目以外の全身の病気にともなっておこる白内障です。糖尿病やアトピー性皮膚炎、副甲状腺機能低下症、そのほかの病気に合併することがあります。

  • 白内障の治療法

  • 白内障の治療として、点眼薬や飲み薬もありますが、ごく初期の白内障をのぞいて、水晶体の混濁を透明にするほどの効果はありません。あってもせいぜい進行を遅らせる程度で、しかも毎日使い続けなければなりません。このように、くすりの効果が不十分なので、白内障の治療は手術療法が中心になっています。
    出典 :白内障の原因について:病気と症状 治療 原因 予防の辞典
  • 手術の方法

     

    大半、数ミリの穴から器具を挿入し、器具から超音波を出して水晶体を砕いてシャーベット状にして吸い出す、「超音波白内障乳化吸引術」という方法で混濁した水晶体を除去します。
    混濁した水晶体を取り除いても水晶体というレンズがなくなってしまうために、すぐには視力が回復しません。現在の白内障手術では、混濁した水晶体を取り除いたあと、人工のレンズ(「眼内レンズ」)を挿入して視力が改善するようにしています。

  • 手術の費用と時間

  • 日帰り入院か、2泊3目入院を選ぶことができます。ただし、日帰り入院は 術後眼帯をして帰宅して頂くことになりますので、付き添いの方が必要です。
    出典 :白内障手術 - 眼科 - 受診案内 - 聖路加国際病院
  • 白内障の予防法

  • 原因として、ケガ・遺伝・病気・加齢などがあります。すべて気をつけていても自分では防ぎようがないのですが、いったん白内障を発症したら、少しでも進行が遅くなるように日常生活に注意したいのが人情です。
    自分でできる注意事項は二つあります。ひとつは、糖尿病などの生活習慣病にならないようにすることです。糖尿病になると若くても白内障が進行しやすくなります。普段から食生活と運動に留意して生活習慣病の予防に気をつけましょう。もうひとつの予防法は、強い赤外線や紫外線を避けることです。
    出典 :白内障予防の為の日常生活上の留意点 - 東京逓信病院