ぶつけた時から青あざを消すまでの、内出血の治し方

軽い打撲による内出血の治し方をご紹介します。痣は2週間ほどで自然治癒しますが、その色は見た目にも悪く、気になってしまいますよね。青あざを少しでも早く治したい方のために、なるべく早く消し去る方法をまとめました。
今すぐ役に立つ情報です♪

view44385

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 内出血とは

  • 内出血とは、皮膚の下の細胞組織に出血が発生する障害のことです。
    出典 :内出血のしくみ【皮膚・足裏の内出血の治し方】
     

    体内の血管が破裂して、皮下で出血することで起こる内出血。
    一度内出血を起こすと、皮膚の色が変化し、痣となってしまいます。
    比較的軽度の内出血が青あざで、多くの人が経験している症状です。

  •  

    痣の色には黒や茶など様々ありますが、日本人に多いのは青あざです。
    青あざの原因は、メラニン色素のせいだと言われています。

  • 傷ついた部分に、血液を送り込み積極的に患部を治癒しようという働きが内出血現象の表れですから内出血そのものは悪いものではありません。
    出典 :内出血のしくみ【皮膚・足裏の内出血の治し方】
     

    青あざは後天性のあざ。放っておけば時間の経過とともに自然治癒します。
    しかし、青あざは皮膚の表面で大変目立つ存在。
    特に、会社の制服などでスカートをはくときや、おしゃれなファッションをした時に目立ってしまうと格好悪いことから、早く消したいと悩んでいる人が多くいます。
    ここからは、内出血の治し方についてご紹介していきましょう。

  • 少しでも早く治したい人へ、内出血の治し方

  • 出来てしまった内出血には、なるべく早く対処することが大切。
    できるだけ早急に対応することで、治りもぐんと早まりますよ。

    効率的に内出血を治す方法をまとめました。

  • アイシングパック

     

    患部を冷やすことは、治療の基本。
    内出血を起こしたらできるだけ早く冷やすことで、治りが早くなります。

  • 初期段階では、内出血を抑える為のアイシングが主流となります。
    アイシング期間は24時間~72時間程度。
    氷嚢やアイシングパックを利用して、なるべく患部に密着させて熱を奪うようにします。
    出典 :打ち身対処法・処置法
     

    血流が良くなってしまうと、内出血が促進されて範囲が広がったり色が濃くなったりするので、患部を冷やしてその流れを滞らせましょう。
    冷たい氷や保冷剤などは直接肌に当て続けると低温やけどを起こしてしまうので、タオルなどを巻いて使うのがおすすめ。
    氷嚢などでも、冷たさが肌につらいときにはタオルを一枚はさんで患部に当てるといいでしょう。

    特に気温の低い冬では、アイシングすることで一緒に体も冷えてしまうので、部屋の温度を高くするとか、きちんと着こむなど工夫をしながら使いましょう。

  • 内出血が収まり、腫れが引き始めたら、今度は逆に温熱療法によって患部周辺を暖かいタオルなどで暖める治療法が有効となります。
    出典 :打ち身対処法・処置法
     

    冷やしたあとは、温めます。

  • 温タオル

     

    水で濡れたタオルを電子レンジで加熱したり、お湯で温めるなど、肌に当てて心地よい温度に温めましょう。

  • 36度~37度前後の体温に近いぬるま湯に浸したタオルを絞り患部に軽くのせてあげるようにして温熱療法を実践します。
    出典 :打ち身対処法・処置法
     

    外気温ですぐにタオルが冷えてしまうので、出来るだけタオルはこまめに交換してください。

  • 身体を温めると、血駅やリンパの流れが良くなり、内臓や細胞が活性化されます。
    温めることで人間が持っている「自然治癒力」を活性化させ、治りが早くなるという仕組みです。
    お風呂にゆっくりと浸かったり、ふくらはぎなどリンパのある部分をマッサージをするのもいいでしょう。

    ただ、患部の周辺や直接患部をマッサージすることはできるだけ避けるようにします。
    なぜなら、内出血をした後なので、下手に刺激してしまうとふたたび内出血することがあるからです。
    早く治したいのであれば、患部にはなるべく触らないようにしましょう。

  • ヘパリン類似物質を使うのもあり!

  • ヘパリン類似物質が入っている外用薬は、皮膚科などのクリニックで処方してもらうことができます。この代表的なものが「ヒルドイド」です。

  • 血液が固まるのを防ぐ作用や、鬱血を改善し傷の治りをよくする作用があるので、打ち身や捻挫、血栓性静脈炎、痔核などの治療にも用います。
    出典 :ヘパリン類似物質:ヒルドイド
  • 保湿作用のほか、血行をよくする作用があります。
    出典 :ヘパリン類似物質:ヒルドイド
     

    ヘパリン類似物質は女性にうれしい物質です。
    保湿効果があるので、美肌も期待できます。

    ただ、目の周辺など皮膚の薄いところには刺激が強いので使わないようにしてください。

  • あざを早く消すのにも効果があるそうです。
    薬局で打ち身の治療に使うヘパリン類似物質の入った薬をお願いすると医療用薬品の同じ濃度の商品を紹介してくれます。

    内出血を早く治したい人は、ぜひ参考にしてください。