簡単予防でお子様を虫歯ゼロの健康優良児に!

歯が痛くて泣いてしまっているお子さんの姿、見たくないですよね。ちょっと気を付けるだけで子供の虫歯は簡単に予防できます!

view659

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 虫歯対策は子供のうちから!

  • 虫歯予防は子供のうちから開始することが大切です。

  • 虫歯を持つ子どもは減少傾向にあるものの、幼稚園児から高校生までは今なお高い罹患率を示しています(下図参照)。最も罹患率の高い年齢は9歳の64%です。
    小児歯科学と臨床う蝕学を専門とする大嶋 隆先生(大阪大学名誉教授;関西女子短期大学教授)は「歯が生えてから5年間くらいの期間が、虫歯になりやすい危険な時期。乳歯が生えそろう幼児期、永久歯に生え替わる学童期は、特に注意が必要です」と話されています。一生を健康な歯で過ごすためには、子どもの頃の虫歯予防が大切だということです。
    出典 :虫歯予防は子供の頃が大事! | ウーロン茶ポリフェノール研究所
     

    減少傾向にあるとはいえ、子供の虫歯予防は大切なんですね。

  • 2011年度・年齢別子供の虫歯の割合

  • 虫歯に関する基礎知識

  • 予防のためにまずは虫歯の基礎知識を身につけましょう。

  • まず、虫歯ができるためには以下の4つの要素が必要になります。

    歯質
    つまり歯の事です。当たり前のことですが、歯がなければ虫歯にはなりません。
    細菌
    虫歯菌が出す酸で歯が溶かされるのが虫歯です。この虫歯菌は口腔内常在菌といい、誰の口の中にも常に存在しています。

    食べ物の磨き残しの中の糖が虫歯菌の餌になります。糖を栄養として虫歯菌は繁殖し、歯垢(シコウ;プラークとも言います)を形成し酸を出して虫歯を作ります。
    時間
    上の3つの要素が重なる時間が長ければ長いほど虫歯になりやすくなります。
    出典 :2.虫歯のでき方 | 石神井公園の歯科と矯正歯科 | 練馬区大泉学園 | 歯医者・口腔外科
     

    4つの要素が重なって虫歯ができてしまうのですね。

  • べったりついた汚れ=歯垢(プラーク)にはいろいろな種類のバイ菌が住み着き、ある種類のものは酸を作ります。歯垢の中で酸は薄まることがなく歯の表面に長く付着しています。この酸によって歯のカルシウムやリン等の無機成分が溶け出してくるのが虫歯の始まりです。
    出典 :乳歯の虫歯予防 | トピックス | 歯のページ
     

    歯垢の除去が重要なようです。

  • 子供の虫歯予防の注意点

  • 大切なお子さんが虫歯にならないために注意してくださいね。

  • 子供の口内環境が完成するのは三歳ごろで、それまでに感染しなければ大人になっても虫歯菌が口内に根付くことはないといわれています。

    そのため、子供が三歳になるまでは食べ物を口移しで与えたり、大人が噛んだものを与えたり、キスしたりしないようにすることが子供の虫歯予防の基本となります。
    出典 :子供が虫歯にならないようにするための予防法まとめ - 子供の歯ROOM
     

    もちろん三歳以降も歯磨きはしっかりさせてあげてください。

  • 感染経路は大人から

    虫歯菌のまったくいない子どもに虫歯菌をうつす経路は次のようなことが考えられます。
    過度なスキンシップ
    可愛い赤ちゃんを見ていると、思わずキスしてしまいたくなります。これは口から口への虫歯菌の感染の原因になります。

    スプーンなどの共有
    食事の際のスプーンやコップなど、大人が利用した食器などを共有した際に間接的に虫歯菌に感染する原因となります。

    噛み与え
    熱い食べ物などを親が温度などを口で確かめたり、硬い食べ物を、親が柔らかく噛み砕いてから食べさせたりすることも、虫歯菌が感染する原因となります。
    出典 :感染源は大人!? 子どもの歯がダメになる! [虫歯] All About
     

    虫歯の感染経路は大人から。親御さんが気を付けることでお子さんを虫歯から守ります。

  • 乳歯が生え始めてから永久歯がそろうまでの子供には歯列に合った歯ブラシを使うことが大切です。
    出典 :歯ブラシの選び方|くらしに役立つ情報|ライオン株式会社
     

    お子さんに合った歯ブラシを選んであげましょう。

  • 仕上げはお父さん~♪

     

    育児の分担を兼ねて、パパさんもお子様と歯磨きスキンシップをはかってみてください。

  • 歯みがき応援ソング「ハミガキしましょ♪」

     

    明るい歯磨きソングでお子さんに「歯磨きは楽しい!」と根付かせてみるのもいいと思います。

  • キシリトールガムで虫歯予防

  • ガムをおやつ感覚でお子様に与えつつ、虫歯予防してみましょう。

  • キシリトールがむし歯を防ぐ理由は、大きく2つに分けることができます。
    1つは「むし歯の原因にならない」ということ。キシリトールは口の中で「酸」をまったく作りません。さらに酸の中和を促進する働きも持っています。唾液も出やすくなるなど、口中をむし歯になりにくい状態に保ってくれます。
    もう1つは「むし歯の発生、進行を防ぐ」という効果。むし歯の原因となるプラークをつきにくくし、歯の再石灰化を促します。
    さらにキシリトールは、むし歯の大きな原因とされる原因菌(ミュータンス菌)の活動を弱める働きを持っています。
    出典 :キシリトール|おもしろ雑学|JFSCP
     

    キシリトールはかなり効果が高そうですね。

  • 美味しく楽しくお子様の虫歯予防!

     

    いつもの虫歯予防にプラスして利用してみてくださいね。