骨盤のゆがみ解消で美しい姿勢を

普段正しい姿勢を保つのはなかなか難しいもの。しかし、そうすることで骨盤が歪み体のバランスが悪くなってしまう現実があります。正しく美しい姿勢を保つため骨盤のゆがみを治すよう心掛けてみませんか

view297

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 骨盤のことを知ろう

  •  

    人間の体のバランスを取ったり、骨や筋肉を支え内臓を守る役割を持っているのが骨盤です

  • 骨盤の特徴とは・・・

  • 左が縮みやすく右が広がりやすいクセがあり、左右だけでなく、前後や上下にも歪みます。骨盤を動かしている「仙腸関節」は圧力にとても弱いので、力を加えるとすぐにズレや歪みを起こします。骨盤周りの腹筋や背筋などの筋肉も骨盤の働きを助けるために重要で、筋力が落ちると骨盤が歪む原因になります。
    出典 :骨盤って何? | ダイエットのための骨盤矯正
     

    筋力と密接に関係しているようです

  • 骨盤の働きとは…

  • 姿勢や運動に応じて、身体のバランスを調節している部分。骨盤は自律神経の働きを受けて、微妙に開いたり閉じたりしています。一日の中でも、朝は閉じやすく、夜は広がりやすい傾向があります。女性はこの他に、排卵や月経、出産にも骨盤の働きが大きく影響しています。

    骨盤の歪みを上手に調整することで、スタイルアップやダイエットにもつながる上、生理不順や更年期障害、冷え、むくみ、肩こりや疲れやすさといった悩みにも効果が期待できます
    出典 :骨盤って何? | ダイエットのための骨盤矯正
     

    女性の体は特に骨盤の歪みの影響を受けやすいと思われます

  • 骨盤のゆがみの原因

  •  

    様々な不調を引き起こす骨盤のゆがみ。その原因を探ってみましょう

  • 骨盤のゆがみには2つの大きな原因があるとされています

  • 姿勢から歪む

    骨盤の歪みの主な原因が「姿勢からの歪み」です。カバンを片方の肩にばかりかける、片足に重心を預けるクセなどが知られますが、デスクワークで長く椅子に座る、床に座るときにあぐらをかく、横向きに寝るなどの動作も歪みの原因になります。骨盤の歪みにつながるクセは人それぞれ。正しい姿勢を知り、自分の良くないクセに気づいたら、その時その時正しい姿勢に戻す。こまめな心がけが大切です。
    出典 :骨盤の歪みの原因 | ダイエットのための骨盤矯正
     

    常に姿勢に気を配ることが大切

  • 筋力不足から歪む

    骨盤を支えているのは、インナーマッスルと呼ばれる身体の深部にある筋肉です。表面にある筋肉とは違い、鍛えることが難しい部分です。この筋肉が衰えると、骨盤も歪みます。また、骨盤が歪むことで身体の代謝が落ちることも。

    特に女性は、男性に比べ腹筋や大腰筋といった、身体の力が弱く、骨盤の歪みにつながりやすいのです。ウォーキングや水泳など、身体を大きく動かす運動を行うこと、インナーマッスルに効果的な運動を行うことで、骨盤の歪みを防止し、スタイルアップや脂肪燃焼にも効果的です。
    出典 :骨盤の歪みの原因 | ダイエットのための骨盤矯正
     

    人間やはり適度な運動をすることが大切です

  • 骨盤がゆがみやすい姿勢とその対処法

  •  

    ゆがみにつながる4つの姿勢を念頭に置き、意識して対処するようにしましょう

  • 座るとき

    床に座る際の「横座り(女性に多い、足を左右どちらかに寄せる座り方)」や「あぐら」は、骨盤と背骨に負担の多い座り方。出来れば背筋を伸ばせる「正座」がベターですが、横座りやあぐらの姿勢を長く続けない、時々立って運動するなどしても骨盤の歪みは減らせます。また、デスクワークでイスに座るときも注意が必要。正しいバランスが保ちづらい時は、クッションや背あてを使うのもおすすめです。
    出典 :歪みやすい姿勢 | ダイエットのための骨盤矯正
  • 骨盤によくない主な座り方を覚えておきましょう

  • ● ペタンコ座り
    ● 横座り
    ● 三角座り(体育座り)
    ● 椅子に座って足を組む
    ● 椅子に浅く腰掛けて背もたれに寄りかかる
    出典 :【骨盤ゆがみは予防できる?】姿勢を意識して歪みを防止 | よくわかる骨盤ダイエット
     

    身に覚えのあるものが多いのでは?常に意識して気を付けるようにしましょう

  • 寝るとき

    寝るときの姿勢では、左右どちらかに向いて寝る「横向き寝」タイプが骨盤に負担となります。横を向いた時に下になっている方の骨盤に体重がかかるためです。仰向けにまっすぐに寝るのが一番負担がすくなくてすみます。
    出典 :歪みやすい姿勢 | ダイエットのための骨盤矯正
  • 歩くとき

    歩く時に気をつけたいのがハイヒール。ヒールの高い靴をはくとどうしても前のめりの姿勢になりがちで、骨盤が前後にズレやすくなる上、身体を支えるために足の外側に力がかかります。結果、骨盤が開きやすくなり、歪みの原因に。靴の外側から磨り減るタイプの人は、歩く姿勢に注意しましょう
    出典 :歪みやすい姿勢 | ダイエットのための骨盤矯正
  • 骨盤に優しい歩き方とは

  • 足先がまっすぐ前に向くようして目線は前に。
    そして、背筋を伸ばして、かかとから着地するようにして歩きます。

    まずは姿勢を意識して、慣れてきたら歩幅を広めに取るようにしましょう
    出典 :【骨盤ゆがみは予防できる?】姿勢を意識して歪みを防止 | よくわかる骨盤ダイエット
  • 片方に重心をかける

    意識せずにいると、左右どちらかに身体の重心を預けてしまう。これも骨盤の歪みの原因になります。重い荷物を持つときや、肩にバッグを掛けるとき。信号待ちや電車待ちの時などによくある姿勢です。行きに右側で荷物をもったら、帰りは左で荷物を持つ。片方だけに偏らず、重心の位置を変えたり、真ん中に保つことで、骨盤の歪みを防ぎます
    出典 :歪みやすい姿勢 | ダイエットのための骨盤矯正
  • 骨盤に優しい立ち方を知っておきましょう

  • 両足を肩幅に開き(足の向きはまっすぐにする)、両足に重心をかけ(両足のかかとに重心をおく)、まっすぐ前を見て(あごが上がらないように)背筋を伸ばします。

    骨盤の傾きに意識をします。
    背筋が伸びていても、腰が反ってお尻が出てしまってはいけません。
    耳たぶ・肩のまん中・膝の横・くるぶしが直線に並ぶように立つのが理想です。

    骨盤がまっすぐ立つことを意識して立ちましょう。
    慣れるまでは自然に出来ないかもしれませんが、ストレッチの感覚で電車の中などで定期的に行うと良いでしょう。
    出典 :【骨盤ゆがみは予防できる?】姿勢を意識して歪みを防止 | よくわかる骨盤ダイエット
  • 姿勢を整える呼吸トレーニング~骨盤ランニング~ - YouTube

     

    このようなトレーニングを行うことも有効だと思われます

  •  

    常に自分の姿勢を意識し、骨盤が歪まないように気を付けましょう