冬季うつ病をご存知ですか?日本ではなじみの薄い、冬季うつ病チェック!

うつ病とよく似た症状ですが、根本原因は違います。
夏は一般の人と同じに健康ですごしていますが、晩秋頃から始まり初春くらいまで続きます。

view343

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 冬季うつ病って、どんな病気。

  • 冬季うつは、季節性うつ病(季節性情動障害、季節性気分障害、季節性感情障害ともいう)の一種です。名前の通り、冬季(秋から春にかけて)にのみうつ病のような症状が出る病ですが、一般的なうつ病の症状(気分の落ち込みや疲れやすいなど)だけではなく、過眠や過食という、うつ病とは正反対の症状も現れるため、うつとは自覚されにくいようです。
    冬季うつは、一度発症すると、毎年繰り返すと言われています。毎年、冬以外の季節は元気なのに、冬になるとなぜか気が重くなる、だるくなるという場合は、冬季うつかもしれません。
    出典 :冬だけ体がだるい、眠い、過食…それは冬季うつかも?|ヘルスケア情報|eo健康
  • 冬になると体重が増える。

     

    冬季うつ病は体重が増えます。甘い物が食べたくなります。

  • 原因は何?

  • 冬になると日照時間が減少し、体内でさまざまな変化を引き起こします。その変化こそが冬季うつを発症させる原因となるのですが、現在は2つの説が挙げられています。
    •日照時間が短くなると光の刺激が減り、脳内の神経伝達物質であるセロトニンが減少。それが原因で、脳の活動が低下してしまう
    •目に入る光の量が減ることで、睡眠に深く関わるホルモンであるメラトニンの分泌のタイミングがずれたり、分泌量が乱れ体内時計が狂う
    出典 :冬だけ体がだるい、眠い、過食…それは冬季うつかも?|ヘルスケア情報|eo健康
     

    冬の日照時間の短い地域で多い病気です。日本ではなじみは薄いですが、ヨーロッパではポピュラーな病気だそうです。

  • 冬のヨーロッパは日照時間が短い。

  • 地理的な要因だけじゃない場合があります。

  • 北向きの窓はどんなに広くても暗い。

     

    寝るのに帰るだけの部屋。北向きで良いや!
    そんな部屋は朝も暗い。

  • 日本でも増え始めた、冬季うつ病チェック!

  • 冬だけこんな症状が出たら要注意!自分でチェックしてみよう。
    □ 以前ならやれた仕事をうまく処理できない
    □ 考えたり、集中する力が明らかに落ちる
    □ しょっちゅう悲しく、泣けてきてしまう
    □ 自己否定的になる
    □ 普段より睡眠時間が数時間長くなったり、朝起きられなくなる
    □ 一日中、横になって過ごしたい
    □ 炭水化物に偏る食事をコントロールできない、体重が増える
    出典 :冬だけ甘いものが欲しくなる――ひょっとして「冬季うつ」?|病院・薬・サプリメントの情報満載! healthクリック
     

    冬に限って症状が出ます。

  • 冬の夜明けは美しい。

     

    ちょっと寒いけどね。

  • 冬季うつ病の治療法!

  • 冬季うつの代表的な治療法は、高照度光療法です。これは、人工的に2500~10000ルクスの光を浴びることで、睡眠・覚せいリズムをつかさどっている脳内の睡眠物質であるメラトニンの分泌を調整して症状を改善させる治療法です。治療実施者の約70%の人に効果があり、1週間で効果が現れることもあります。
    なお、高照度光療法でも改善が見られなかった場合は、抗不安薬や抗うつ薬の服用、ビタミンB12(光に対する感受性を高める効果がある)の摂取なども行われます。
    出典 :冬だけ体がだるい、眠い、過食…それは冬季うつかも?|ヘルスケア情報|eo健康
  • 冬季うつ病の予防は。

  • とにかく太陽の日射を浴びることが大切なようです。

  • 真冬のビーチ、寒そう。

     

    真夏の日光浴みたいでなくて、いいんです。

  • 早起きをして日照時間を増やすなど、日光に当たる生活を心がけましょう。日が入らない部屋で生活や仕事をしている人は積極的に外出して日を浴びるなど、意識的に日光に当たりましょう。
    出典 :冬だけ体がだるい、眠い、過食…それは冬季うつかも?|ヘルスケア情報|eo健康
  •  

    雪だるまに辛い太陽も、人間には不可欠なようです。