胆嚢癌は悪性の腫瘍で、治療は基本的に【手術】治療が行われる。女性に多く見られる癌である。

胆嚢癌の【手術】に関わらず、癌は早期発見で【手術】が簡単に済む場合があります。
胆嚢癌の場合でも初期であれば胆嚢の摘出で済む場合が多いそうです。
しかし発見が遅れた場合、周囲の臓器の一部も手術で摘出しなければならなくなります。
Ⅳ期では手術はできなくなります。
定期的な健康診断は欠かせないですね。

view340

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • さて、胆嚢癌とは・・・

  • 胆嚢癌を早期に発見するためには

  • 最近の胆嚢癌の手術

  • 胆嚢摘出術(胆嚢切除) - YouTube

     

    最近では手術も高度な技術が確立していて、患者の負担が少なくなっています。
    入院日数も少なくて済みます。

  • 【外科療法(手術の方法)】
    胆嚢がんの外科的な手術の方法は、腫瘍のある場所によって決められます。
    特に肝臓の近くにできた腫瘍の場合は、肝臓も含めた広い範囲での切除手術が必要となりますので、もちろん難易度も高い手術となります。
    一方、腫瘍の場所が十二指腸側の場合は、すい臓の切除を含めた手術を行わなければなりません。
    動脈浸潤がある場合は動脈再建や肝動脈のバイパス手術が必要になります。
    いずれも難易度の高い手術ですが、可能な限り積極的に手術療法が行われます。
    出典 :胆嚢がんの手術の方法との内科療法
  • 胆嚢癌の化学療法

  • いわゆる、抗がん剤治療のことです。
    抗がん剤治療は日々ものすごいスピードで展開しており、胆嚢がんに対する抗がん剤治療も日々進歩しています。
    抗がん剤の代表的なものに、ジェムザールとティーエスワンがあります。
    ジェムザールは経静脈に1週間に1回約30分かけて投与され、3週間投与した後1週間休薬するスタンスを繰り返します。
    一方のティーエスワンは1日2回朝夕の内服治療法で、28日連続で内服した後14日は休薬するという方法を繰り返します。
    それぞれ単剤として使われることが一般的ですが、場合によっては併用することもあります。
    出典 :胆嚢がんの手術の方法との内科療法
  • 【胆嚢癌】・・・放射線療法

  • 胆嚢がんの進行がある一部分にとどまっている場合に、抗がん剤と併用して放射線療法を取り入れることがあります。
    基本的には入院治療になりますが、希望により状況によっては外来での通院治療も可能です。

    このように腫瘍のできた場所などの状況などによって、治療法が変わってきます。
    信頼のおける専門医のもとで検査を行い、適切な治療を行うことで、早期に治療が完了することもできます。
    出典 :胆嚢がんの手術の方法との内科療法
     

    早期に発見できれば、手術を避けて放射線療法が可能という事になるのですね。

  • 胆嚢癌の予防の為には

  • 胆嚢に負担をかけないようにするには、
    脂肪分の多い食事を避けるようにしましょう。
    胆嚢は、脂肪の分解を手助けする働きがあります。
    ですから、胆嚢の働きが良くないときに油分を多く摂取すると、
    処理することが難しく下痢を起こすなど、
    体に負担をかけることになります。
    特に、天ぷらやケーキのような脂肪分が多いものは、
    やめておきましょう。
    そして、体に優しい野菜中心の和食などを、
    食べるように心がけましょう。
    そうすることで、少しでも、
    胆嚢に負担をかけない生活が送れることでしょう。
    出典 :胆嚢がん | がん食事療法NAVI
     

    やはりケーキは良くないのですね・・・・