ワクチンを受けましたか?【破傷風】

3人に1人が死に至る危険な病気で
ワクチンの接種が大切になっているこの
破傷風をまとめてみました

view291

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 破傷風とは

  •  傷から破傷風菌が侵入したのち、けいれんを起こす病気で、発症した人のおよそ3人に1人が死に至る恐ろしい病気です。ただし、破傷風のワクチンをきちんと受けた子どもの発症例はほとんどありません。
    出典 :破傷風<子どもの病気> - goo ヘルスケア
     

    ワクチンの効果は実際あるのですね

  • 破傷風とは土壌にいる破傷風菌が傷から体に侵入し、体内で増殖しながら毒素を出してしまう病気。この毒素は、運動に関わる運動神経に入り込んで、脳に侵入し、脳での運動神経を興奮させてしまうため、全身に痙攣が起こってしまいます。
    出典 :破傷風の症状・治療・予防 [子供の病気] All About
     

    砂場が怖いのはこれがあるからなのでしょうね

  • 破傷風菌は土壌に生息しており、転んだり土いじりの時に、傷口から体内に侵入し、そののち菌がつくる毒素によりけいれんを起こします。ヒトからヒトへの感染はありません。
    出典 :破傷風<子どもの病気> - goo ヘルスケア
     

    人から人の感染が無いだけでも安心する人はいるのではないでしょうか

  • 注意

     

    ワクチンを接種していれば問題なく遊んで良いと言えます
    過剰潔癖のように、そとで遊ばせない
    砂を触らせないというのは逆に子供の抵抗力を
    下げる原因と示唆されつつあります
    綺麗は良い事ですが
    綺麗すぎるのも問題だと言えるかもしれません

  • 症状の現れ方

  • 潜伏期間は3〜21日とさまざまで、まず、口を開けにくくなり、食べ物を飲み込みにくくなります(第1期)。そののち、顔全体がけいれんするようになり(第2期)、やがて全身の筋肉がけいれんし、とくに呼吸筋がけいれんすると呼吸ができなくなり死に至ることがあります(第3期)。全身性のけいれんは次第に改善していきます(第4期)。
    出典 :破傷風<子どもの病気> - goo ヘルスケア
     

    第1期の時点で気付いてあげたいですよね


  • 激しい痙攣のために、筋肉が壊れてしまったり、背骨が骨折したりする可能性があります。痙攣が起きたときには窒息のリスクがあるので、モニターで監視し、場合によっては人工呼吸器をつけたりして対応します。
    出典 :2/2 破傷風の症状・治療・予防 [子供の病気] All About
     

    合併症として、このような症状がでた人もいます

  • 診断はワクチン接種既往歴から

  •  症状や受傷歴・ワクチン接種歴などからこの病気を推定します。とにかく早めの治療がその後の経過を左右するので、破傷風と推定した時点で治療を開始します。
    出典 :破傷風<子どもの病気> - goo ヘルスケア
     

    この事でもあるように、早期治療が命運を分けるともいえるのです

  • 治療方法

  • 破傷風菌を減らすために、10~14日間長期に渡って、静脈から抗生物質を使います。また、傷口を切開して空気を入れ、感染した部分を取り除きます。

    破傷風は毒素も原因なので、破傷風の毒素を減らすために、ヒト破傷風免疫グロブリンを注射します。

    痙攣を抑える治療を行います。抗痙攣薬や鎮静薬を使います。
    出典 :2/2 破傷風の症状・治療・予防 [子供の病気] All About
     

    ここでも痙攣による合併症を押さえておかないといけません
    子供の場合はまだ未発達なので、すぐにダメージがいってしまうのです

  • 予防方法

  • 破傷風トキソイド接種が大切。トキソイドは毒素に似た構造で無毒化しています。現在は、三種混合ワクチンとして、ジフテリア、百日咳、破傷風を予防しています。そのために、破傷風患者は減っていますが、お年寄りではやはりまだ注意しないといけない病気です。

    深い傷を屋外でした場合は、DPT接種歴が重要で、もしDPT、DTをしていない場合は、破傷風トキソイド接種やヒト破傷風免疫グロブリンを考える必要があります。また、早期に破傷風菌を殺す抗生剤投与が必要です。
    出典 :2/2 破傷風の症状・治療・予防 [子供の病気] All About
  •  

    破傷風には予防接種があります
    必ずしておきましょう

    ひどくなる病気を防ぐために開発されています
    有効に利用しましょうね

    破傷風の知識は一応もっておきましょう