メイクしてないのにカワイイ?すっぴんメイクのコツ!

メイクしていない風を装って「素顔が可愛い」と思わせる、すっぴんメイクをご存知ですか?
TVドラマの部屋着シーンやCMの寝起きシーンなどで、よく使われているようです。
ただメイクを薄くすればいいの?いえいえ、コツが必要のようですよ。

  • nniko 更新日:2014/10/10

view8624

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • すっぴんメイクとは?

  • 男性は女性のすっぴんが好き!という方も多いようです。
    そもそもすっぴんメイクって何?と感じる方もいらっしゃるかと思いますが、
    「メイクはしているんだけど、すっぴんに近い薄いメイク」
    の事です。


    彼氏や友達から「すっぴんでも可愛いんだね」っていわれると誰だって嬉しくなっちゃいますよね!
    (・・・ホントはこっそりしてるけど)

  •  

    CM・ドラマ等、すっぴんのような場面でも実はうっすらメイクをしている事が多いとか。
    たまに芸能人ブログとかでも「すっぴん」と称してメイクで細工されている方もいらっしゃるようですが(笑)

  • すっぴんメイク、大きなポイントとは?

  • 「透明感や素肌感がある肌」「血色のいい肌」の2点。

    やはり日ごろのお手入れが重要なんですね。
    確かに薄くメイクはするって言っても血色が悪い、肌がガサガサ・ぶつぶつだったりすると、隠せるものも隠しきれません。
    普通のメイクより薄いメイクになるのですから。

    日ごろのスキンケアは手が抜けませんね!

  •  

    過剰な喫煙や寝不足もあまりよくありません。
    健康的な肌を作るには健康的な生活!

  • すっぴんメイクの方法とは?

  • ベースメイク:スキンケア

  • まずはスキンケアから!

    「自分の肌が素材」のメイクですので、肌をきれいに見せるために毛穴を引き締めましょう!
    簡単にできる方法といえば、コットンに化粧水を含ませ、パックと同じように使用する「コットンパック」。

    後はクリームで肌を調整しましょう。

  •  

    自分の肌を生かしながら綺麗に見せる為には、ひと手間必要なんですね。

  • ベースメイク:ベース、コントロールカラー

  • 下地で肌をきれいに見せましょう。
    コントロールカラーやメイクアップベースなど沢山ありますが、
    お勧めは、「シルバー系統やラメ入り」の物。

    クマやくすみに関してはどうしても気になる部分だけ「黄色・オレンジ」の下地をつけましょう。

    全ての下地が完成したら、ベースメイクを維持するために未使用スポンジで肌全体をパッティングしていきましょう。

  • ベースメイク:ファンデーション

  • ここでは人によって意見が分かれるみたいです。

    ・ファンデーションは塗りません!
    色つきの下地だけの方が素肌感が出る。

    ・頬・おでこ等Tゾーンだけ塗る。
    全体に塗ると厚塗りになるので、こめかみ等は避けて薄く塗る。
    最後にスポンジで軽く叩きつつぼかす。


    これは実際に行いながら選んだほうがいいかもですね。

  •  

    ポイントだけ塗るか、下地だけにするか・・・。
    ファンデに関しては意見が分かれるようですね。
    鏡の前で、両方試して決めるのがいいかもしれません。
    全体にだけは塗らないようにしましょう。

  • ベースメイク:ハイライト

  • 顔全体にパールの入ったフェイスパウダーをのせます。
    肌になじむベージュ系統のハイライトでおでこ、目の下からこめかみ、最後に顎に入れます。

  •  

    ひとつパール入りハイライト選びで注意したいのは「粒子の細かい物を選ぶ」事。
    粒子が粗いと、かなり派手になってしまいます。ひとつパール入りハイライト選びで注意したいのは「粒子の細かい物を選ぶ」事。
    粒子が粗いと、かなり派手になってしまいます。

  • ここまででベースは完成です!ここからは仕上げのメイク!

  • 仕上げメイク:アイブロウ・アイメイク

  • ・アイブロウ

    髪色より明るいパウダーで軽く仕上げましょう。色の目安はワントーンぐらい。
    眉毛の毛同士の隙間をなくすように全体に塗ります。眉の長さは目尻の延長線あたり。

  •  

    大体このくらいです。
    あまり濃すぎたりしないようにしましょう。

  • ・アイメイク

    普段のメイクではマスカラばっちり、アイラインも黒でがっつり!という人も多いかと思います。(人によりますが・・・)

    しかし、すっぴんメイクは逆。

    ・アイライン・・・自然に見える「ダークブラウン」。細め細めに書いて下まつ毛はひかないようにしましょう。

    ・マスカラ・・・塗らずにビューらーだけ。気になる人はクリアマスカラ等で仕上げましょう。
            温めたビューラーを使用するとカールが長く持ちしますよ。

  •  

    気になる人はまつ毛エクステとかで自信が持てるようになるみたいです。

    極力自然な目元に近づけましょう!

  • 仕上げメイク番外編:一重まぶたのアイメイク

  • 一重まぶたのすっぴんアイメイクには、さらにコツが必要なようです。
    こちらのページと併せて、下記リンクも参考にしてみてください。

  • 仕上げメイク:チーク

  • ・チーク

    ツヤ感を出したいため、クリームチークや口紅を使用して軽くつけて血色をよくしましょう。

    クリームチーク等は色落ちがしないのでお勧めです。色はホットピンク等やや濃いめがベスト。
    頬骨から楕円形に広げ、ベースメイクのファンデーションを重ねれば奇麗な白桃色になります。

  •  

    クリームチークは物によってかなり発色のいいものもあります。
    つける際には様子を見ながら使用していきましょう。

  • ・リップ

    こちらもナチュラル重視!

    ・リップバーム等で自然につや出し。
    ・唇の色が気になる人は赤みのあるリップを指等で軽くつける
    ・コーラルピンク等の口紅を軽くつけた後、リップ美容液で仕上げる。

    濃い色も指等でつければ薄くつきますので、上手く使ってみましょう。

  •  

    これであなたもすっぴんメイク美人☆

  •  

    いかがでしたか??

    どこかのパーツだけ主張するというよりは、各パーツのメイクは薄づきなんですね。
    自分の顔立ちを生かしつつも、すっぴんよりカワイイ!そんな顔になれるかも。