睡眠不足症候群について

睡眠不足症候群とは何か、その症状について解説していきたいと思います。

view217

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 睡眠不足症候群とは?

  • 睡眠不足症候群とは、 慢性的な睡眠不足を抱えているにも関わらず、本人がそのことに気付かず、3ヶ月以上睡眠不足による強い眠気に悩まされている状態のこと を指します。
    出典 :睡眠不足症候群を理解しよう!睡眠不足症候群のタイプ、症状、解消方法 | iGotit
  • 睡眠不足症候群には、主に次の3つのタイプがあります。

    ・多忙タイプ
    ・夜更かしタイプ
    ・ロングスリーパータイプ
    出典 :睡眠不足症候群を理解しよう!睡眠不足症候群のタイプ、症状、解消方法 | iGotit
  • 多忙タイプ

     

    多忙タイプ は、主に受験生や働き盛りの社会人に見受けられます。このタイプの人の性格の特徴として、完璧主義や神経質といった側面が挙げられます。自分に任せられている仕事を仕上げるために連日連夜遅くまで仕事を続けていたり、夜を徹して睡眠時間を削って勉強しているなど、睡眠時間が短いことが習慣になっている場合が多いです。

  • ロングスリーパータイプ

     

    ロングスリーパータイプ とは、1日に必要としている睡眠時間が8時間以上など、長時間の睡眠を必要としている人達に当てはまります。睡眠の長さは、人によって異なります。一般的に必要とされている7時間の睡眠をとっている場合であっても、あなたに必要な時間が8〜10時間の睡眠であれば、睡眠不足となってしまうのです。

  • 睡眠不足症候群の症状

  • 主な症状は夜間の睡眠不足とそれによる昼間の強い眠気ですが、睡眠不足を自覚していない場合には、寝つきが悪いなどの不眠症状を訴えることもあります。時間に余裕がある週末や休暇の時には、普段より長い時間眠って自然に目覚めます。
    出典 :睡眠不足症候群を理解しよう!睡眠不足症候群のタイプ、症状、解消方法 | iGotit
  • 睡眠不足のため脳の働きが低下して、強い疲労感や倦怠感、無気力、意欲低下、落ち着きのなさ、注意力散漫、協調性の欠如、攻撃性の高まりなどが見られます。また、食欲不振や胃腸障害、筋肉痛を訴えることもあります。睡眠不足の状態が長く続くと、次第に不安が強くなりうつ状態になることもあります。
    出典 :睡眠不足に本人が気付かない! 睡眠不足症候群 [不眠・睡眠障害] All About
  • 睡眠不足症候群の治療

  • 睡眠不足症候群の治療で最も大切なことは、睡眠不足であることを本人が理解することです。そうでなければ、いつまでも良くなりません。まず、睡眠日誌をつけてみて、自分の睡眠習慣を確認することから始まります。
    出典 :睡眠不足に本人が気付かない! 睡眠不足症候群 [不眠・睡眠障害] All About
  • また、毎日8時間以上の睡眠が必要な長時間睡眠傾向者では、必要な睡眠時間は人それぞれで違うことや、体質的に睡眠不足になりやすいことをよく理解して、必要な睡眠時間を確保する工夫が必要になります。
    出典 :睡眠不足に本人が気付かない! 睡眠不足症候群 [不眠・睡眠障害] All About
  • まとめ

  •  

    ここまでで、睡眠不足症候群のタイプ、症状、解消方法についてご紹介してきました。睡眠不足症候群には、3つのタイプがあります。睡眠不足症候群を解消するためには、自分のタイプと症状を理解し、必要な睡眠時間を確保するように努めることが大切です。

  • 是非本記事を参考に、睡眠不足症候群について知ってください。
    もしも、該当するような症状があるならば改善に努めるよう、頑張ってください。