その脂肪、放っておくと危険です。肥満症の恐ろしさについて

太っているというのは見た目が悪いというだけでなく健康にも関わります。
肥満症の危険と肥満治療についてまとめました。

view901

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 「太っている」「痩せている」と言いますが、医学的にはどのような基準で決まるのでしょうか

  • BMIを調べてみましょう

  • BMIとは身長と体重から計算される太っているかどうかを決める基準のようなものです



  • 肥満とは体のなかで脂肪の占める割合(体脂肪率)が高い状態をいいます。成人男性なら体重の15~20%が脂肪であり、25%以上なら肥満、成人女性なら体脂肪率は20%~25%が正常で、30%以上なら肥満です。

    しかし、簡単には体脂肪率は測定できませんので、簡便に身長と体重から計算する方法としてBMI(bodymassindex)があります。これは、体重(kg)を身長(m)の2乗で割ったものです。身長170cmで体重が65kgであれば、BMIは65÷(1.7)^2≒22.5となります。統計的にBMIが22.2であるときに最も死亡率が低くなるということで、日本肥満学会ではBMIが22となるような体重を標準体重にしています。つまり、先ほどの身長170cmの人の場合には、22×(1.7)^2=63.58kgが標準体重となります。日本肥満学会ではBMIが25以上を肥満としました。また、肥満に伴い何らかの疾病を有する場合を肥満症としています。
    出典 :肥満症の基礎知識
     

    BMIという基準があるんですね。

  • 肥満の目安となるBMI(体格指数)は、体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)で求められます。性別にかかわらず、BMI18.5以上25未満が「普通体重」、25以上が「肥満」と判定されます。日本人の成人でBMI35以上の高度な肥満は、0.2~0.3%といわれています。欧米と比べると少ないですが、男子大学生を対象とした調査では0.3~0.66%がBMI35以上という報告があり、体重が100kgを超えている人も珍しくなくなってきました。今後、このような肥満度の高い人が増えてくる可能性があるため、新しい診断基準ではBMI35以上が「高度肥満」と定義され、診断や治療の対象と位置づけられました。
    出典 :健康・医療トピックス|11年ぶりに肥満症の診断基準が改訂|オムロン ヘルスケア
  •  

    これはBMIをグラフに表したものです。
    緑色の所が標準体型の人ですね。

  • BMIについて分かりましたでしょうか。
    次は実際に自分のBMIを調べてみましょう。

  • ★BMIとは…
    「ボディマス指数体重」とよばれる、現在最も信頼性の高い標準体重の基準のことです。
    体重(kg)÷身長(m)2によって算出することができ、この値が22に近いほど健康であるとされています。
    出典 :BMI値測定
     

    引用元のサイトでは実際に自分の身長体重を入力することでBMIを測ることができます。

  • 低体重(やせ) 18.5未満
    普通体重 18.5以上 25未満
    肥満(1度) 25以上 30未満
    肥満(2度) 30以上 35未満
    肥満(3度) 35以上 40未満
    肥満(4度) 40以上
    出典 :肥満って、どんな状態?|厚生労働省
     

    自分のBMIはどこに当てはまったでしょうか

  • 肥満症とは?

  • ただBMIで肥満と判断されても肥満症とは限りません

  • *肥満症とは(日本肥満学会による肥満症診断のガイドライン)
     
     肥満症と判断されたもの(BMI 25以上)のうち、以下のいずれかの条件を満たすものをいいます。

    1:下記の条件を満たすもの
    1: Ⅱ型糖尿病
    2: 脂質代謝異常
    3: 高血圧
    4: 高尿酸血症・痛風
    5: 冠動脈疾患・心筋梗塞・狭心症
    6: 脳梗塞・脳血栓・一過性脳虚血発作
    7: 睡眠時無呼吸症候群・Pickwick症候群
    8: 脂肪肝
    9: 整形外科的疾患:変形性関節症
    10: 月経異常

    2:健康障害を伴いやすいハイリスク肥満

     身体計測のスクリーニングにより上半身肥満を疑われ、腹部CT検査によって確定診断された内臓脂肪型肥満
    出典 :肥満・肥満症とは
  • 太っていてそれによって健康的被害があると肥満症と呼ばれるようになるんですね

  • 肥満症の症状

  • 肥満症になるとどんな症状が起きるのでしょうか。
    以下に代表的な病気を挙げてみました。

  • 高血圧症の原因
    本態性高血圧症では、血圧を上昇させやすい要因は遺伝や加齢、塩分の摂り過ぎ、過度の飲酒、肥満、ストレスなどが考えられます。
    出典 :高血圧症とは?
  • 糖尿病の原因
    1型は、免疫反応に重要な役割をする白血球の中のリンパ球が、自己抗体をつくって膵臓のβ細胞を破壊する自己免疫異常などが原因で起こります。インスリンがほとんど分泌されない状態です。

    2型は、糖尿病の遺伝因子を持つ人にカロリーの多い食生活、運動不足、肥満、ストレスなどの生活習慣因子や加齢が引き金になって発症するといわれています。
    出典 :糖尿病とは?
  • 心臓病を引き起こす危険因子

    肥満している人は、肥満していない人に比べて、酸素や栄養分を余計に全身に届けなくてはならないので、その分心臓への負担が大きくなります。
    出典 :心臓病を引き起こす危険因子|肥満|ストレス|喫煙|歯周病
  • 高脂血症の原因と治療
    華燭、糖分の多い食品の過剰摂取、運動不足が原因です。体質の遺伝もあり、先天的に起こる高脂血症の一つに「家族性高コレステロール血症」があります。腎臓病、糖尿病、肥満症などが原因の場合は、それらの病気を治療します。
    出典 :高脂血症とは?
  • 睡眠時無呼吸症候群とは?

    睡眠時無呼吸症候群とは、一晩の睡眠中に10秒間以上の無呼吸状態が30回以上起こるか、睡眠1時間中に無呼吸数あるいは低呼吸数が5回以上起こる場合をいいます。とくに肥満の男性に多く、大きないびきをかくのが特徴です。
    出典 :睡眠時無呼吸症候群とは?
  • 肥満治療について

  •  

    肥満治療はどのようなことを行うのでしょうか。

  • 肥満症の治療は、「検査編」で説明した健康障害(合併症)がある人は、 その病気の治療と同時に、肥満の解消をめざします。健康障害が重いときや、その症状が変わりやすいときには、もちろんその治療が第一です。ただ、多くの場合、健康障害の治療にとっても肥満の解消が大切なので、健康障害の治療と肥満の改善は同時に行われます。そのほうが治療効果が上がりやすいのです

    肥満症は、どんな健康障害があるのか、肥満度がどのくらいか、内臓脂肪と皮下脂肪のどちらが多いのかなど、病気のタイプや特徴が一人ひとりまったく違います。だから、どんな治療を優先していくかも、一人ひとりちがってきます。 自分の場合にはどんな治療が必要なのか、主治医と十分に話し合いをして、納得して治療を受けましょう。
     肥満症の治療方法には、食事療法、運動療法、行動療法、薬物療法等があります。基本となるのは食事療法と運動療法で、これを同時に進めます。 食事と運動の生活指導を具体的に進めるときに行われるのが行動療法という方法です。まれに薬物療法が補助的に使われることがあります。以上のような方法で効果がない場合にだけ、胃を小さくする外科療法(手術が)行われることもあります。
    出典 :肥満の治療|厚生労働省
  • まずは食事療法です。これが一番一般的かと思われます。

  • 高度肥満症の内科的治療
    ①食事療法(フォーミュラ食)

    減量時の食事は、糖質と脂肪の摂取をできるだけ減らし、一方で骨格や筋肉、各種代謝を維持するために必要十分なたんぱく質、ビタミン、ミネラルを摂取する必要があります。
    出典 :食事療法|東邦大学医療センター佐倉病院 糖尿病・内分泌・代謝センター
  • ②ヘルスケアファイル・ウェートコントロールファイル

    食事・運動療法は、日常生活の中で行われるものです。その中で、いかに患者さんご自身で生活改善のコツをつかむかが、肥満治療成功のカギとなります。我々は、10年以上前から独自開発のデータグラフ化ファイル「ヘルスケアファイル」を生活習慣病診療に用いてきました。患者さんには自宅の体重、食事やイベントを記録していただき、我々(医師、看護師、栄養士など)は受診の度に病状を記載することにより、双方向対話型のファイルになっています。グラフ化、色別化することにより「分かりやすい」、「過去を振り返りやすい」、「目標を立てやすい」などの声を頂いております。A4サイズと、サイズがやや大きい点については、ご容赦いただければ幸いです。
    出典 :ヘルスケアファイル・ウェートコントロールファイル|東邦大学医療センター佐倉病院 糖尿病・内分泌・代謝センター
  • 次に薬によって志望の吸収を抑える方法があります。

  • ダイエット薬とは

    肥満治療薬として有名なものにゼニカルという商品があります。これらは、ダイエットしたことのある方ならご存知だと思いますが、食事と一緒にこの薬を飲むことで、脂肪の吸収を何%抑えるというあの類の薬です。ドラッグストアなどでも同様の効果をうたった商品を良く目にしますよね。

    このゼニカルはスイスの製薬会社「ホフマン・ラロシュ」が開発し、現在では17カ国で100万人以上に肥満治療薬として処方されているようです。この成分はオルリスタットというもので、個人差はありますが脂肪の吸収を25%もカットし、便として体外に排出させダイエット効果を得られるようです。

    もちろん日本国内でもこのダイエット薬は購入することが可能です。というより個人輸入代行サイトに依頼すると一番簡単かもしれません。アメリカのFDAでも認可しており、安全性も高いダイエット薬としても有名です。食欲抑制剤のように食欲を我慢しなくても良いのがストレスなくダイエットができると人気になっています。

    個人使用に関しては個人輸入代行サイトでも紹介されている通り、医師の処方箋が必要ないようですが、使用の際には医師に相談して使用法を教えてもらうことをおすすめ致します。こういった肥満治療薬には、いかがわしいものも多いので信頼できる薬、認可されているものなどを選んで使用することが大切です。何かあったからといって、使用法などもわからず無茶な飲み方をすれば誰も責任は取ってくれないのですから。
    出典 :ダイエット薬とは:肥満治療
  • 脂肪燃焼系の薬など

    肥満治療薬にはどういった種類のものがあるのでしょうか。まず、脂肪の吸収を抑えるようなFDAも認可している日肥満治療薬ゼニカルのようなもの。薬では無いですが、脂肪を効率よく燃焼させる効果のある、脂肪燃焼系アミノ酸(アルギニンなど)です。食欲を抑える食欲抑制剤などですね。

    私の知り合いには、1年間で25kgも体重を落とした方がいます。その人にどのようにしてダイエットに成功したのか話を聞くと、ウォーキングなどの有酸素運動を毎日欠かさずやっていたということなのです。そして、食事制限はというと一切ナシ。むしろ1日5食ほど食べていたらしいです。

    彼曰く、食事は認可の下りたダイエットピルと同時にとり、ビタミンも良くとること。そして、運動前には、脂肪燃焼系アミノ酸を取っていたということなのです。この組み合わせは、ベストなのかなと思いました。もちろん併用が禁止されている薬もありますので間をあける、また医師や薬剤師に相談の元使用しなければなりません。

    ゼニカルは、脂肪吸収を抑える効果のある薬ですが、購入するのであればおすすめは個人輸入代行サイト『BESTくすり』をおすすめします。こちらは、正規品しか扱っていない信頼のおける個人輸入代行サイトだと思います。その効果や禁止事項なども説明してくれています。ご参考まで。

    他にも色々な薬があり、インターネット上で検索することができると思いますが、いかがわしいものも多いと思いますので気を付けてあくまでご自分の責任で選択してくださいね。
    出典 :脂肪燃焼系の薬など:肥満治療
  • また外科手術によって治療するという方法もあります。

  • 日本でも2006年頃から高度肥満症に対する治療法が見直され、内視鏡下による外科的治療が行われるようになりました。このうち「腹腔鏡下スリーブ状胃切除術」は先進医療として承認されており、岩手医科大学附属病院と大分大学医学部附属病院で受けることができます(10年12月現在)。今回紹介する岩手医科大学附属病院は、10年4月に先進医療に認定されました。
    出典 :内科的治療で体重をコントロールできない高度肥満者への減量手術|先進医療最前線|先進医療.net
  • 減量手術は、医療機関の指導の下で食事・運動療法といった内科的減量治療を十分経験したにもかかわらず成果がみられなかった方が適応になります。かつ、下記の条件を満たすことが必要です。

    1)BMI 35㎏/m2以上の方
    2)BMI 32㎏/m2以上で併存疾患(糖尿病、高血圧、脂質異常症、肝機能障害、睡眠時無呼吸症候群など)の治療が主目的の方

    上記に当てはまらない方は減量手術の適応にはなりません
    出典 :適応・術式|東邦大学医療センター佐倉病院 糖尿病・内分泌・代謝センター
  • 保険が適用される場合も

  • 肥満症の度合いによっては健康保険を利用できる場合があります。

  • BMI(肥満指数)が35以上となる、高度肥満の場合は、基本的に保険診療が適用されます。その他、病院によって異なりますが

    「肥満に加え、いびきや睡眠時無呼吸になる」
    「健康診断などで、肥満だけでなく高脂血症・糖尿病・高血圧なども見つかった」
    「肥満が原因で膝や腰が痛いなど健康障害がある」

    といった場合には、健康保険による診療が適用される場合があります。

    保険が適用されず、自由診療となる人がほとんどだと思いますが、その場合の費用は、おおよそ20,000円〜60,000円が相場のようです。これはあくまでもダイエットプラン作成費用で、マシンによるトリートメントなどを受けることになった場合は、別途費用がかかります。
    出典 :肥満外来の流れと健康保険適用について
  • ダイエット外来で保険診療になる場合を紹介します。(すべての病院で保険診療がある訳ではないので必ず確認してください)

    基本的には、BMI35以上の人が保険適用です。それ以外にも下記に該当すると保険が適用される場合があります。

    ●健康診断や検診などで、肥満とともに高血圧、糖尿病、高脂血症などと診断された方
    ●肥満で膝痛・腰痛のある人
    ●肥満でいびきや睡眠時無呼吸の人
    ●その他、肥満による健康障害がある人
    出典 :ダイエット外来の肥満治療費の相場