睡眠の質を良くする食べ物

最近朝起きたときスッキリしていますか?ぐっすり眠れるためには、脳を鎮静化しておくことが大切。質の良い睡眠のために「食」を見直してみましょう。

view228

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 睡眠ホルモン「メラトニン」

  • 睡眠ホルモン。分泌することで眠くなる。睡眠以外にも生活リズムの調整や、美肌や健康維持、病気の予防などに深く関わるホルモン。不足すると不眠症になることも。
    出典 :メラトニンとは
  • メラトニンを含む食品

     

    ケール、お米、レタス、白菜、キャベツなど

  • 青汁でよく使われているケール。便通だけでなく睡眠にも良いんですね。

  • 眠気を誘う「トリプトファン」

  • トリプトファンという物質は、寝不足を解消する脳内物質であるセロトニンを作るものであり、トリプトファンを多く含む食べ物は寝不足解消のために効果的です。
    出典 :寝不足は食べ物で解消!?睡眠不足解消に役立つ食べものとは | iGotit
  • トリプトファンを多く含む食品

     

    バナナや牛乳、大豆製品など

  • 朝食でトリプトファンを摂れば、夜の深い睡眠につながるみたい。

  • リラックス効果のある「バントテン酸」

  • ストレスに強く、疲れにくくしてくれるので、不眠症に良いとされています。
    レバー類・たらこ・干ししいたけなどに多く含まれています。
    ビタミンCやビタミンEと摂ると効果がアップします。
    出典 :睡眠に良い食べ物【体に優しい睡眠法】
  • リラックスして睡眠の体勢になるのが快眠へのポイントですね。

  • レタスに含まれる「ラクッコピコリン」

  • レタスの芯にはラクッコピコリン(lactucopicrin)という、睡眠を誘導する成分が含まれていることから、睡眠効果が高いことで昔から有名なので、芯も一緒に調理して食べてしまいましょう。
    出典 :ぐっすり眠るために効果的な食べ物について
  • 名前がかわいい。芯をスープにしたりジュースにすると食べやすいかも。

  • 夕食は就寝3時間前までが理想

  • お腹の中の食べ物はおよそ2~3時間で消化されますので、快眠のための理想の食事は就寝3時間前までに済ませる事です。逆に空腹でもぐっすり眠る事は難しいので、食事を摂る時間が遅くなってしまったり、どうしてもお腹が空いてしまった場合には、比較的消化が良く、脂肪分の少ない日本食やおかゆやシリアルなどの消化のよい食べ物、またトリプトファンを含むバナナや牛乳で空腹感を満たす事をおすすめします。
    出典 :快眠安眠ネムネットー良質な睡眠を求めてー
  • 寝る直前に食べるとぐっすりは眠れないんですね。どうしても夜遅くに食事する時は、軽めにしましょう。